KEYTALKの武道館で舞踏会~shall we dance?~【ライブレポート】

KEYTALK

151110-SM-182201

KEYTALKの武道館で舞踏会~shall we dance?~
2015年10月28日@日本武道館

ついに日本武道館までたどり着いたKEYTALK。インディーズ時代から着々とファンを増やし、人々を惹きつけてやまなかった理由は、この日のライブを観れば一目瞭然だった。彼らの感謝が体現された、サービス・仕掛け盛りだくさんの幸せなライブ空間をレポート!

TEXT BY フジジュン
PHOTOGRAPHY BY 後藤壮太郎


151110-SM-182202

2013年11月、シングル「コースター」でメジャーデビューして約2年。ついに日本武道館まで駆け上がったKEYTALK。

開演直前、武道館を埋め尽くす観客の期待が最高潮に高まるなか、SE「シャル・ウィ・ダンス?」〜「武道館で熱いダンスを踊らないか?」のアナウンスが流れると会場に大きな歓声が上がる。派手なオープニング映像から火柱が上がり、ポップアップでステージ上にメンバーが飛び出し“奇跡みたいな夜”がついに幕を開けた。

151110-SM-182203

1曲目「YURAMEKI SUMMER」でライブが始まると観客の合唱が起き、八木優樹(dr、cho)の軽快なビートに乗せた、首藤義勝(vo、b)と巨匠・寺中友将(vo、g)の美しいツインボーカルが武道館に心地良く響く。小野武正(g、MC、cho)は広いステージを右へ左へ駆け回る。

151110-SM-182205

「パラレル」「UNITY」と続くと、勢いと力強さ、そして歌や演奏の美しさも兼ね備えたKEYTALKの魅力で武道館が染まっていくのがわかる。「FLAVOR FLAVOR」「fiction escape」と観客が楽しそうに体を揺らし、手拍子を合わせる曲が続くと、八木のソロにドラムセットがせり上がり、首藤と巨匠がステージの両サイドにスタンバイ。小野の鳴らす力強いギターイントロで「お祭りセンセーション」が始まった。

151110-SM-182204

ステージでは楽曲に合わせて炭酸ガスが噴射され、まさにお祭り騒ぎの盛り上がり。武道館ならではの演出で、KEYTALKがロックの聖地を大きな遊び場へと変える!

151110-SM-182207

“子供の頃からヒーローに憧れていた”と語った巨匠が、「武道館で絶対歌いたかった」と気持ちいっぱいに歌った「マキシマム ザ シリカ」、続く「エンドロール」「summer end」などメロウな一面を魅せると、「バイバイアイミスユー」のサビではメンバーに内緒で事前打ち合わせしていた観客が、スマホのライトを点灯するサプライズでメンバーを驚かせた。

151110-SM-182209

インディーズ時代を支えてくれたライブハウス・下北沢シェルターの看板を掲げ、KEYTALKの歴史を綴った映像をバックに演奏した「消えていくよ」、“ぺーい!”の掛け声を受けての熱い演奏と巨匠がワイヤーで宙に舞った「太陽系リフレイン」で大きな歓声を浴びると、いよいよライブはクライマックス。

151110-SM-182210151110-SM-182211

「武道館に幻作ろうぜ!」と始まった「MABOROSHI SUMMER」から「踊る準備はできてますか?」の煽りで武道館を大きく揺らした「MONSTER DANCE」。一心不乱に踊る観客を姿を見て、この日いちばんの盛り上がりを確信した。

151110-SM-182214

本編ラストでは、首藤が「音楽でできることって限られてるかも知れないけど、みんなの背中を押せるバンドになりたい。もっと大きい会場でできるようになるので、そのときは一緒に遊んでください」と力強く語り、この日のために作った曲「スターリングスター」を披露。

151110-SM-182208

キラキラと輝く大きなステージでたくましい歌と演奏を披露する姿から、彼らがこの曲に込めた強い想いがしっかり胸に響く。

151110-SM-182213

桜吹雪が会場に舞う「桜花爛漫」で始まったアンコールは、「Monday Traveller」で明るく楽しくフィニッシュ……かと思いきや! 「あと1曲で30曲になるとキリが良い」という映像から、武道館に向けてライザップで肉体改造をした巨匠の映像が流れて始まったダブルアンコールでは、最後の力を振り絞った荒々しい演奏で魅せた「夕映えの街、今」が、武道館をライブハウスに変えた。

151110-SM-182206

最高の歌と演奏はもちろん、持ち前の遊び心とサービス精神で、KEYTALKにしかできない“奇跡みたいな夜”を作り上げたこの日。夢の武道館公演を経て、“今よりちょっと強くなった”4人がここから生み出すストーリーに期待が高まるばかりだ。

151110-SM-182216

SETLIST

01.YURAMEKI SUMMER
02.パラレル
03.UNITY
04.ナンバーブレイン
05.FLAVOR FLAVOR
06.鏡花水月
07.fiction escape
08.コースター
09.MURASAKI
10.お祭りセンセーション
11.PASSION
12.blue moon light
13.FREEDOM
14.summer tail
15.マキシマム ザ シリカ
16.エンドロール
17.summer end
18.バイバイアイミスユー
19.消えていくよ
20.H.S.S.
21.グローブ
22.太陽系リフレイン
23.sympathy
24.MABOROSHI SUMMER
25.MONSTER DANCE
26.スターリングスター
[ENCORE1]
01.桜花爛漫
02.トラベリング
03.Monday Traveller
[ENCORE2]
01.夕映えの街、今


リリース情報

2015.10.14 ON SALE
SINGLE「スターリングスター」
Getting Better/ビクターエンタテインメント

151013-YS-165202[10,000枚完全限定生産盤/CD+パスケース]¥2,200+税
[CD]¥1,200+税
詳細はこちら


プロフィール

キートーク/小野武正(g、MC、cho)、寺中友将(vo、g)、首藤義勝(vo、b)、八木優樹(ds、cho)。2009年7月結成。2013年11月20日シングル「コースター」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人