みんなハロウィンが大好き!「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の主題歌を世界のアーティストがカバーしたら

2015.09.12

M-20150912-MK-2146

クリスマスやバレンタインに並ぶ一大イベントとして日本にも徐々に世間に浸透しつつあるハロウィン。この季節、大人気ハロウィン映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の主題歌である「ThisIs Halloween」を聴くといてもたってもいられなくなるハロウィン好きは少なくないだろう。その証拠にマリリン・マンソンをはじめとする多くのアーティストが思い思いのアレンジでこの曲をカバーしている。そこで今回はハロウィンが待ちきれない人たちのために「This Is Halloween」の厳選カバー動画を3つ紹介しよう。

◎メタルがカバーできないものはないっ!


ノルウェー出身のイケメンマッチョミュージシャン、ペイルケイが披露するのは「This Is Halloween」メタルカバー。ハロウィンがよほどうれしいのか、歌が始まる前からもうニヤニヤが止まらない。低音部から高音部まで歌い上げる実力は確かなものだが、歌っている間あまりにも気持ちよさそうで歌よりも顔が気になってしまう。最後には超高音ボイスでメロイックサイン。終盤には若干引きかねないほどの陶酔ぶりだが、ハロウィンへの愛ゆえということにしておこう。

 

◎原曲を飲み込むゴリゴリのクラブミュージックアレンジ


アメリカの音楽家Figureによるアレンジ。あれ、ふつう? と思ったのも束の間。1分9秒あたりから始まるクラブミュージック風のゴリゴリアレンジは原曲を飲み込む勢い。でもよく聴くとちゃんと「This Is Halloween」! Figureのサウンドクラウドから無料でダウンロードが可能なので、クラブガールやダンサーの皆さんはハロウィンまでの間これを聴いて踊ってみてはどうだろう。

 

◎低音とデスボイスで超エモいカバーに


こちらはスクリーモバージョンの「This Is Halloween」。エ、エモいぞ。低音部もデスボイスでばっちり。彼は2012年にイギリスでデビューしたポップパンクバンドAs It Isでボーカルを務めるパッティー・ウォルターズ。この動画ではボーカルだけじゃなくすべてのパートをひとりで担当。メイクもかなり気合入ってるし、相当ハロウィンが待ちきれないようだ。

 

かなり自由なカバーばかりだが、それだけみんながこの曲にハロウィンに自分の愛をぶつけてるということなのだろう。お気に入りバージョンの「This Is Halloween」で気分を高めつつ、来る10月31日を世界中のハロウィンファンで待ち望もう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人