別モノに見えても、すべてがCzecho No Republicを形成する大事な要素

150908-YS-171301

Czecho No Republic

3rdアルバム『Santa Fe』完成を記念した、メンバー全員インタビュー! 難産のうえ、辿り着いた本作について、各自の想いを聞いてほしい。

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈


どれも個性が強くて整合性がなかなか取れなかった

──3rdアルバム『Santa Fe』を聴かせてもらいましたが、ものすごく楽しくて、出会えたことがうれしい作品でした。

山崎正太郎 ありがとうございます。この一枚は自分達でもものすごくいい作品が出来たと思っているんです。というのも、今作は今までにない程の難産だったんですよ。でも、そのぶん、愛情たっぷりの素晴らしいアルバムになったと思います。

──どう難産だったのですか?

山崎 曲はたくさんあったんですが、どれも個性が強くて一枚のアルバムとして並べることを考えると、整合性がなかなか取れなかったんですよ。

ちゃんとCzecho No Republicのアルバムになっている

──うれしい悩みですね。

山崎 そうですね。だからこそ、今作に収録された曲は、選び抜かれた曲たち。その甲斐あって、演奏していてもすごく楽しいんです。

砂川一黄 出来上がった曲を改めて聴くと、音像の位置や音色がかなりきれいに、緻密に録れているんです。曲のバリエーションもすごく豊富で、EDM調の曲もあれば、サイケなのもあるし、武井さんだけでなく、タカハシさんや八木くんがボーカルを取る曲があったりと、本当に多くの挑戦ができました。でも、一枚通して聴くと、ちゃんとCzecho No Republicのアルバムになっているので、今後に繋がるいいステップになったと思うんです。

この5人が今できる最大限の力を発揮

──今回はマスタリングを新しい方にお願いしたんですよね?

八木 類 はい。そこでお伝えしたのが、“全体の音の感じが揃っているけど、勢いがある”というもの。おかげで、これまで表現しきれなかったことや、挑戦したかったことを、うまく体現できたので、すごく満足しています。

タカハシマイ 『Santa Fe』は、八木さんが言ったように、過去の2作品(1stアルバム『NEVERLAND』、2ndアルバム『MANTLE』)で学んだことや、“こうしておけばよかったな”ってことをすべて体現できた作品になっているんです。それが今のタイミングで実現できたことが本当にうれしいこと。自分たちが頭の中で鳴っている音をどんどん作り上げていく作業は大変でしたが、そのぶん自分たちができることの幅がまた広がって、さらに音楽が楽しくなってきたんです。この5人が今できる最大限の力を発揮しました。

──武井さんは今作を作ってみて、どんなことを感じましたか?

武井優心 個人的なことを言えば、すべての曲を今までにないくらい時間をかけて、凝りながら作ったんですよ。これまでは、基本的に飽き性なので、作り込む作業の途中で投げ出すことが多かったんですが、今回はそれをなくして、徹底的に曲と向き合ったんです。そうすることでのあらたな発見がすごく多かったんですよね。

砂川 今回、武井さんが送ってきたデモ音源は、このままでも発表できるというくらいのクオリティだったんですよ。レコーディングでも、デモ音源の音色をそのまま使っているので、相当緻密に作り込んだんだろうなって。

武井 おかげで体が痛くなりました。なので、いい椅子を買いました。

まだ1っっ曲も作っていません!(断言)

──その椅子のおかげで、いい曲が出来たり……!?

武井 その椅子が快適過ぎて、ネットサーフィンばかり進んじゃうんです。なので、まだ1っっ曲も作っていません!(断言)

一同 (笑)。

武井 でも、そろそろ曲を作らずに1ヵ月が経つので心が焦り出したのか、今日は悪夢で目が覚めたんですよ。なので、明日からまた曲作りをしようと思います。

自分で書いて、自分で泣くの!?

──では、その椅子から生まれた曲も楽しみにしていますね(笑)。さて、サウンドでは様々なジャンルの曲に挑戦されていますが、そのなかでもメッセージをしっかりと込めるのがCzecho No Republicの音楽だと思うんです。それぞれ印象的だった歌詞を教えてもらえますか?

山崎 「Beautiful Days」です。この曲を始めて聴いたときは泣きましたね。その気持ちを伝えたくて、酔っぱらったときに、勢いで武井さんに“泣いたよ!”ってメールしました(笑)。

武井 俺も泣いたもん。

山崎 自分で書いて、自分で泣くの!?

武井 俺は書いてから、ひと通り聴いて全部泣くね(笑)。まぁ、自分にしかわからない気持ちよさを歌詞にしているので、わかってあげられるのは自分ですから!

タカハシ 私も泣いたのはこの曲かな。曲調の効果も相まって、前向きなんだけど不安な感じが曲とマッチして涙腺を刺激するんですよ。武井さんの曲ってハッピーな曲でも悲しい歌詞が多かったりするので、こういう曲はよりストレートに心に来ると思うんですよね。

砂川 僕もこの歌詞はすごくいいと思うし、こういった曲がバンドの代表曲としてリリースできるのはすごくうれしいことだと思うんです。1曲目の「Firework」と共に、バンドとしてターニングポイントとなる曲になったと思います。

八木 僕もこの曲に一票。泣いてはいないけど、いい歌詞だなって思いましたね。歌い方もあらたな感じがあるし、優しい雰囲気を感じてもらえると思うんです。

武井 この曲こそ、しつこく頑張った曲なんです。日本語ってすごく“カクカク”しているから流れるように気持ちよく聴こえる音色や言葉を探したりして、スムーズに言葉が届く曲になるように仕上げました。

砂川 武井さんは歌詞だと照れくさいのか、あまり核心を突かないので、この曲でストレートな感情の部分が見えてよかったよね。きっと、聴いてくれる人もドキッとすると思う。

八木 そうだね。僕は泣かなかったですけど。

武井 2回も言わなくていいよ!

一同 (笑)。

★Czecho No Republicが『Santa Fe』収録楽曲のMVを解説する「MV SELF REVIEW」はこちら!


リリース情報

2015.08.12 ON SALE
ALBUM『Santa Fe』
TRIAD

150908-YS-171302[初回限定盤A/CD+DVD]¥3,200+税
150908-YS-171303[通常盤/CD]¥2,800+税
詳細はこちら


ライブ情報

『Santa Fe』リリース記念 聖なる行進TOUR
09/18(金)北海道・札幌cube garden
09/20(日)宮城・仙台CLUB JUNK BOX
09/21(月)新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
09/24(木)香川・高松DIME
09/26(土)福岡・DRUM Be-1
09/27(日)熊本・B.9 V2
10/02(金)大阪・なんばHatch
10/03(土)広島・CLUB QUATTRO
10/09(金)石川・金沢AZ
10/10(土)愛知・名古屋BOTTOM LINE

『Santa Fe』リリース記念 聖なる行進TOUR
スーパーファイナル × 一夜限りの結成5周年スペシャル
10/17(土)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)

詳細はこちら


プロフィール

チェコ・ノー・リパブリック/武井優心(vo、b)、タカハシマイ(cho、syn、per)、砂川一黄(g)、八木 類(g、cho、syn)、山崎正太郎(ds)。2010年3月、武井と山崎が中心となり結成。2013年10月に1stアルバム『NEVERLAND』でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人