異色?必然?加藤ミリヤと峯田和伸、強烈な光を放つふたりが愛を叫ぶ

150905-YS-173303

加藤ミリヤ × 峯田和伸

多部未華子がヒロインを演じる映画「ピース オブ ケイク」が絶賛公開中だ。ご存じ、ジョージ朝倉の原作マンガの実写版で、多部の恋人役は綾野剛が演じており、激しくぶつかり合いながらもピュアな恋愛模様が展開されていく。そんな映画の主題歌を務めたのが、加藤ミリヤと峯田和伸。「同じ価値観を共有しているアーティストのひとりだと思っていました」とミリヤは語ったが、初共演のふたりが魅せた主題歌「ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう―」に至った経緯とは──。

INTERVIEW & TEXT BY 讀賣蘭堂


運命すら感じちゃいました

──今回、共演することになったきっかけからお聞きします。

加藤ミリヤ 映画の監督を務めた田口トモロヲさんからご指名をいただき、映画本編にも出演されている峯田さんとの共演するのはどうか? とオファーされたことがきっかけでした。私はGOING STEADY時代から峯田さんの大ファンだったので、このお話をいただいたときは、運命すら感じちゃいました。

峯田和伸 これまでにミリヤさんとはまったく接点がなかったんですけど、音楽以外の分野でも活躍されているシンガーソングライターで、しかも、若い子たちへの影響力も非常に高い。共演したら絶対面白いと確信しました。

加藤 私みたいな歌手、峯田さんは嫌いなんだろうなと思ってたんですけど、こうして一緒にお仕事ができて光栄です(笑)。

峯田 何を言いますか! 漠然とですが、“確実にうまくいく”という感覚がありましたからね。

150905-YS-173304

曲を作りながら価値観を共有できていた感覚

──実際に制作に入り、互いにどのような印象を持ちましたか?

峯田 アイスコーヒーとミルクが溶け合うような色気、いやらしさが曲に出せたと思います。……でも、よくよく考えてみると、僕、ミリヤさんのこと、いまだになんにも知らないんですよね(笑)。

加藤 たしかに、曲を作ることへのエネルギーを互いに放ち合い過ぎちゃって……ほとんど普通の会話ってしてませんね(笑)。

峯田 最近観た映画がウディ・アレンの「ブルージャスミン」ってのは覚えてるけど……それくらいですね。でも、それで十分だったんですよ。余計な情報は不必要で、互いの声を聞きつつ、曲として素晴らしい作品が出来上がれば、それ以上の贅沢はありませんから。

加藤 そう言っていただけるとすごくうれしいです。私は本当にゴイステ時代から峯田さんの歌詞が大好きだったから、知らなくても知っているというか、曲を作りながら価値観を共有できていた感覚がありました。

峯田 うん、それでいいと思う。例えば恋愛にしても、目の前にときめく女性が現れて、過去にどんな男と付き合って、どんな経験をしてきたかなんて関係ない。これからどんな未来を作っていくかが大事ですからね。まさにそんなレコーディングになりました。

加藤 思い返すと、とっても不思議な感覚のレコーディングでしたよね。ミュージックビデオの撮影もとっても楽しかったし。

恋愛におけるリアリティでもありますからね(笑)

──峯田さんは映画本編にも出演されていますが、客観的に観られてどうでしたか?

峯田 原作から大好きな作品だったんです。「ピース オブ ケイク」の世界観を生身の人間が演じることは、いったいどんな風になるのかな? と思いましたけど、原作とはまた違う良さが出ていると思います。

加藤 多部さんと綾野さんが演じる、ふたりの未来がどうなるかわからない、というのがひとつのテーマでもありますよね。私自身、“ずっと一緒にいようね!”って感覚があまり好きじゃないから、今回の映画はすごく共感できる部分もあるというか……(笑)。

峯田 多部さんと綾野くんが、「あー、また何かやらかすのかな」って感覚は、恋愛におけるリアリティでもありますからね(笑)。

加藤 峯田さんは、死ぬまでずっと恋愛したいと思いますか?

峯田 それが、まったくないんですよ。僕としては、おいしいご飯を食べることができて、寝転がってマンガ読んだり、そういうささやかな幸せがあれば、それで十分だと思ってます。

加藤 あはは。私、やっぱり峯田さんのこと、好きです(笑)。

峯田 いえいえ、机上の空論ですから。

とてもきれいに溶け合えたんじゃないかな

──ふたりはまるで昔から気心の知れたような間柄に感じます。先ほど峯田さんの話にも出ましたが、それがアイスコーヒーとミルクが絶妙に溶け合った証明、ということなんでしょうね。

峯田 うん、とてもきれいに溶け合えたんじゃないかな。でも、最終的な味のジャッジは僕らが決めることじゃなく、飲んだ人、つまり聴いてもらった人に決めてもらいたいですね。

加藤 うん、それがいいと思います。……でも、これからはアイスコーヒーを飲むとき、絶対峯田さんのこと思い出しちゃうんだろうなあ(笑)。


リリース情報

2015.09.02 ON SALE
SINGLE「ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう― feat. 峯田和伸」
MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records

150905-YS-173301[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,556+税
150905-YS-173302[通常盤/CD]¥1,204+税
詳細はこちら


プロフィール

カトウミリヤ/シンガーソングライター。2004年にシングル「Never let go/夜空」でメジャー・デビュー。

加藤ミリヤ オフィシャルサイト

ミネタカズノブ/歌手。1977年12月10日生まれ、山形県山辺町出身。1996年にGOING STEADYを結成、現在は銀杏BOYZとして活動中。

銀杏BOYZ オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人