まもなく引退!高校の音楽系部活ならではの引退式サプライズが感動的すぎる

2015.09.26

M-20150926-MK-2152

サプライズ! イメージソング制作! 感動だらけの引退式

今年夏も全国に夢と希望を届けた甲子園。多くの高校野球部ではこの甲子園の終了をもって3年生が引退するわけだが、甲子園を支えてきた吹奏楽部はそうとは限らない。吹奏楽部の甲子園、全国高校吹奏楽コンクールが行われるのは10月の終わりから11月のはじめなのだ。吹奏楽部の3年生引退はこれが終わってから。引退式では他の部活と同様に3年生に色紙や花束をプレゼントするが、やっぱりせっかくならばみんなが大好きな音楽で送り出してあげたいところだろう。高校時代、音楽系の部活に所属していたという大学生にうれしかったサプライズプレゼントを聞かせてもらった。

 

「軽音楽部でした。引退式は毎年後輩が協力してサプライズを行うんですが、私たちが3年生のときは卒業式形式でした。スーツを着た次期部長からひとりずつ卒業証書ならぬ引退証書を受け取るというものだったんですが、後輩が3年生全員分のイメージソングを作ってくれて。その生演奏のあと、引退証書と3年全員分のイメージソングが入ったCDをもらいました。歌詞も“どこで手に入れたの?(笑)”って突っ込みたくなるようなコアな情報とか、憧れの先生からのメッセージとか……。ぎっしり濃くて、後輩がかわいく思えて仕方なかったです」(あやのさん/22歳)

 

「吹奏楽部でした。引退式は普通にごはんを食べながら写真を録ったり花束を渡したりするのが恒例なんですが、式の終盤に後輩たちが“コンクール曲をもう1回みんなで吹きたい!”って言い出して。顧問に指揮をお願いして演奏を始めました。そうしたら曲の中盤頃、顧問のうしろにスクリーンが降りてきてスライドショーが始まったんです。最初はくだらない写真ばかりで笑うのをこらえながら演奏していたんですが、演奏に合わせて写真が変わって、懐かしい写真がたくさん写されたので終盤はみんな泣きながら演奏してました。あとで聞いたらいつも怖い顧問が指揮ふりながら手動で写真を変えていたらしく(笑)。一生忘れられないと思います」(なつさん/20歳)

 

「軽音楽部でした。学祭の後夜祭に部員みんなで<ウィー・アー・ザ・ワールド>を演奏したんですが、引退式で突然後輩がイントロを演奏し始めたと思ったら、トップバッターのライオネル・リッチー役として3年生にマイクが手渡されて。“え、まじ? 歌うの?(笑)”みたいになって。なすがまま3年生がひとりずつ歌っていきました。自分のパートが終わると後輩が花束を届けてくれて。最後の合唱の部分では後輩がひとりずつ3年生へのメッセージをくれました」(まなみさん/22歳)

 

みんな随分手の込んだことを……。コンクール後や文化祭後の感動ムードでこんな素敵なサプライズされたら泣いちゃうよな……。

「やっぱりずっと一緒に音楽と向き合ってきた仲なので、言葉よりも音楽のほうが響くものがあると思います」(まなみさん)

もちろん色紙やメッセージをもらってもうれしいけど、一緒に音楽を共有してきた仲には言葉にできない思いがたくさんあるのでは。言葉だけで感謝を伝えようと悩むことはない。より自然に、より深く思いを共有できる音楽のサプライズプレゼントで感謝の気持ちを表現しよう!

Photo:(C) agrus – Fotolia.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人