“この気持ち”を君と──。乃木坂46が青春の1ページを切り取った新曲「今、話したい誰かがいる」

2015.10.24

151023-YS-201506

乃木坂46

映画「心が叫びたがってるんだ。」主題歌として物語を彩る、乃木坂46のニューシングル「今、話したい誰かがいる」がリリースされる。メンバーを代表して、秋元真夏が乃木坂46らしさの詰まった本作を語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 田中 大


私も頑張らなきゃ! と思います

──「今、話したい誰かがいる」、いい曲ですね。

秋元真夏 ありがとうございます。乃木坂46らしい、甘酸っぱい青春の気持ちを歌った曲ですね。

──白石麻衣さんと西野七瀬さんの“Wセンター”が新鮮です。

秋元 Wセンターは初めてなんです。衛藤美彩と深川麻衣がフロントなのも初めてですし。

──齋藤飛鳥さんが初の福神入り、星野みなみさんが久しぶりの福神というのも、ファンの皆さんが注目しているところかと。

秋元 若い世代のふたりが加わり、選抜内にフレッシュな風が吹いたのかもしれないですね。ふたりの若々しさを見ていると、私も頑張らなきゃ! と思います。

──真夏さんもフレッシュですよ。

秋元 本当ですか? よかったです(笑)。

──話をしたい誰かがいることの幸せを描いた歌詞も印象的ですね。

秋元 乃木坂46としての活動でこういう気持ちを感じますね。ひとりの時間を大切にしたいこともありますけど(笑)、みんなで盛り上がる時間も大切ですし、そのバランスが乃木坂46内はうまくとれていると思うので、そう考えるといい関係性を築けているのかなと思います。

https://youtu.be/XJCgxz0zq7U

「真夏って、あんな子だったの?」

──楽屋での真夏さんは、どのような過ごし方をしていることが多いですか?

秋元 結構落ち着いているんですよ。「私はかわいい!」と自分で言っちゃうイメージがあると思いますが。まあ……楽屋でも言っているんですけどね(笑)。

──(笑)。学生時代は単独行動とグループ行動、どちらが多かったですか?

秋元 いつも仲のいい4人組で過ごしていたので、グループですかね。

──生徒会長だったとお聞きしていますが、目立つタイプではなかった?

秋元 そうですね。私も含めて一緒にいる4人はみんな大人しい、ごく普通のタイプばかりで。ただ、小さい頃から芸能界に憧れていたので、人前に立ちたい気持ちはありました。だから、生徒会長に立候補したときは、同じグループだった子たちにびっくりされたんですよ。当時は自分のことを「かわいい!」とも言ってなかったですし。

──そうなのですか?

秋元 小さい頃は言っていましたが(笑)、中学・高校生の頃には落ち着いてました。でも、また復活しちゃったみたいです。普段は自分のことをアピールするほうではないんですけど、潜在的には自分を出したい部分があり、ステージに立つとそのスイッチがオンになるんだと思います。なので、両親も最初はびっくりしたみたいですね。今は慣れたみたいですが「真夏って、あんな子だったの?」とお母さんに言われたりします(笑)。

周りにみんながいるから頑張れる

──「今、話したい誰かがいる」は「From AQUA」乃木坂46コラボキャンペーン CMソングでもありますが、あのCMで妖精を演じたご自身への評価は?

秋元 ちょっとぎこちない泳ぎ方なのかもしれないですけど……95点です! また妖精のお話がありましたらいつでもぜひ。乃木坂46で妖精と言ったら私なので。でも、まいやん(白石麻衣)、めちゃくちゃかわいくて。妖精は私なので、まいやんは女神ということで(笑)。

──では、カップリングのお話に移りましょう。初回仕様限定盤C収録の「悲しみの忘れ方」は、皆さんのドキュメンタリー映画の主題歌ですね。

秋元 はい。周りにみんながいるから頑張れるんだっていうことを感じて、涙が出そうになる曲です。

──メンバーに支えてもらった思い出は、どのようなことがあります?

