吉澤嘉代子のワンマン・ツアーが満員の赤坂BLITZで終了

2015.05.17

150517-YM-14530000

妄想系個性派シンガー・ソングライター吉澤嘉代子の1stアルバム『箒星図鑑』のリリースを記念して行われた『吉澤嘉代子 箒星ツアー ’15』のファイナル公演が、5月16日、東京・赤坂BLITZで開催。アルバム収録曲全曲を含む全19曲が披露された。

the HIATUS、あっぱ、元東京事変のキーボード伊澤一葉、KIRINJIのギタリスト弓木英梨乃、ベースにミゲル、ドラムに松田頌平(from airezias)とそうそうたるツアー・メンバーで巡ったツアーのラストを飾るこの日、ライブは代表曲「未成年の主張」からスタート。

途中、不良に憧れる真面目な女の子の恋愛模様を描いた痛快な3分間ポップスで、綾小路 翔(氣志團)がコーラスと台詞で参加していることでも話題を集めた新曲「ブルーベリーシガレット」では、サングラスをかけて不良娘になりきり、「チョベリグ」では会場を駆け巡り観客とのコール&レスポンス、新曲「逃飛行少女」ではテルミンに挑戦、集まったファンを驚かせた。

ライブ後半では、ミディアムバラードの人気曲「泣き虫ジュゴン」、忘れかけてしまった自分を信じる魔法を取り戻すために書かれた新曲「ストッキング」、大切な人の幸せを願って作られた新曲「雪」を立て続けに披露、吉澤ワールドの真髄を見せた。

アンコールでは未発表曲「東京絶景」、「ひゅー」を披露、ダブルアンコールでは、アルバムの最後にも収録されている「23歳」をアコギの弾き語りで締めくくり、吉澤嘉代子の初期集大成と言われる1stアルバム「箒星図鑑」をフルで体感できた、貴重な一夜となった。


 

吉澤嘉代子 OFFICIAL WEBSITE


150517-YM-14530001 150517-YM-14530002 150517-YM-14530003 150517-YM-14530005

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人