キマグレン、7月のライブをもって解散

2015.04.23

150423-TR-090007

キマグレンが7月18、19日に神奈川・横浜関内ホールで行うライブ“キマグレン FINAL CONCERT 2015 ~LAST SUMMER DAYS~”をもって解散することが発表された。

キマグレンは逗子育ちの幼なじみであるISEKI(vo&g)とKUREI(vo)のふたりが、2005年に逗子海岸で海の家ライブハウス“音霊 OTODAMA SEA STUDIO”を立ち上げるなかで結成。2008年にユニバーサル シグマからメジャー・デビューし、同年に発売した2ndシングル「LIFE」が約350万ダウンロードの大ヒットを記録。「LIFE」が収録されたアルバム『ZUSHI』はオリコン週間ランキング1位を獲得。その年に数々の新人賞を受賞し、紅白歌合戦に初出場を果たした。

今回、結成10周年を迎え、この10周年を機にそれぞれの次のステップへ向かうため、そして個々の可能性の追求のために解散という形をとった。解散後KUREIは“音霊 OTODAMA SEA STUDIO”の運営やその他のプロデュースをし、表立っていろいろなメッセージを発信する予定。ISEKIはソロ音楽活動をスタートさせる予定だ。

また、キマグレンからファンへの最後の恩返しとしてベスト・アルバム『LAST SUMMER DAYS ~きまぐれBEST~』が7月1日にリリースされる。このアルバムはキマグレンの結成のきかっけとなった“音霊 OTODAMA SEA STUDIO”で聴きたい楽曲、そしてキマグレンの歴史が一度に楽しめる内容になり、自身最大ヒットを記録した「LIFE」の新たなリミックスver.や、デビュー前からファンに愛された名曲をリアレンジした「ガンバレロボ2015」も収録。初回限定盤には全シングル曲を収録したボーナスディスク、さらにDVDにはキマグレンとして発表したすべてのミュージック・ビデオが収録される。

なお、キマグレンは7月18、19日のライブ“キマグレン FINAL CONCERT 2015 ~LAST SUMMER DAYS~”をもって解散するが、この2日間のラストライブはたくさんの曲を聴いてほしいということで内容の異なるライブになるとのこと。キマグレンのラスト・ライブをぜひお見逃しなく。

ISEKIからのコメント
昨年、音霊が10周年という
一つの節目を迎えた時、
自分の中に「もう一度ちゃんと音楽と向き合いたい。」
と感じている自分がいることに気付きました。

年をまたいでもこの決心は揺らぎませんでした。

歌うことが好きで
音楽を作ることが好きで
みんなの前で自分の中の
全てを出し尽くせる
あのステージが好きで。

僕達は別れを選んでしまったけれども
きっと次に進むための一歩だと信じています。

今まで応援してくれた全ての人に
新たな形で感謝の気持ちを返せるように
これからも励んでいきたいと思います。

本当に本当に
ありがとうございました。

そして、必ずやまた会いましょう。

ISEKI

KUREIからのコメント
突然の報告ごめんなさい。
そして今まで応援してくれて本当にありがとう。
キマグレンや相方、そしてファンのみんなのおかげで、たくさんの事を経験させてもらいました。
普通じゃ行けない場所、立てないステージ、見る事の出来ない風景・・・。
この先もそれは僕の大切な宝物です。
キマグレンの曲もこれからの旅のテーマソングとして僕の中で流れ続けると思います。
「バケット・リスト」は凄く大好きな曲で、きっと僕のこれからの行く先を示すもの。
この曲に僕の夢がいっぱい詰まってます。
そんな僕のバケット・リストをこれから完成させに行きます!
ボクサーなのか、小説家なのか、政治家なのか、プロデューサーか、映画監督か、
はたまた演じる人か・・・。
わがままだけど、色んなものが見たいんだ。
そんな旅の先にいつか「二人の音楽」という交差点であいつと巡り合えたら、
また始めようか。俺らのLIFE。

KUREI


リリース情報

2015.07.01 ON SALE
ALBUM『LAST SUMMER DAYS ~きまぐれBEST~』


ライブ情報

キマグレン FINAL CONCERT 2015 ~LAST SUMMER DAYS~
07/18(土)、19(日) 神奈川・横浜 関内ホール 大ホール


キマグレン OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人