クリープハイプ尾崎、ついに神宮のマウンドへ

2015.05.02

150502-TK-124000

クリープハイプの尾崎世界観(vo)が、昨日、東京ヤクルトスワローズ×広島カープ戦で、始球式に登場した。

’92年の日本シリーズを観て以来、23年間東京ヤクルトスワローズを応援し続けてきた尾崎は、デビュー時から、ヤクルトスワローズ・ファンを各方面で公言し、一昨年には、ヤクルトスワローズのマスコット”つば九郎”をクリープハイプのライブに呼び込むなど、球団関係者へ熱心に思いを伝えてきた。その甲斐あって、23年間思い続けた夢がついに現実のものとなり、当日は、尾崎以外のメンバーや事務所スタッフも応援に駆けつけ、尾崎の渾身の”1球”を見守った。

尾崎は始球式前に、「小学校2年生のときからずっとファンだった、ヤクルトスワローズの試合に始球式として登板できるのがすごく嬉しいです。24年間の思いを伝えてきます」とコメント。

当日は、平日にも関わらず、すでにチケットは完売。
約3万人の観客が見守るなか、5月5日発売の新曲「愛の点滅」が場内に流れると、尾崎が登場。マウンドへ移動する尾崎に、球場全体からは拍手が起こった。

マウンドに立って一礼したあと、尾崎が投げ込んだ渾身の1球は、ストライク・ゾーンから少し外れたものの、23年間の気持ちと同じように、ボールはノー・バウンドでミットに届いた。安堵の表情を浮かべた尾崎は、始球式後、「マウンドに立った瞬間にわけがわからなくなりましたが、本当に初めて経験した感覚なので、今後の音楽活動に役に立つと思います。ギリギリ届いて良かったです。ありがとうございました」とコメントを寄せている。

クリープハイプは5月5日に新曲「愛の点滅」をリリース。なお、現在全国ホール・ツアー“一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう”を敢行中。


リリース情報

2015.05.05 ON SALE
SINGLE「愛の点滅」


 ライブ情報

“一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 後編”
5/7 (木) 東京NHKホール
5/8 (金))東京NHKホール
5/10(日) 長野ホクト文化ホール・中ホール
“一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 総集編〜東京の中心で○○○を叫ぶ〜”
5/16(土)日比谷野外大音楽堂


クリープハイプ OFFICIAL WEBSITE


150502-TK-124001

150502-TK-124002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人