「れじっちゃう!?」〜治外法権ファイナルライブレポート〜

baner150901-BA-1252

治外法権@東京・Zepp DiverCity(TOKYO)

Resistar Records(レジスターレコーズ)のことをもっと知っちゃう!? Resistar Recordsに所属する人気3バンド、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNによる連載「れじっちゃう!?」。今回は、この3バンドが出演する全国5ヵ所を回ってきたイベントツアー『治外法権VOL.5』ファイナルの模様をレポート! 8月29日東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて巻き起こる彼らの最高のステージを感じてもらいたい。

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈
PHOTOGRAPHY BY  河井彩美<AY-Beatrium>


夏も終わりに近づき、ぐっと肌寒くなった8月29日。小雨降る東京・Zepp DiverCity(TOKYO)では、Resistar Recordsに所属する3バンドDOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNが集結する名物イベント『治外法権VOL.5』のファイナル公演が行われた。

150901-BA-125302

開演時間とともに青い光に包まれ登場したのはBlu-BiLLioN。青い照明だけでなく、ファンが持つ青いサイリウムが照らされるなか、「GARDEN」のイントロが流れ、一気に拳を振り上げるファンたちにより拳の波が生まれる。そんな景色を見て、本当にうれしそうに、楽しそうに笑うミケ(vo)がとても印象的だった。さらに“Clap your hands!”と声を上げ始まった「SEED」では大合唱が起き、メロディアスでいながら重厚なサウンドで畳みかける「Aqua」では、フロアが一気に揺れ、このスタートダッシュだけで一気にフロアを一体化させたことを実感させる。ギターを振りかぶって投げつけるmag(g)の気迫もさすが。ミケは「治外法権でしか味わえないライブを楽しんでください!」と声をかけ、東京に初めて来たときに見た、煌びやかな光景を再現したいと、各バンドのサイリウムを掲げてほしいとリクエスト。するとBlu-BiLLioN のファンは青く光るサイリウムを、DOGのファンはキラキラと輝きを放つ指輪を、BugLugのファンはしっとりと浮かび上がるキャンドルライトを手にし、フロアは色の異なる光に包まれ、とても美しい光景に。その光とともに、東京に上京してきた主人公のことを歌ったという「東京シンデレラ」を披露。teru(key)の繊細なキーボードの旋律と、ドラマティックな宗弥(g)のギターが切なさを助長させ、心を掴む。その姿をしっかりと確認しながら楽しそうに軽やかにベースを弾く珀(b)と、しっかりとバンドを支えるようにドラムを刻むSeika(ds)の表情から、Blu-BiLLioNのメンバー全員が本当に楽しそうにライブをしていることが伝わり、観ている側も熱くなる。きっと、フロアにもその気持ちが伝わっていたのだろう。そこには笑顔がしっかりと溢れていた。

150901-BA-125703

続いて、7色の妖艶な光が交錯するステージに登場したのはBugLug。メンバーに続き、最後に登場した一聖(vo)は「ファイナル、荒ぶっていこうぜ! 俺らがツアーで培ってきたものを全部出していくからな!」と煽り、いきなりフロアは興奮の渦に。「猿」では破壊的で力強いサウンドでいながら、フロア全体のテンションを一気に急上昇させる。途中、笑顔で両手ピースを見せる燕(b)のお茶目っぷりに笑顔で答える一樹(g)を見ると、楽しさで溢れていることが伝わってくる。そのまま「KAIBUTSU」に流れ込み「目、こじ開けとけよ」「やれ」と一聖が言葉を投げつけるとフロアはそれに応えるかのように頭を振り、気持ちよく狂い始める。そんな高圧的でいながらも、ファンの心を鷲掴みする“俺様”的な空気のまま「TRAUMA」を投下。そのライブパフォーマンスを文字にするとしたら、ひと言“圧巻”に尽きるだろう。その後のMCで「初めて東京に来たときの景色を再現してほしくて……(一聖)」とどこかで聞いたことのあるセリフを口にし、会場は笑いに包まれ、そこから「ついてこいよ!」という声に引き寄せられるかのように一気にBugLugの世界を生む「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU」に。Blu-BiLLioNのときと同じく、3バンドの様々な光が激しく揺れ、「マゼルナキケン」「ENMA」と畳み掛ける。轟音のシャワーを浴び、最高に気持ちよくなったあと、「ライブは始まったら一瞬で終わってしまう。でも、その一瞬を君たちの中で永遠にしたい」と叫ぶと「JUGEMU」「Live to Love」をフロア全員の耳に叩きつけ、終始パワフルかつ目が離せないライブを見せてくれた。

150901-BA-125404

トリを飾るのはDOG inTheパラレルワールドオーケストラ。幕が開くとともにニューシングル「メテオライト」の新衣装で登場した彼らを待ちわびていた観客からはそれぞれの名前を呼ぶ力強い声が飛び交う。「ドッグ・トゥ・ザ・フューチャー」からスタートした彼らのライブはメンバーがステージの前ギリギリまで来て演奏し、観客との距離をぐっと縮める。さらに「PARADOX」では春(vo)がフロアに指示を出し、右から左へ左から右へと大移動。ステージから全員を操るように動かしながら、一緒に楽しもうとする姿は、さすがエンターテインメントバンド。一気に独自の世界観に持ち込む力はさすがだ。そして「祭izm」ではフロアに扇子の花が咲き、さらに温度は上昇。「ラブぴぽ」では「なんでもいいからタオル出して!」と、ほかのバンドのタオルを出すファンたちに「うちらはみんな仲間だから」と笑顔をかける。『治外法権』の魅力はこんなところにもあるのだろう。MCではミズキ(g)の合い言葉である「ファイヤー!」で会場を盛り上げ、少し照れたメイ(b)が「kiss!」と叫び、準々(g)が仙台でファンと握手をした後におじいちゃんに絡まれた話を披露するなど、コミカルな部分はそのままに、一気に楽しさで溢れる“DOGのライブ”を魅せつけてくれた。そのあと緩菜が「声出せるか~!?」と煽り、ラストの「Doggy’s Party!!」になると、これまでの長丁場の疲れを感じさせない、今までにないほどの盛り上がりを見せた。うれしいことに、この曲の最中に新曲「メテオライト」のイントロを特別に披露。そのイントロだけでも、最高に興奮する曲であることが確認できたはずだ。

150901-BA-125201

ツアー各箇所1バンドずつランダムで出演するというラストの特別セッションでは、Ajito(一聖、準々、宗弥、メイ、teru、将海)が激しすぎるライブを2曲、そして恒例の16人全員で「Resistar Recordsのテーマ」を歌い、幕を閉じようとしたときに、春が「忘れてた!」と、来年1月3日にTOKYO DOME CITY HALLにて新春の治外法権を開催することを告知。うれしい知らせとともにメンバー全員だけでなく、来た人すべてを笑顔にしたまま夏の最高の思い出は幕を閉じた。

次回の更新は、9月9日(水です。お楽しみに♪


ライブ情報

Resistar Records PRESENTS「治外法権-新春だょ全員集合!!2016-」
2016年1月3日(日) TOKYO DOME CITY HALL

詳細はこちら


DOG inTheパラレルワールドオーケストラオフィシャルサイト
BugLugオフィシャルサイト
Blu-BiLLioNオフィシャルサイト
オフィシャルYouTubeチャンネル“れじちゃん”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人