シングル曲だけでは表現しきれない!これまでのAAA、これからのAAAが詰まったベストアルバム

2015.09.15

150915-YS-172105

AAA

男女パフォーマンスグループとして、第一線を駆け抜けてきたAAAが10周年を迎える。つねに流行りの音楽を取り込みながら、AAAの音楽へと昇華し、表現してきた彼らがこれまでの軌跡を振り返る。

INTERVIEW & TEXT BY 大野貴史


思い出はたくさんあるんだけど、そこに順位はない

──2015年9月14日でデビュー10周年。おめでとうございます!

浦田直也 ありがとうございます!

──10年間、ほとんど休みなく駆け抜けてきたような印象があるのですが。

伊藤千晃 そうですね。本当に。活動休止みたいな時期も一度もなかったし。

與 真司郎 リリースの間隔が長く空いたこともないし。

日高光啓 ツアーも一年に1~2回は必ずやってきたしね。

──この10年間のことを考えるとき、どんなことをいちばんに思い出しますか?

伊藤 濃密な10年だったな、とは思うんですけど。でもいちばんの思い出って言われると、ちょっと困るっていうか……。

浦田 立ち止まってじっくり考えてる暇は全然なかったもんね。

日高 一年の積み重ねが、たまたま10回繰り返されたっていう。そんな感じで10周年を受け止めてるから。だから、どの出来事が最も印象に残ってるかを聞かれても……。

宇野実彩子 たしかに困るよね。

末吉秀太 うん。思い出はたくさんあるんだけど、そこに順位はない。

西島隆弘 楽しいこともたくさんあったし、そうじゃないことも同じくらいたくさんあったしね。平坦な道のりではなかったので。

宇野 そうだね。いろいろあった。

西島 で、いつも過去のことよりも明日のことを、未来のことを考えて、ここまで進んできたんですよ。だから今思うのも、やっぱり先のことですね。11年目からがさらに大切だぞ、みたいなことを考えてます。

──デビュー記念日の2日後、9月16日リリースの『AAA 10th ANNIVERSARY BEST』について聞かせてください。

宇野 2枚組のベストアルバムです。

伊藤 でもCD2枚に10年を集約するなんて無理なんですよね。シングルを全曲入れることもできないし……。

宇野 だからライブっていう部分を意識して曲を選んだんですよ。

末吉 ライブでよくやってる楽曲を中心に収録したんで、そんなに悩むこともなく決まりました。

日高 AAAの場合は“曲を聴く”だけじゃなくて“ライブを観る”っていう楽しみ方をしてくれる方が多いからね。

宇野 初回生産限定盤は、さらにオリジナルアルバムを加えた3枚組です。そこには今年出した7枚のシングルと、それから新曲が3曲入ってます。

10周年を迎えたのに苦しんでいる7人の姿がある

──新曲のひとつがシングルとしても同時リリースの「愛してるのに、愛せない」。ここ数年は、この曲のような切ない楽曲が秋のAAAの定番になっていて。

宇野 でも今回のほうが断然エモーショナルですよ。

浦田 濃密な恋愛ドラマのような世界観だよね。歌詞も激情的だし。

 胸を切りつけるような感じがある。

西島 だから歌うと自然に気持ちが高ぶっていくんですよ。

──ミュージックビデオでも7人の感情が爆発してますもんね。

宇野 リアルな空間でリアルな演技をするビデオにしたかったので。

──観ていて“そんなに自暴自棄になるなよ”って言いたくなりました(笑)。

浦田 10周年を迎えたのに苦しんでいる7人の姿がある(笑)。

末吉 俺なんて廃墟みたいな場所でもがいてるしね(笑)。

西島 俺はヘッドホンを床に叩きつけちゃうし(笑)。

昔の話をしない。むしろ10年後の話をする

──「STORY」も新曲。7ヵ月連続シングルの特典、3Dキャプチャードールが歌っていた曲ですね。

浦田 ようやく完全バージョンを聴いてもらえます。10周年を意識した優しくて温かい曲です。

伊藤 この曲は、いつかライブでファンの皆さんに直接届けたいなって思ってます。

──さらに「Distance」も新曲。

西島 これは「musicるTV」というテレビ朝日系列の音楽情報番組の企画から生まれた曲。10周年を迎えたAAAをイメージした楽曲を公募して。集まった約300曲の中から選ばせてもらいました。

