音楽ブロガーが「ミュージックステーション」を定点観測!(2015年7月分前編)

M-20150806-MK-1139
月刊 レジーの「Mステ」定点観測 〜2015年7月放送分【前編】〜

Mステの放送内容を基に最新のJ-POP事情についてお届けするこの連載。7月に放送されたMステは10日、24日、31日の3回(すべて通常放送)。7月31日の放送では、9月の10時間特番「MUSIC STATION ウルトラFES」の放送が発表されました。他局と歩調を合わせるかのような長時間音楽番組、Mステはどんな特色を打ち出すのでしょうか。そのあたりは今後の当連載で取り上げられればと思っています。今月は、ベテランと若手それぞれが示したロックというもののあり方についての話から。

Ken Yokoyama、キュウソネコカミ:ロックミュージシャンの生き様

10日の放送に「地上波初登場!」という触れこみで出演したKen Yokoyama。言わずと知れた伝説のメロコアバンドHi-STANDARD(ハイスタ)のひとり、横山 健のソロプロジェクトであります。『MAKING THE ROAD』がおそらく人生でいちばん聴いたアルバムでもある自分にとってとても楽しみであったと同時に、以前健さんが「民放なんてクソ」という旨のツイートをしていたことも知っていたので、今回どういうスタンスでMステに出演することになったのが非常に気になるところでありました。トレードマークでもあるタトゥーをテレビ用に隠していつもと少し違う雰囲気を醸し出していた健さん、演奏前のタモリとのトークでは「若い子にもっとバンドをやってもらいたい」とコメント。日本のロック/パンクの一時代を築き上げ、今でも最前線で活動しているミュージシャンの重みのある言葉、後進のミュージシャンやテレビを観ていた若者に伝わったでしょうか(出演にあたっての想いや裏話は本人のコラムにて語られています。放送後の様子も含めて読み応えありです)。その後演奏された「I Won’t Turn Off My Radio」、シンプルなセットで普段通りの演奏をかます姿が最高にかっこよかったです。ちなみに、ハイスタのドラムである恒岡 章はチャットモンチーのサポートとして5月のMステに出演していましたね。まさか2015年になってハイスタのメンバーをふたりもMステで観ることになるとは思ってもいませんでした。

24日の放送に登場したのがMステ初出演となったキュウソネコカミ。CMソングとしても起用されている「MEGA SHAKE IT !」を披露しました。5月にさいたまスーパーアリーナで行われた『VIVA LA ROCK』では最も大きいステージをパンパンに埋めている様を目の当たりにしていましたし、「ゲスの極み乙女。、KANA-BOONに次ぐ注目バンド」との紹介も納得です。今回の「MEGA SHAKE IT !」は高速BPMにころころ変わる展開、コミカルな振り付けなどまさに今時のロックをこれでもかと詰め込んだ感じの楽曲ですが、歌詞には“どっかの司会者言っていた 歌詞に意味なんか要らない”というタモリの発言をモチーフにしたフレーズがあります。演奏前にボーカルのヤマサキセイヤが「タモリさんの前で演奏できるのが光栄です」と語っていましたが、演奏終了後にはタモリもニコニコしながら「いやー意味なかった」とうれしそうに呟いていました。若手バンドと大物芸能人が音楽を介して心を通わせた、非常にいい光景でした。

 

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、DANCE EARTH PARTY+今市隆二:LDHの幅

10日の放送に出演していたのが三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE。単純なCDセールスでは本家のEXILEを大きく上回るまでに成長した彼らの人気の起爆剤となったのが昨年の「R.Y.U.S.E.I.」であることに疑いの余地はありません。「R.Y.U.S.E.I.」はサビ終わり際の振り付け、通称ランニングマンが「国民的ダンス」のレベルまで浸透しましたが、それを意識してか新曲「Summer Madness」はなんとサビと思しきパートが「歌なし(一応うっすらボーカルが入っているものの、ステージ上の7人は誰も歌わない)」「シンセのメロディに合わせて7人が踊るのみ」というあまりにも斬新な構成になっていました。カラオケ全盛の時代であれば「いちばん盛り上がるパートに歌がない」なんてことはありえないわけで、時代は変わったなあとしみじみ。

24日の放送に出演していたのがDANCE EARTH PARTY+今市隆二というユニット。DANCE EARTH PARTYはEXILEのオリジナルメンバーであるEXILE ÜSAを中心に結成されていて、彼が世界中でいろいろな人とダンスをしてきたことをきっかけに生まれたとのこと。コンセプトは「ダンスでアースをハッピーに」。なんとなく世界中を旅してきたことでお馴染みのナオト・インティライミを彷彿とさせる話ですが、今回はこのユニットに三代目 J Soul Brothersの今市隆二を迎えてゴダイゴの名曲「BEAUTIFUL NAME」を披露しました。楽しげなスカ調のアレンジが施されていますが、演奏は大ベテランのスカバンド、ザ・スカタライツによるもの。本線ではないユニットにも大物をあてがうところにLDHのパワーを感じます。ちなみにこのDANCE EARTH PARTY、メンバーは「EXILE ÜSA」「EXILE TETSUYA」「E girls Shizuka」と紹介されていましたが、ネット検索をしてみると最初に出てきたページのメンバー紹介にはÜSAとTETSUYA以外にEXILE NESMITHやCrystal Kayの名前が。さらにWikipediaを見ると、関口メンディーが所属していたときもあった模様。どうやらこれまではこのユニットが上演する舞台と連動してメンバーが変わっていたんですね。そして今のメンバーが今年の4月に「正式メンバー」になったと。LDHは本線ではないユニットも仕組みが複雑です……。

 

前編はここまで。後編では「これぞMステの醍醐味!」という感じの素晴らしいステージについて取り上げたいと思います。次回の更新(8月7日)をお待ちください!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー)

【2015年7月10日放送分 出演アーティスト】
中山優馬「とことん Got It!」
NMB48「ドリアン少年」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Summer Madness」
JUJU「PLAYBACK」
コンチータ「Rise Like A Phoenix 〜愛は不死鳥のように〜」
Ken Yokoyama「I Won’t Turn Off My Radio」

【2015年7月24日放送分 出演アーティスト】
Little Glee Monster「人生は一度きり」
乃木坂46「太陽ノック」
DANCE EARTH PARTY + 今市隆二「BEAUTIFUL NAME」
キュウソネコカミ「MEGA SHAKE IT !」
水樹奈々「Exterminate」
近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」
MUSE「Mercy」

【2015年7月31日放送分 出演アーティスト】
ジャニーズWEST「バリ ハピ」
SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」
椎名林檎「長く短い祭」
平井 堅「君の鼓動は君にしか鳴らせない」
グループ魂「彦摩呂」
TUBE「SUMMER TIME」「あー夏休み」
Superfly「On Your Side」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人