アーティスト課外活動連載「みんなの映画部」で怪作「ナイトクローラー」を観てきた!!

Base Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間と映画を観てひたすら語り合うプライベート課外活動連載。今月は小出部長が欠席ですが、映画好きのみんなの友達・ノザキくん(非ミュージシャン)が参戦。ハリウッドスターの怪演が話題の「ナイトクローラー」を観てきました!

TEXT BY 森 直人(映画評論家/ライター)


活動第19回「ナイトクローラー」[後編]
参加部員:福岡晃子(チャットモンチー)、オカモトレイジ(OKAMOTOS)、ノザキくん(みんなのお友達)

みんなの映画部 第19回[前編]はコチラ

「人として最低やな」って思うシーンはいっぱい出てくる

ノザキくん 監督のダン・ギルロイという人が、元々脚本家として有名だから全体の筋は通ってますよね。でも画として観たときに「そう来るか!」っていう驚きとか、良い意味での裏切りとかは全然なかった(笑)。

──アカデミー賞脚本賞にノミネートされただけあって、お話の整合性はきっちり取れてる。演出はわりと淡々としてますね。

福岡晃子 あと役者さんはみんな良かったですよね。主人公の相棒になる人(リズ・アーメッド)の「できないヤツ」具合とかリアルで(笑)。あとテレビ局のディレクターの女の人も迫力あったし。

ノザキ レネ・ルッソ。私生活ではギルロイ監督の奥さんです。

オカモトレイジ 主人公がこの女性を脅迫するような感じで肉体関係を迫るんだけど、えらい熟女好きだなっていう(笑)。「(年齢は)あなたの倍以上よ」とか言ってたし。

──ちなみにレネ・ルッソは実年齢61歳。ジェイク・ギレンホールの実年齢は34歳です。

レイジ じゃあ設定上は30歳と60歳とか? でも主人公、あそこまで頭キレるやつなら、元々仕事できると思うんだけどな。

──不遇なのは生まれとか学歴とか、それとも性格の問題か。

レイジ めっちゃ孤独ですもんね。コミュニケーション能力になんらかの問題があるタイプなのは間違いないけど。

福岡 「人として最低やな」って思うシーンはいっぱい出てくるよ。でも一応、働き者ではあるっていう(笑)。最初はすごく怖い顔をしていたけど、仕事をし出してからちょっと変わった。

レイジ 普段のジェイク・ギレンホールはすごくイケメンですよね。この映画と同じ人とは思えない。こういう系です(スマホを見せる)。

福岡 うわっ、めっちゃ男前やん!

ノザキ 芸能一家の出身で、モデルとかもしていて、同性愛を描いた「ブロークバック・マウンテン」(2005年)でブレイク。お口がちょっと猫ちゃん系なんですよね。

福岡 へえ~、すごい。でもまあ、私が好きなタイプとは違うけど(笑)。

主人公もおかしいけど、アメリカのテレビ業界も相当狂ってる

福岡 これって部長だったらなんて言うんだろうね?

レイジ そこ、知りたいですよね。

──この連載で取り上げたものでは、闇の欲望をエスカレートさせる孤独で危険な主人公像という点で「フォックスキャッチャー」(第12回)がいちばん近いかもしれない。

福岡 あれは私も大好きだったけどな。

レイジ 「フォックスキャッチャー」のほうが深みみたいなものがありますよね。「ナイトクローラー」はメディアに対する風刺っていう側面も強い。主人公もおかしいけど、アメリカのテレビ業界も相当狂ってるよ、みたいな。

ノザキ 通常は放送アウトの映像素材でも「顔にモザイクかければだいじょうぶでしょう」とか(笑)。

──メディア風刺としてはかなり王道。視聴率の数字のためなら、なんでもかんでもやっちゃうっていう。

福岡 モノを作ったり発信したりする人間って、元々の初心っていうか、純粋な志を忘れたら本当にアカンね。私、ちゃんと仕事頑張ろうと思いました。こういう風にならないように(笑)。

レイジ 結論、めっちゃポジティブじゃないですか!

 

C-20150928-MK-0316あっこちゃんの鬼門・シネマカリテの館内は作品情報がいっぱい。みんなで観た後は記念撮影大会だっ!

C-20150928-MK-0319ミュージシャンがピースして、非ミュージシャンがなにもしていないという謎の記念写真。ちなみに、移動時以外はリュックを前にするのがノザキStyleです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人