INFINITE、「24時間」初パフォーマンスをWOWOWでOA

2015.05.08

150508-TR-120000

韓国・日本で絶大な人気を誇る韓国7人組男性グループ、INFINITEが新曲「24時間」をファンの前で初パフォーマンスした。

「24時間」の初パフォーマンスは、5月5・6日の『2015 INFINITE JAPAN TOUR -DILEMMA-』代々木競技場第一体育館にて行われた。

4月29日にリリースされたばかりの「24時間」は、“美メロ・ヒット・メイカー”として知られている松尾 潔プロデュースによる珠玉の切ない系ポップ・ナンバーで、”僕の24時間はすべて君だけのものだから 好きに使えばいいのさ”というピュアなメッセージが美しいメロディとともに伝わるラブ・ソング。

すでにこの曲は、オリコンシングルデイリーランキング初登場2位、ウィークリーランキング初登場3位、レコチョク シングルトラック デイリーランキング1位、レコチョク着うた(R)デイリーランキング1位とヒットを記録し、大きな話題となっている。

なかでもオリコンシングルウィークリーランキングでは、日本での2ndシングル「Be Mine」(2012年)2位、3rdシングル「She’s Back」(2012年)3位、「Last Romeo〜君がいればいい」2位(2014年)、布袋寅泰提供の前作「Dilemma」(2014年)3位に続き、「24時間」で5曲連続のTOP3入りという記録を打ち出している。

なお、初登場7位を記録した日本でのデビュー・シングル「BTD」(2011年)を入れると、“デビュー以来全てがTOP10入り”という快挙も打ち立てている。

INFINITEといえば、“シンクロ率99.9%”と絶賛されるダンスが曲をリリースするごとに注目を集めるのだが、今回のダンスはタイトル「24時間」をモチーフにしたものになっている。指で時計の秒針、分針を表現する“時計ダンス”がすでにファンには認知され、この日、代々木競技場第一体育館に来場していたファンもこの初パフォーマンスに熱狂、大きな歓声が起こり、 ライブのハイライトのひとつとなっていた。

今回のライブは「24時間」のほか、ツアー・タイトルにもなっている「Dilemma」はもちろん、「Last Romeo〜君がいればいい」「She’s Back」「Torawa」「Be Mine」など代表曲を含めたベストなセット・リストに加え、メンバーのソロ、ユニットのパフォーマンスも盛り込まれた構成となっており、約3時間に及ぶボリュームたっぷりのパフォーマンスが繰り広げられた。

5月6日のライブはWOWOWで独占放送されることが決定している。


メディア情報

WOWOWライブ「2015 INFINITE JAPAN TOUR -DILEMMA-」
06/21(日)15:30


番組特設サイト

INFINITE OFFICIAL WEBSITE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人