秋元 私が休業を経て活動を始めたばかりの頃、みなみ(星野みなみ)がすごく支えてくれました。あの子はパッと見、何も考えてなさそうですけど(笑)、ちゃんと考えているんだと思います。ずっと近くにいてくれて、私がなかなか溶け込めない時に声をかけてくれたり、気軽に話しかけてくれるみなみに救われました。

私がいかに成長したのか、注目していただけたらと(笑)

──星野さんは「今、話したい誰かがいる」の隣のポジションですね。

秋元 みなみが「真夏の隣でよかった」って言ってくれて、それがすごく嬉しかったです。妹みたいなんです。たまには我がままも言うんですけど、その我がまますらも、何でも聞いてあげたくなっちゃいます。あのかわいさは無敵ですね。

──心温まるお話をありがとうございます(笑)。あと、「ポピパッパパー」は、インパクトがすごくありました。

秋元 カッコいいダンスナンバーです。今までのアイドルにはなかったような振り付けが入っているんですけど、先に振り入れをした生駒(里奈)ちゃんに、「真夏、絶対できないよ」って言われました(笑)。実際に踊ってみたら難しくて。そこから私がいかに成長したのか、注目していただけたらと(笑)。あと、この曲は歌も難しいんですよ。

──滑舌がよくないと歌えなそうですね。

秋元 そうなんです! レコーディングは苦労しました。

──タイトルも言うのがちょっと難しいです。

秋元 桜井玲香が曲紹介でよく噛むので、心配ですね。私は絶対に噛むと思っています(笑)。

──アンダーの皆さんが歌う「嫉妬の権利」も素敵です。

秋元 アンダーの曲は切ないものが多いんですけど、これは特に切ないです。女の子からの気持ちを丁寧に歌っている曲ですね。

アンダーのWセンターも今回が初めて

──そして、ユニット曲は「大人への近道」と「隙間」。

秋元 「大人への近道」は2期生の3人が入っているので新鮮です。アイドルを極めているひめたん(中元日芽香)も一緒に歌っているので、彼女のアイドル感を2期生の3人に伝えてほしいです。そして、「隙間」は「他の星から」のメンバーなんですよね。「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?」を入れると3曲目。楽しみにしているファンの方々も多いんじゃないかと思います。

──今回、アンダー曲とユニット2曲、中田花奈さんが全部参加しているんですね。

秋元 そうなんです。「今回めっちゃ出てる!」って本人も言っていました。花奈とはよく一緒にご飯に行くんですよ。彼女は落ち込みやすい性格ですけど、すぐ行動して頑張る人なんですよね。だから、花奈がたくさん歌っているのは、その努力の表れというか……親友としてもうれしいです。

──聴きどころが満載のシングルですね。

秋元 今までの乃木坂46のシングルとはまた違った感じが全体に溢れています。「嫉妬の権利」はひめたんと未央奈(堀未央奈)のWセンターですが、アンダーのWセンターも今回が初めてですね。またあらたな一歩を踏み出した乃木坂46を感じていただけると思います。

★今回インタビューに応えてくれた秋元真夏のほかに、衛藤美彩、深川麻衣が「5秒で答えて」に挑戦!
[衛藤美彩:10/25、深川麻衣:10/26、秋元真夏:10/27 順次公開]


リリース情報

2015.10.28 ON SALE
SINGLE「今、話したい誰かがいる」
Sony Music Records

151023-YS-201501[初回生産限定盤A/CD+DVD]¥1,528+税
151023-YS-201502[初回生産限定盤B/CD+DVD]¥1,528+税
151023-YS-201503[初回生産限定盤C/CD+DVD]¥1,528+税
151023-YS-201504[通常盤/CD]¥972+税
151023-YS-201505[ここさけ盤/CD] ¥1,300+税
詳細はこちら


ライブ情報

乃木坂46 アンダーライブ at 日本武道館
12/17(木)東京・日本武道館

乃木坂46 Merry X’mas Show 2015
12/20(日)東京・日本武道館
12/21(月)東京・日本武道館
詳細はこちら


プロフィール

ノギザカフォーティーシックス/秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤かりん、伊藤純奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、川後陽菜、川村真洋、北野日奈子、齋藤飛鳥、斎藤ちはる、斉藤優里、相楽伊織、桜井玲香、佐々木琴子、白石麻衣、新内眞衣、鈴木絢音、高山一実、寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、永島聖羅、西野七瀬、能條愛未、橋本奈々未、樋口日奈、深川麻衣、星野みなみ、堀 未央奈、松村沙友理、山崎怜奈、若月佑美、渡辺みり愛、和田まあや(50音順)。AKB48の公式ライバルとして2011年結成。翌2012年にシングル「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人