松崎ナオ、9年の歳月を経て、今再び注目されている曲「川べりの家」とは?

2015.04.24

150424-CI-143000[1]

人々の日常を淡々と温かく、切なく映し出すNHKの番組「ドキュメント72時間」が静かなブームとなっている。そしてそこにある人間模様に寄り添うように流れるテーマ曲「川べりの家」が今じわじわと話題となり、感動のメッセージが多く寄せられている。

この曲の作詞・作曲を手掛け、歌っているのは女性シンガー・ソングライターの松崎ナオ。2006年、番組ディレクターがCDショップで流れていた「川べりの家」に偶然出会い、心を打たれるほどの衝撃を受けたことからすべてが始まった。スタート準備中の新番組にあまりにもマッチすると感じたディレクターがさっそくスタッフを集めて試聴したところ、そこには涙するプロデューサーの姿が。スタッフ一同、テーマ曲はこれしかないという確信となったそうだ。

第1期放送(2006年10月から2007年3月)を経て、2013年4月からの第2期がスタート。第2期から観はじめた視聴者も多く、番組 の人気は回を重ねるごとに高まっていく。放送のために金曜夜の飲み会を切り上げるサラリーマンも。それと同時に「川べりの家」を知ることとな り、映像にピッタリなこの曲の存在を心に焼きつけることになっていった。

インターネット上には、「この曲を見つけだしてテーマ曲にして自分に教えてくれたNHKに感謝…」「ドキュメント72時間のテーマ曲・・・松崎ナオ<川べりの家>がジワジワくる」「72時間で聴いて、自然と、心の中に入って来て大好きになりました。番組はもちろん、綺麗な 夕陽や海などを眺めながら聴きたい」といった声が続々と寄せられている。

同曲のシングルCDはリリースが9年前だったこともあり、2012年には年に数枚という注文数だったとのこと。だが、番組の第2期が2013年4月より開始すると2013年には100枚を越える注文があり、2014年には1,000枚以上のバックオーダーが。さらに2015年4月現在、シングルCDのリリースから9年経った今、1日に100枚を超す注文も入るようになってきている。 同様に音楽配信における同曲のダウンロード数も番組の第2期開始後に急上昇中だ。

この現象を受け、松崎ナオは「10年前に何気なくつくった曲が、今でもこんなにたくさんの人の心に届くなんてうれしすぎです!」と喜びのコメ ントを寄せている。

まだ「川べりの家」を知らない人は、ぜひ一度その楽曲世界に触れてみてほしい。


番組情報

NHK総合「ドキュメント72時間」
毎週金曜22時55分〜23時20分


リリース情報

2006.11.15. ON SALE
SINGLE「川べりの家」

2008.08.08. ON SALE
ALBUM『Flower Source』


番組HPはこちら

松崎ナオ OFFICIAL WEBSITE


150424-CI-124001[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人