シアターブルックの新作に降谷建志、斉藤和義、細美武士ら参加

2015.05.29

1500528-YM-20310000

今年メジャー・デビュー20周年となるシアターブルックが、記念アルバム『LOVE CHANGES THE WORLD』を7月29日にリリースする。

シアターブルックは1986年に佐藤タイジ(vo&g)が結成し、1995年メジャー・デビュー。同年に中條卓(b)、96 年にエマーソン北村(key)、97年に沼澤尚(ds)が参加し、様々な遍歴を経て、現在の日本屈指の4名のメンバーを擁するスタイルとなった。その後、実力を遺憾なく発揮し数々の名盤をリリース。数々の大型ロック・フェスティバルにも積極的に出演し、その卓越したパフォーマンスでおおいにオーディエンスを沸かせてきた。

一方で彼は、2011年の東日本大震災をきっかけに電力問題にも着目。2012年12月、11枚目となるオリジナル・アルバム『最近の革命』のリリースと共に、「反対運動よりも賛成運動の方が継続できるのだ!」という佐藤タイジの声掛けにより『THE SOLAR BUDOKAN』と銘打った、史上初となる太陽光発電による電力だけによるロック・フェスティバルを日本武道館で開催。シアターブルックがホストとなり多くの豪華ゲストが出演し、大きな話題を呼んだ。

これがきっかけとなり、岐阜県中津川で地元の賛同を得て、翌年の2013年に『中津川 THE SOLAR BUDOKAN』を開催。同じく、太陽光発電による電力で音楽が披露されるこのイベントは、毎年同地で開催され、リゾート型のロック・フェスティバルとして定着。シアターブルックに賛同する出演者も増え続け、今や2日間にわたり2万人近い観客を集める人気のイベントになっている。

アルバム・タイトル『LOVE CHANGES THE WORLD』は、今年の『中津川 THE SOLAR BUDOKAN』のメイン・テーマであり、佐藤タイジがいちばん伝えたいキーワード。レコーディングに関わる電力は、すべて太陽光発電によるエネルギーだけを使用する作品となった。

また、アルバムには2012年以降、このロック・フェスティバルを通じて交友を深めたうつみようこ、斉藤和義、高野哲(nil/ZIGZO)、Char、TOSHI-LOW (BRAHMAN/OAU)、堂珍嘉邦、仲井戸“CHABO”麗市、福原美穂、降谷建志(Dragon Ash)、細美武士(the HIATUS)、元晴、タブゾンビ(SOIL&”PIMP”SESSIONS)、DJ吉沢dynamite.jp、Leyonaら、多彩なミュージシャンたちが多数友情参加。彼らのキャリアの記念すべき瞬間に、素晴らしい花を添えた。

収録曲は、昨年のJ-WAVEの企画で発表された「もう一度世界を変えるのさ」の2015年バージョンの他、書き下ろしの新曲が5曲、ジョン・レノンのカバー曲「スターティング・オーヴァー」や、RCサクセションが『COVERS』で披露した「ラヴミーテンダー」をさらにシアターブルック風にした「何やってんだー」、1996年にリリースした『TALISMAN』でカバー収録した「One Fine Morning」(Lighthouse)の再カバーなど、幅広いアレンジが施された合計10曲が収録される。

なお、このアルバムはJ-WAVEが主宰する音楽専門クライドファンディング「J-CROUD MUSIC」にて、「ソーラーレコーディング・プロジェクト」としてサポーターを募集中。協賛者には金額に応じてスペシャルな特典が用意されている。


リリース情報

2015.07.29 ON SALE
ALBUM『LOVE CHANGES THE WORLD』


「J-CROUD MUSIC」 OFFICIAL WEBSITE

シアターブルック OFFICIAL WEBSITE


1500528-YM-20310001 1500528-YM-20310002 1500528-YM-20310003 1500528-YM-20310004 1500528-YM-20310005 1500528-YM-20310006 1500528-YM-20310007 1500528-YM-20310008 1500528-YM-20310009 1500528-YM-203100010

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人