マーク・ロンソン×ブルーノ・マーズ、コラボMVが驚異の試聴回数を記録

2015.05.21

150521-TR-130003

最新アルバム『アップタウン・スペシャル』からの1stシングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が全米シングル・チャート14週連続で1位を獲得、全米チャート史上過去2番目に長いロング・ヒットを記録し、ここ日本でもUSEN最新洋楽チャートが7週連続で1位を獲得するなど今年最長の大ヒットを記録しているマーク・ロンソン。全世界のチャートを席巻した大ヒット・シングルに続く待望の最新シングル「フィール・ライト feat. ミスティカル」のミュージック・ビデオが先日解禁され、公開からわずか1週間でYouTube視聴回数230万回以上を突破した。

この映像は学校で地味なタイプの男の子がステージに立ち、ラップすることでスーパースターのような輝きを放つというもので、監督は1stシングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」同様ブルーノ・マーズが務めているほか、ブルーノのミュージック・ビデオ(「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」「トレジャー」「ゴリラ」ほか)を多数手がけているキャメロン・ダディも監督を務めており、映像の最後にはマーク・ロンソン、ブルーノ・マーズ、ミスティカルがカメオ出演している。

マーク・ロンソンはこのニュー・シングルについて「僕が手がけた楽曲のなかでもとくに好きな曲のひとつ」と語っており、彼がこのアルバムをレコーディングする前にアメリカ南部へ音楽の旅をしたときにインスパイアされたサウンドが詰まっている。

マーク・ロンソンは故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年のグラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞。ブルーノ・マーズの全世界大ヒット・シングル「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」をプロデュースしているほか、アデル、ポール・マッカートニーなど多くのアーティストのプロデュースを行っており、「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」は自身にとってもブルーノ・マーズにとっても初となる全米シングル・チャート14週連続1位という快挙を成し遂げたばかり。マーク・ロンソンはこの夏世界中のフェスティバルにDJセットで出演する予定だ。


リリース情報

2015.03.04 ON SALE
ALBUM『アップタウン・スペシャル』


マーク・ロンソン OFFICIAL WEBSITE


150521-TR-130004

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人