「れじっちゃう!?」DOG inTheパラレルワールドオーケストラ〜「メテオライト」インタビュー【後編】〜

Resistar Records(レジスターレコーズ)のことをもっと知っちゃう!? Resistar Recordsに所属する人気3バンド、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNによる連載「れじっちゃう!?」。前回に引き続き、9月9日にリリースされたDOG inTheパラレルワールドオーケストラのニューシングル「メテオライト」の魅力に迫る! 話題は“歌詞”について。いろんな話が飛び交い、メンバーも大盛り上がり!!

baner

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈
PHOTOGRAPHY BY 青木早霞
HAIR & MAKE BY 我那覇 智(function)、梅田 泉(function)


“ヴィジュアル系っぽい”と思うからこそ、これまではあえて避けていたんです

──「メテオライト」の歌詞には、どんなメッセージを込めたんですか?

 前作のアルバムが完成してから、自分の中で書きたいことがたくさんあったんです。そのなかでも、今回の歌詞のような“世界が終わるとき”っていうテーマが出てきたんですよね。実は、こういう歌詞って“ヴィジュアル系っぽい”と思うからこそ、これまではあえて避けていたんです。

──それはどうしてでしょう?

春 今までは、歌詞を書くときに“この歌詞を歌っていたらカッコいいだろう”という邪念があったんです。でも、今の自分にはそういう邪念がなく、ちゃんと思ったことをそのままの言葉で書けると思ったからこそ、心からすんなりと出てくる歌詞を書いてもいいなって思えたんです。

150901-BA-143501春(vo)

──緩菜さんは歌詞を読んでどうでしたか?

緩菜 Bメロの“地球最後の時に 告白をさせてよ”という歌詞に、この主人公はどんなやつなんだろうって考えたんですよ。それまでは言えなかったけど、「最後だし、告白すっか!」って思ったのかなと……。

 そんな軽くねぇよ!(笑) この曲は、僕が大好きなマンガ「最終兵器彼女」の主題歌になるとしたら、ということを勝手に考えて作った曲なんです。この主人公はすごく優柔不断で彼女を傷つけてばかりだったんですけど、最後には絶対に気持ちを伝えたいという想いがあったんです。この曲には、そんな想いを歌詞にしたいと思ったんです。もちろん、“地球最後の時”というのは比喩。みんなが生きている毎日は、実は明日死んでしまうかもしれない大事な日かもしれないですよね。そこまで大きな事象でなくても、会社を辞めたり、卒業や転校などでも、今までの世界は変わるもの。そのときに、どう行動に移すかというのはすごく大事なことだと思うんですよ。

──実際に、地球最後の日になったら想いを伝えられると思いますか?

緩菜 はい。というか、そうならなくてもちゃんと伝える。

 緩ちゃんは行動力があるからな~。

ミズキ あと春くんは“水金地火木土天海冥”とか、言葉のはめ方や言葉遊びがものすごく上手なんですよ。

 誰からも気づいてもらえないと思うんですけど、途中で“水木金土日月火”っていう歌詞があるんですけど、水曜日から始まっているのは、水曜日がCDの発売日だからなんです。発売日に聴いてくれるのはいちばんのファンでしょ? 聴いてくれたときにハッとしてくれたらうれしいなと思ってちょっと仕掛けました。

150901-BA-143802準々(g)

──なるほど! それは当日に改めて聴くのが楽しみですね。

メイ あとは、“メギドの丘の上”という歌詞があるんですよ。これは最初に聴いたときに、ヴィジュアル系で育ってきた俺からしたら“今、なんて言った!?”って聞き返すほど衝撃的で。

 あぁ~、「ヴィジュアル系、丘の上の立ちたがる問題」ね。

メイ そうそう!

──やっぱり、ヴィジュアル系バンドをするなら、“丘の上”が出てくる曲を演奏したかったんですか?

メイ それを歌うボーカルの隣にいたかった!

一同 (笑)。

メイ もう最高です。

150901-BA-143603ミズキ(g)

最期、最期っていいながら、絶対明日は来るはずだから

──今回のような“世界が終わる曲”もヴィジュアル系には多いですよね。

メイ そうですね。DOGも結構歌ってきたと思います。

ミズキ あとは、曜日とかもよく出てくるよね。

 うん。あと、お客さんがDOGの曲の歌詞を読んで「ずっと眠れない人なんだなって思いました」って言われたこともありましたね。あと、メンバーには「めっちゃ手を繋ぐよね」って言われたり(笑)。

──そういうことを言われると、歌詞を書きづらくならないんですか?

 ならないですよ。だって、言葉は素直に出てくるものだから。その代わり、ほかに作詞している人の同じようなクセを探すようになりましたね。例えば、準々の好きなバンドのボーカルは、やたらと洗濯をしたがるんですよ。

準々 そうそう。洗いたがるんです。

150901-BA-143604メイ(b)

──あはは。さて、この「メテオライト」にかけて、もし世界が明日終わるとしたら、何をしたいですか?

準々 俺、怖いから自決する!

 自決!?(笑)

準々 だって、そんなことがわかったら街がパニックになって乱れるじゃないですか。それがいちばん嫌。俺は弱いからすぐに搾取されそう。そんな怖い思いをするなら自決する!

ミズキ 俺は仲の良い友達を集めてご飯を食べたいかな。

 そこに俺は呼ばれるの? ていうか、みんながお前といたいと思ってるの!?

ミズキ そんなに言うなら、自由参加でいいよ(笑)。

メイ 俺は教会とかに行って、「フランダースの犬」の最終回みたいにゆっくり最期を迎えたいですね。というのも、焦っても仕方ないと思うんですよ。最終的にその境地に辿り着けたらいいですね。

緩菜 俺は、何もしない。だって、最期、最期って言いながら、絶対明日は来るはずだから。例え来なかったとしても、明日もあるって信じ続ける。そこで狂っちゃうと秩序が乱れるんですよ。

ミズキ それで準々が死んだらそれこそ早とちり! 可哀想!!

緩菜 明日はあったのに!(笑)

 僕は最期にこの5人で音楽を奏でていきたいですね。そして、この「メテオライト」を引っ提げて、世界が終わっても後悔が残らないようなライブをしたいと思っています! 今日は本当にありがとうございました!!

150901-BA-144005緩菜(ds)

──あ、勝手に締めていただき、ありがとうございます(笑)。

 いえいえ(笑)。

次回の更新は、9月23日(水です。お楽しみに♪


リリース情報

2015.09.09 ON SALE
SINGLE「メテオライト」
Resistar Records

150901-BA-1405

[初回盤A/CD+DVD]¥1,800+税
[初回盤B/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら


ライブ情報

秋のワンワンマニアック編
~マニア限定東名阪ツアー~

『黒服限定(闇)』
9月25日(金)大阪・大阪RUIDO
『制服限定(萌)』
9月27日(日)愛知・名古屋MID
『女装限定(恥)』
10月3日(土)東京・下北沢GARDEN

詳細はこちら

“パラドッグス”ツアー グランドファイナル
Tokyo Doggy’s Land -2015- 

11月23日(月・祝)千葉・舞浜アンフィシアター

詳細はこちら

Resistar Records PRESENTS「治外法権-新春だょ全員集合!!2016-」

2016年1月3日(日)東京・ TOKYO DOME CITY HALL

詳細はこちら


DOG inTheパラレルワールドオーケストラオフィシャルサイト
オフィシャルYouTubeチャンネル“れじちゃん”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人