二階堂和美、“ヒロシマ”の未来を歌う新曲リリース

2015.06.01

150601-TR-140000

全国各地でのライブはもちろん、この春夏はサントリー“GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶”、サッポロ一番、オタフクソース“らっきょう酢”TVCMの歌唱を担当し、さらに中国新聞でコラム連載を行うなど、地元〜全国と精力的に活動を続ける二階堂和美。そんな彼女が、シングルとしては前作「いのちの記憶」以来、約2年ぶりとなるオリジナル作品をリリースすることが決定した。

タイトルは「伝える花」。本作はRCC・中国放送が今夏届ける“RCC被爆70年プロジェクト「未来へ」”のテーマソングとして書き下ろされた楽曲だ。

現在すでに当該プロジェクト・ページやRCCのラジオ、テレビなどでオンエアがされているが、音源を聴きたい! という声と、そして本作品をリリースすることの意味を強く感じ、今回リリースを決定したという。

日本で初めて原子爆弾の犠牲となった広島という場所、その70年前の広島に生きた人々へ、そしてそれと共に、今を生きる私たちへのメッセージが詰まっている「伝える花」。シングル化にあたり、タイトル曲とは別アレンジを施した楽器ごとのインスト・バージョンも収録される。

ジャケットを担当するのは、同じく広島在住のイラストレーター・nakaban。現在、中国新聞で二階堂が連載しているコラム「負うて抱えて」の挿絵イラストも毎週担当しているnakabanが「伝える花」の楽曲からどのような絵を描きすのか注目だ。

なお、7月15日にはアルバム『にじみ』のアナログ限定盤も同時リリースされる。


リリース情報

2015.07.15 ON SALE
SINGLE「伝える花」

2015.07.15 ON SALE
ANALOG『にじみ』


RCC被爆70周年プロジェクト『未来へ』特設ページ

二階堂和美 OFFICIAL WEBSITE


150601-TR-140001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人