宇野 楽曲の構成はシンプル。その中で私たち7人が、それぞれ自由に歌ってます。それ故に、この10年間の歌の変化、声の変化みたいなものを感じてもらえるかも。

日高 歌詞的にはラブソングでありつつ、また同時にAAAとファンの関係のメタファーでもありつつ、みたいな。

──ラップのラストに“十年後も君に笑っていて欲しい”という一節がありますが。

日高 10周年だからといって昔の話をしない。むしろ10年後の話をする。そのほうがいいかなと思って。

もう踊りながら歌えないかも(笑)

──ちなみに皆さんは10年後の自分をイメージすることができますか?

日高 俺は、とりあえず音楽をやってることは間違いないと思うけど(笑)。

伊藤 10年後か……難しいですね。逆に、どうなっていてほしいですか? 質問させてください(笑)。

──まだ7人で活動していて、こんなふうに話を聞けたら素敵でしょうね。

浦田 20周年のときって俺は42歳か……もう踊りながら歌えないかも(笑)。

宇野 10年後は幸せになっていたいな、と思います。もちろん今も幸せですけど、もっともっと幸せになりたい(笑)。

 10年後って言われてもなあ……俺は楽しければ何でもいいかな(笑)。

末吉 やりたいことをやれてる。それが最も幸せなことだと思うから、そうなるように、ここからまた一年ずつ積み重ねていかなきゃなって感じですかね。

西島 仕事以外のイメージならあるんですけどね。結婚して子供がいて、ちゃんと親孝行できてればいいな、みたいな。実現できるかどうかは全然わかんないけど(笑)。

野外での単独ライブは初めて

──さて。もうすぐ9月21日から23日までの3日間は……。

末吉 富士急ハイランドで10周年記念のスペシャルライブ。野外での単独ライブは初めてなんですよ。スタートは16時。だから最初はまだ明るくて、だんだん太陽が沈んでいくじゃないですか。そういうことも考えながら歌う曲を決めてます。

──晴れるといいですね。

末吉 もちろん晴れたほうがいいんだけど、でも雨が降っちゃったら降っちゃったで、また違った盛り上がりとか一体感が生まれるから。それもありなんじゃないかな(笑)。

 とりあえずAAA史上最も規模が大きいライブだよね。

浦田 いつか野外ライブの機会があったらやってみたいなって思ってたことをすべて詰め込みます。

伊藤 みんなで遊んでるような感じになるんじゃないかな。

日高 それでいて見せるところは、しっかり見せてね。

西島 この10年間の総決算!

宇野 テーマパークみたいな、そんな楽しい時間になると思います!

★AAAが一問一答に挑戦する、「5秒で答えて」はこちら!


リリース情報

2015.09.12 ON SALE
SINGLE「愛してるのに、愛せない」
avex trax

150915-YS-210001
¥777+税
詳細はこちら

2015.09.12 ON SALE
ALBUM『AAA 10th ANNIVERSARY BEST』
avex trax

150915-YS-172102[初回限定盤/3CD+DVD+GOODS]¥6,000+税
150915-YS-172104[2CD+DVD]¥4,000+税
150915-YS-172103[2CD]¥3,000+税
詳細はこちら


ライブ情報

AAA 10th Anniversary SPECIAL 野外LIVE in 富士急ハイランド!!
09/21(月・祝)山梨・富士急ハイランド
09/22(火・祝)山梨・富士急ハイランド
09/23(水・祝)山梨・富士急ハイランド
詳細はこちら


プロフィール

トリプル・エー/西島隆弘、宇野実彩子、浦田直也、日高光啓、與真司郎、末吉秀太、伊藤千晃。2005年9月にシングル「BLOOD on FIRE」でメジャーデビューした、男女7人組のスーパーパフォーマンスグループ。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人