在日ファンク、SOIL&“PIMP”SESSIONSがJBに捧げたセッションが公開

2015.05.13

150512-CI-212000

あらゆるジャンルのミュージシャンからリスペクトされ、マイケル・ジャクソン、プリンス、そしてブルーノ・マーズ、ファレル・ウィリアムスら現代の若手アーティストにも、今なお多大な影響を与え続ける伝説のアーティスト、ジェームス・ブラウン初の伝記映画として注目を浴びている「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」が5月30日より日本公開される。

これに先がけ、公開を記念したトリビュート・ライブが先月4月27日に渋谷にて開催。そして、トリビュート・ライブを彩った、在日ファンクとSOIL&“PIMP”SESSIONSによる「Super Bad」のカバー・セッション動画が公開された。

在日ファンクのメンバーとSOIL & “PIMP” SESSIONSから社長(アジテーター)、ダブソンビ(トランペット)、元春(サックス)の3人により行われたカバー・セッションでは、JBへのリスペクトとムーヴメントがMIXされた、深化の「Super Bad」を披露。浜野謙太と社長はシャウトを繰り出しつつ、マイクの奪い合いやコラボしたダンスをするなどファンキー・ムードを高め、各プレーヤーはJBに捧げるソロ回しを披露し、最高潮の盛り上がりをみせた。

映画情報

「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」
5月30日、シネクイントほか全国公開
(C)Universal Pictures(C)D Stevens


「ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~」OFFICIAL WEBSITE


 

150512-CI-212001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人