バンド名を託すだけの思い入れがある、3rdアルバム『グッドモーニングアメリカ』

151030-YS-171401

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカの指針を示してきた金廣真悟(vo、cho)だけでなく、渡邊幸一(g、cho)、たなしん(b、cho)、ペギ(ds、cho)のメンバー全員が曲作りに積極的に参加した今作。過去いちばんバンドらしい取り組み方ができたと語る、『グッドモーニングアメリカ』を語ってもらう。

INTERVIEW & TEXT BY 岡本 明


あの作品を作ったことが今回に繋がっている

──今年はシングル「コピペ」「ハローハローハロー」、そしてアルバム『グッドモーニングアメリカ』と、3つの作品をリリースする流れがあったわけですけど?

金廣真悟 もちろん、それぞれ違ったものにするつもりはありましたけど、前作のアルバム『inトーキョーシティ』が個人的には良い作品が出来たと思っていたのに、セールス的には思ったようにはいかなくて。売れなくてもいいからやりたいことをやる、というバンドではないので、そういう意味では成功したとは言えなかったんです。その点を考えた結果、もっとライブに寄せて盛り上がる曲が欲しくて「コピペ」を作って。で、「ハローハローハロー」への流れでアルバム用に新しい曲を作っていったんです。

──思うほどのセールスではなかった?

金廣 好きなアルバムだし、自信作なんですけど、音楽をちゃんと聴く人は少ないのかもしれない、もしくは俺たちはそういう人たちの心に食い込めてないんだなって。でも、あの作品を作ったことが今回に繋がっていると思っています。ただ、今の自分たちがいる場所、音楽業界、そこは考えていかないといけないなと改めて痛感させられました。手探りだけど、売れたいという気持ちは強いですね。

現段階でのベストに近い状態で録れた

──そういう意味ではすごく気合の入ったアルバムであり、サウンド的にも力強さに満ちた内容になっていますね。

金廣 元々、楽器の音がきれいに鳴っているサウンドが好きなんです。ドラムの存在感があって、そのうえに歌とギターが乗っかっている。4人の音が自立して鳴っているサウンド、1曲を通してバンドの顔が見える、プレイが見える作品にしたかったんです。ビート感があって骨太な感じで表現できたと思うので、サウンドとして新しい気がしますね。

──「ハローハローハロー」あたりからドラムがかなり強調された音になりましたけど?

ペギ そうですね。「コピペ」もそうですけど、エンジニアさんが変わり、変化が見えかけたのが「ハローハローハロー」です。フー・ファイターズの音に近づけたかったんですよ。ギターの広がりだったり、ドラムの位置、歌の出方、ベースの太い音、それでいてバランスが良いという。前作まではグチャッとしてたんですけど、俺はもっと音を寄せて広げてほしかったんです。そこはエンジニアさんが新しくなったときに伝えて、最初は希望をひたすら言ってました(笑)。現段階でのベストに近い状態で録れたと思います。

みんなに聴かせたら……これがまったく伝わらない(笑)

──そして、今回は曲ごとにメンバーのアイデアがもとになっており、ペギさんは「オールグリーン」「雨ニモ風ニモマケズ」を持ってきたそうで。

ペギ 原型はリズムパターンで、最初から最後までドラムだけで丸々1曲展開を考えたんです。で、みんなに聴かせたら……これがまったく伝わらない(笑)。

一同 (笑)。

ペギ しかも幸一さんが意外にもいっぱいアイデアを持って来て、これはまずいなと。

渡邊幸一 どういう形で持ってくるかと思ったら、ドラムのみですからね(笑)。

ペギ でも、「オールグリーン」は頭のブレイクがあるんですけど、そこにギターを入れてくれたら、イメージがすごく浮かびやすくて。「雨ニモ風ニモマケズ」もリズムパターンを持ってきて、それがもとになっています。

──「低気圧の夜」は渡邊さんがアイデアを持ってきたそうですけど?

渡邊 これはギターのイントロのフレーズとコード進行を考えて。切ない曲にしたくて、失恋というテーマを持ってきました。

金廣 どういう失恋なのか具体的に聞いたら“別れたけどまだ引きずっている男がいて、雨が降っているときの気持ち”と言われて。本人にも画がしっかりあったので、歌詞はすぐ出来ましたね。

起点を持ってくれば、良い化学反応が起こる

──「ビッグバン」はたなしんさんのアイデア?

