UNISON SQUARE GARDEN “fun time 724”【ライブレポート】

UNISON SQUARE GARDEN

150804-YS-194301

UNISON SQUARE GARDEN “fun time 724”
2015年7月24日@日本武道館

結成丸11年の日に自身初の日本武道館ワンマンライブ『UNISON SQUARE GARDEN “fun time 724”』を開催した、UNISON SQUARE GARDEN。1万2500人を前に、これまでの歩みが間違っていなかったことを証明する素晴らしいライブを繰り広げた。

TEXT BY 荒金良介
PHOTOGRAPHY BY Hisashi Mori


150804-YS-194302ルックス、服装、パフォーマンスも三者三様で、一見てんでバラバラだ。そのメンバー3人が演奏を始めると、野蛮にして華麗なる一本の矢となり、こちらの心を鋭く深く射抜く。ライブ中も観客におもねった過剰なリップサービスはない。あるのは、自分たちが信じた“最高に良い曲”を真摯に届けるだけ。そのまっすぐとした音楽的姿勢が彼らの魅力であり、楽曲そのものをひと際輝かせている要因だと思う。

青白い深海のようなライトが照らすなか、鈴木貴雄(ds)、田淵智也(b)、斎藤宏介(vo、g)の順に現れ、斎藤はステージ後方まで解放した360度観客に囲まれた満員状態の武道館に向かい、両手を大きく広げて挨拶する。1曲目は「誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと」。ミドルテンポの曲調でじわじわ攻め、甘いハイトーンが会場いっぱいに染み渡る。

前半は静かな立ち上がりで、この場の空気をじっくり楽しむような、あるいは楽曲と演奏という素材の良さを丹念に伝えようとするムードを感じた。そのなかでも個性の強い3人のプレイが光り、切れ味鋭い展開の妙にハッとさせられ、徐々にグルーヴは加速していく。

150804-YS-194304

MCもほどほどに曲を矢継ぎ早に連発する流れもどこかストイックな印象を与え、ステージと観客の間には濃密な風が流れていた。「like coffeeのおまじない」がプレイされると、パーティ感のあるダンサブルな曲調だけに、体を横に揺らす観客が増えてくる。田淵は両足で激しくステップを踏み、踊るようにジャジーなベースラインを弾く姿に耳目が引きつけられた。

150804-YS-194305

ここから会場の温度も高まり、「シュガーソングとビターステップ」「23:25」と続くと、歓声やハンドクラップがより一層大きくなった。また、メンバーも横長に広いステージの端まで活用して演奏するなど、曲調に合わせて躍動的なステージングを披露。それから「天国と地獄」に突入すると、ヘヴィなサウンドを後押しするように10数本の火柱が上がり、会場の活気も一気にピークへ達する。その熱気を目の前にして、「人間って、こんなにたくさんいたんだね」と斎藤が呟くと、和やかな笑いが起きた。

150804-YS-194303

中盤には、シングル表題曲を除く既発曲や未発表曲を含むバンド結成10周年記念アルバム『DUGOUT ACCIDENT』に収録された新曲「プログラムcontinued」をプレイ。10周年のために作ったという爽やかなメロディとコーラスが胸の奥底に響いた。それ以降もしっとり聴かせる曲を交えつつ、せっかくの機会だからとメンバー3人がそれぞれ喋り、飾らない抜群のキャラを発揮。とりわけ、「これだけバラバラの3人が続けているのは奇跡的。3人でやる限り、最高の音楽を鳴らし続ける自信がある」と正面から言い切る斎藤の言葉にグッと来た。

150804-YS-194307

後半は「桜のあと(all quartets lead to the?)」「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」とアッパーな楽曲を畳み掛け、最大級の盛り上りを見せる。さらに鈴木が卓越したドラムソロを聴かせていると、ドラム台ごと上昇し、トミー・リー(モトリー・クルー)張りに中空で叩く場面に会場も大興奮! 続いて斎藤と田淵もステージからせり上がる形で登場し、日本武道館らしい仕掛けにも沸いた。

150804-YS-194306

アンコールに応えると、「個人的にでかいところでライブするのは好きじゃない」と田淵は言い始め、思わず苦笑いせずにはいられなかった。しかし、誰よりも何よりも音楽の力を信じているユニゾンだからこそ、これだけ力強くて、煌びやかなロックを生み出せるのだろう。3ピースバンドの夢とロマンだけを乗せた全26曲に及ぶ熱演に、1万2500人の観衆が魂を奪われる光景はあまりにも美しかった。

150804-YS-194308

SETLIST

01.誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
02.リニアブルーを聴きながら
03.MR.アンディ
04.ため息shooting the MOON
05.マスターボリューム
06.サンポサキマイライフ
07.ワールドワイド・スーパーガール
08.like coffeeのおまじない
09.スカースデイル
10.シュガーソングとビターステップ
11.23:25
12.天国と地獄
13.プログラムcontinued
14.光のどけき春の日に
15.クローバー
16.harmonized finale
17.シュプレヒコール~世界が終わる前に~
18.桜のあと(all quartets lead to the?)
19.徹頭徹尾夜な夜なドライブ
20.シャンデリア・ワルツ
21.場違いハミングバード
22.ガリレオのショーケース
23.センチメンタルピリオド
[ENCORE]
01.3 minutes replay
02.kid, I like quartet
03.フルカラープログラム


リリース情報

2015.07.22 ON SALE
ALBUM『DUGOUT ACCIDENT』
トイズファクトリー

150804-YS-194202[完全生産限定盤/CD+2DVD+豪華ブックレット]¥6,500+税
150804-YS-194203[通常盤A/CD+DVD]¥4,500+税
[通常盤B/CD]¥2,800+税
詳細はこちら


ライブ情報

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2015-2016「プログラムcontinued」
11/02(月)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
11/03(火・祝)山口・周南RISING HALL
11/06(金)静岡・清水sound shower ark
11/07(土)岐阜・club-G
11/10(火)群馬・高崎club FLEEZ
11/12(木)岩手・盛岡club change WAVE
11/14(土)福島・郡山HIP SHOT JAPAN
11/17(火)長野・長野CLUB JUNKBOX
11/18(水)富山・富山MAIRO
11/21(土)和歌山・和歌山SHELTER
11/23(月・祝)熊本・熊本B.9 V1
11/25(水)香川・高松MONSTER
12/11(金)北海道・札幌市教育文化会館
12/15(火)千葉・市川市文化会館
12/18(金)新潟・新潟県民会館
12/22(火)大阪・オリックス劇場
12/23(水・祝)大阪・オリックス劇場
12/25(金)福岡・福岡国際会議場
[2016年]
01/09(土)茨城 ・茨城県立県民文化センター
01/13(水)愛知・日本特殊陶業市民会館
01/17(日)宮城・仙台イズミティ21
01/27(水)東京・NHKホール
01/28(木)東京・NHKホール


プロフィール

150804-YS-194201ユニゾンスクエアガーデン/斎藤宏介(vo、g)、田淵智也(b)、鈴木貴雄(ds)。2004年結成。2008年にシングル「センチメンタルピリオド」でメジャーデビュー。キャッチーなメロディラインとアンバランスな3人の個性が織りなす鮮烈なライブパフォーマンスで、右肩上がりにセールスと動員を延ばし続ける3ピースロックバンド。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人