デビュー前から人気急上昇!lol(エルオーエル)が屋外フェスに初出演

2015.05.21

150521-TR-130009

avexの男女混成5人組パフォーマンス・グループ、lol(エルオーエル)が5月16日に愛知県のラグーナ蒲郡ラグーナビーチで行われた『メ~テレKAZOKU FES. 2015』に出演した。

lolは、2014年に結成されたグループ。メンバーは、昨年TOKYO GIRLS COLLECTIONとレコード会社が共同開催した『TOKYO GIRLS AUDITION』で準グランプリを獲ったhibiki(ひびき)、『エイベックスMAXオーディション2013グランプリ』の佐藤友祐(さとうゆうすけ)に、3名のメンバーを加えた女性3人(moca、honoka、hibiki)、男性2人(佐藤友祐、小見山直人)で構成されるダンス&ボーカル・グループ。

この日、屋外フェスに初出演だったlolは、オープニング・アクトで登場。名古屋出身のhibiki(ひびき)は、地元でのFESということもありいつもに増して気合十分の表情でステージに臨んだ。会場は10代~20代を中心に集まった10,000人の観客で埋めつくされるなか、1曲目は、YouTubeでライブ・ビデオ、DANCE PRACTICEビデオが公開されている「fire!」。ファッション・アイコンとしても注目されるlol(エルオーエル)は全身モノトーンを基調としたファッションで登場。その中でもダブルのライダースが印象的な佐藤友祐をはじめ各メンバーの名前を呼ぶ声が会場中から響き、オープニングから沸く大歓声にその人気ぶりをうかがわせた。

アコースティック・ギターのイントロで始まるEDM調のダンス・チューン「fire!」はダンス・パートでサウンドが一変。ダンサー11人を従えたダブ・ステップ・サウンドの迫力あるダンス・パートはもはやlolお約束の人気パートとなりつつある。MCでは名古屋出身であるhibikiから地元でライブできることの喜びを伝え、「私の歌とダンスで名古屋を盛り上げていきたい!!」と話す姿は出身地名古屋への想いを深く感じた。続く曲は新曲「gimme gimme」。この曲は、恋する女の子の気持ちを歌ったラブリーでキャッチーな楽曲で、3人の女性メンバーがメインとなっている。

また、この曲で初めてメンバーの佐藤友祐がラップを披露。サビでは、観客が参加できる振り付けがあり事前に振付を覚えてきたファンと共に会場はダンスを通じて一体となり大変な盛り上がりとなった。

ラストとなる3曲目は、グループ結成当初から歌ってきた「HEARTBEAT」。この曲は、毎週日曜朝7時~テレビ朝日系全国24局ネットの日本初のストリート・ダンス・アニメ「トライブクルクル」の主題歌で、ギターをフィーチャーした爽やかなダンス・チューン。「Can you feel♪」の歌詞にのせ頭からラストまで観客一体となったエネルギッシュなライブを締めくくった。


lol OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人