たなしん “ファイヤー!”という文句は、僕らの曲を聴いたことがない、フェスで観たことがあるぐらいの方にも知ってもらえているのでは? と思っていて。その“ファイヤー!”のテーマを作ることで、みんなにグドモを聴いてもらえるんじゃないかという、俺なりのアルバムを買ってほしい気持ちがあったんです。そこから和風の要素を入れて……と思っていると、難しくなって自分でもどう作っていいのかわからなくなってきて(笑)。展開を考えて、ギターフレーズを口で伝えて、少しずつ形にしました。足りないところをみんなが補ってくれました。メロディも付けてもらい、英詞を考えているうちに「ビッグバン」という言葉が出てきて、そこから歌詞も広げてもらいました。

金廣 たなしん自身が悩んでいたので、最初は伝わらない曲が出来てしまうのではないかと思ったんですけど、努力して完成形に持っていけましたね。でも、そういう起点を持ってくれば、良い化学反応が起こる。それを4人でやりたかったんです。アイデアの共有をすることで化学変化は起こる、それがバンドだと思うので。

正統派の作り方ですよね

──起点さえあれば、例え違う方向に行ってもそれはそれでアリだから?

金廣 そうそう。結果良ければアリだし、今回はそういうことを4人でやりたかったので。俺ひとりのアイデアじゃなくて4人で合わせて作る。それがグッドモーニングアメリカです、というものになると思うので。

──バンドっぽい作り方ができましたね。

金廣 正統派の作り方ですよね。

たなしん 自分たちが届けたい人たち、CDを買ってほしい人たちを引き寄せられるエネルギーのあるアルバムを作れたと思います。

渡邊 合宿で制作したり、各々がアイデアを持ち寄って起点になって始まったり。そういう試みができたことがバンドの大きな一歩だったと思うし、満足してます。

ペギ バンドっぽさも入っているし、自分たちらしさも出ているので、バンドとしても個人としても自信がついたと思います。バンドっぽい感じを出してそれが評価されるとうれしいですから。ここまでできるバンドもいないんじゃないか、そういうところを強みとして出していければいいですね。

俺と武道館のぶつかり合い、そんな気がしています

──11月27日には日本武道館ライブが控えていますね。

金廣 バンドを始めたとき、いつかやりたいっていう夢物語で語っていたけれど、武道館の価値を最近は見失っていたんです。でも、ツアーを回ってみて本当に大切なものだなって思えたし、噛みしめて武道館に行けるのがバンドマンだなって思います。単なる通過点にはならないので、今まで接してくれた人への感謝の気持ちで臨んで、特別な日にするために考えたり努力していけたらと思います。

たなしん 正直、めっちゃ不安なんですよ。武道館ってひとつの基準じゃないですか、集客だったりクオリティだったり。厳かなイメージがあるので、きちんとやらないと評価されないですから。でも、せっかくのチャンスだし、ツアーで得た手ごたえ、バンドの空気感、今あるものを出せば楽しんでできるんじゃないかと思います。

渡邊 楽しむという気持ちを持ちながらやれるのが理想ですけど、一生懸命向き合ってやるしかないなと思っています。特別な場所だし、そこを目指してこの1年やってきたので、悔いのない気持ちで臨みたいですね。

ペギ 武道館に負けたくないなと思います。それは自分自身との戦いでもあるんですけど。武道館に、お前はここにふさわしくないって言われたら、諦めるしかないと思うので。そういうものであってほしいですね、音楽人生は。女々しくやるより、やるならやりきって勝ちに行きたい。ダメなら、しがみついてまでやるものじゃない。俺と武道館のぶつかり合い、そんな気がしています。

★「コピペ」「ハローハローハロー」のMVをグドモ本人が解説する、「MV SELF REVIEW」を公開中!


リリース情報

2015.10.28 ON SALE
ALBUM『グッドモーニングアメリカ』
TRAID

151030-YS-171402[初回盤/CD+DVD]¥3,048+税
151030-YS-171403[通常盤/CD]¥2,667+税
詳細はこちら


ライブ情報

挑戦 第七夜
11/27(金)東京・日本武道館
詳細はこちら

※「挑戦 第七夜」の「第」は略字が正式表記。


プロフィール

金廣真悟(vo、cho)、渡邊幸一(g、cho)、たなしん(b、cho)、ペギ(ds、cho)。東京・八王子にて、高校の同級生で前身バンドの“for better, for worse”を結成。2007年に“グッドモーニングアメリカ”へ改名。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人