「れじっちゃう!?」Blu-BiLLioN〜「Refrain / 心灯-こころび-」インタビュー【後編】〜

baner151019-BA-1237

Blu-BiLLioN

Resistar Records(レジスターレコーズ)のことをもっと知っちゃう!? Resistar Recordsに所属する人気3バンド、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNによる連載「れじっちゃう!?」。今回は前回に引き続き、10月28日にリリースされた「Refrain / 心灯-こころび-」のインタビューを掲載! 今作の制作時には、いろいろな苦労もあったのだとか。皆さんはもう楽曲は聴きましたか?

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈


無の境地でレコーディングに臨んだんです

──「心灯-こころび-」は、映画「メサイア-深紅ノ章-」の主題歌のために書き下ろした曲なんですよね。

宗弥 はい。前回、ドラマ「メサイア-影青ノ章-」のオープニングテーマとエンディングテーマを担当させていただいた流れで、今回の映画も担当させていたただきました。この話をいただいたときに、ちょうどアルバム制作をしていたこともあって、そのアルバムの空気感に引っ張られていたのか、完成する曲がポップに寄っていたり、スケール感があるけど明るいというようなタイプの曲が多くて、なかなか決まらなかったんです。そこでもう一度、すべてを仕切り直して、自分のなかの「メサイア」を思い出すことから始めたんです。そこで感じたのが、ダークでミステリアスなもの。さらに、以前ドラマの収録現場を見させてもらったときに感じた男臭さや無骨で力押しな部分を入れ込みたいと思ったんです。

──そのなかにも、どこか美しさが宿っていますよね。

宗弥 俳優さんたちのアクションシーンを見たときに、すごくしなやかさを感じたんです。その部分が曲に美しさをプラスしたんだと思います。“メサイア”という芯から生まれた細分化されたテーマが散りばめられた曲になりました。

151019-BA-123904珀(b)

──歌詞は、今回もミケさんが担当されていますね。

ミケ はい。今回のサブタイトルに“深紅”とあったので、赤にちなんで炎をテーマに書こうと思ったんです。さらに、ドラマで表現していた2人組が育って、また新しい後輩が入ってくる描写があるんですが、その入れ替わりって、誰もが自分を重ねられるところだと思うんですよね。そこをCメロの“僕たちが灯している この灯りが いつか闇を歩く誰かの 道しるべになると願って”というフレーズに込めているんです。そんな想いも感じ取ってもらえたらうれしいですね。

──Seikaさんは最初にこの曲を聴いてどんなことを思いましたか?

Seika 実はこの曲をレコーディングする前日が『治外法権』の打ち上げだったんです。でも、さすがにお酒は飲んじゃいけないと思っていたんですが、そういうわけにもいかず……。お酒を飲んで帰ってきたら40度の熱が出ていたんです。これはヤバイと思ったんですが、とりあえず寝て、朝起きたら少し熱が下がっていたので、そのままの状態で何も考えず、無の境地でレコーディングに臨んだんです。こんなにも無の境地でレコーディングしたのは初めてだったので、健康な状態で完成したものを聴いて、驚きました。まさかのすごい集中力で今までにない音で叩かれていて(笑)。

宗弥 曲のゆらゆらした灯を表現するかのような素晴らしい叩き具合で!

Seika 絶妙に力が抜けていて、いいタイミングだったんだと信じたいですね。

──すべてに意味があると!

Seika そう思ってもらいたいです(笑)。

151019-BA-124305teru(key)

大人ですから!(笑)

──teruさんはどんなレコーディングをしたのですか?

teru この曲は題材が男たちの戦いを表現していたので、力強くピアノを弾いたんです。でも、なかなか思い通りの音色が出なくて、すごく苦労しました。その間、宗弥とのやり取りで、自分では出てこないフレーズが生まれたりと、かなり刺激的なレコーディングだったんです。

宗弥 ふたりで「これがメサイアだ!」って言いながら作っていたよね。

teru うん(笑)。今までにない面白いレコーディングでした(笑)。

 実は僕もかなり苦労したんですよ。最初に1テイクを撮って落ち着いたときに、宗弥が「低い音、C#が入っていたらうれしいな」って言葉を思い出したんです。そのときに、“あれ、何も考えずレギュラーチューニングで弾いちゃった”と焦り、もう一度チューニングをし直して弾き直したんです。

宗弥 おかげですごく雰囲気が変わったよね。

 そうだね。結果としてすごくよかったと思う。こういうときに妥協しなくてよかったって思います。結果として作曲者の意図に沿った満足のベースが弾けて、よかったですね。

宗弥 もう、そういうことを言われると、本当に申し訳ないことをぼやいちゃったなって思うんですよ。“試しにそうだったらいいのかも”っていう気持ちくらいで言っていたからさ。

 いやいや、そういうときの宗弥って8割方本気でしょ。言い方は気を遣ってるだけで。大人だもんね。

宗弥 大人ですから!(笑)

151019-BA-124306Seika(ds)

──magさんはこの曲を聴いてどんなことを思いましたか?

mag 意外とこれまでこういった曲がなかったのですごく新鮮でしたね。

──たしかに、バラードというと美しいメロディが印象的でしたよね。

mag そうなんです。こんなにもこれまで、力強いバラードはあまりなかったんですよ。でも、すごく好きな曲になったので、もっとこういう曲が増えていけばいいなと思いました。ライブでやったら絶対に盛り上がりそうだから、演奏するのも楽しみですね。

──ありがとうございました! さて、前回のアルバムインタビューで、皆さんが起こしたい革命を聞きましたが、何か実現されたものはありましたか?

Seika 僕のほうれい線を消すためにヒアルロン酸を入れたいって言っていたと思うんですが、その店が決まりました!!

宗弥 おっ、着々と進んでる!

Seika ぜひこの連載でプチ整形前後を比べてほしいですね(笑)。

次回の更新は、11月18日(水です。お楽しみに♪


リリース情報

2015.10.28 ON SALE
SINGLE「Refrain / 心灯-こころび-」
Resistar Records

sho_a[初回盤A/CD+DVD]¥1,800+税

sho_b[初回盤B/CD+DVD]¥1,800+税

tsu[通常盤/CD]¥1,200+税
詳細はこちら


ライブ情報

“Blu-BiLLioN ONEMAN TOUR「Beyond the GENESIS」”
11/27(金)愛知・名古屋Electric Lady Land
11/28(土)大阪・OSAKA MUSE
12/04(金)東京・東京メルパルクホール
詳細はこちら


Blu-BiLLioNオフィシャルサイト
オフィシャルYouTubeチャンネル“れじちゃん”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人