「クリープLOCKS!」で尾崎世界観×ピース又吉が濃密トーク

2015.04.17

150417-TR-130004

TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の10代向け番組「SCHOOL OF LOCK!」では、クリープハイプの尾崎世界観がレギュラー講師をつとめる「クリープLOCKS!」を毎週火曜23時5分より放送中。

本番組の4月21日の放送で、尾崎世界観とピース又吉の初対面スペシャル対談、題して「10代の頃は、心の中の葛藤とかめちゃくちゃあるんですけど、書いた瞬間に消えてしまって全然それが再現されなかったっていう感覚」対談がオンエアされる。

「はじめまして! 今日はありがとうございます! 緊張しています!」(尾崎世界観)、「クリープハイプめっちゃ好きで、 ずっと聴いてるんです。一度お会いしたいと思ってました」(ピース又吉)。そんな会話からスタートした緊張の初対談。歌詞や文章に人一倍こだわるふたり。「考えすぎて、 妄想だらけの10代を過ごした」という彼らが、お互いの共通点を見出し、静かに意気投合していく。「ミュージシャン」や「芸人」を続ける理由、10代の頃の自分、 夢をかなえるために必要なことなど、様々なテーマが語られる。

大ヒット中の小説「火花」(又吉直樹 著)について、尾崎世界観は「ものすごく素晴らしかった! 最後はやられたな、と思った」と絶賛。小説を書くことは、芝居やお笑いとはどう違うのか? ピース又吉の創作の原点も明かされる。

「アルバム1枚で小説1冊じゃなくて、アルバムが12曲入ってるとしたら、小説12冊分に勝ちたいと思って曲を書いてますね」(尾崎世界観)。「太宰治が好きなんですけど、何も武器はないけど、武器が一切ないことと、負けたことと、苦しんだことと、悩んだことが武器や、っていう文章を読んだときに、自分と割と当てはまるなと思ってて」(ピース又吉)。そう語るふたりのルーツをのぞける貴重なエピソードをぜひお聴き逃しなく!


「SCHOOL OF LOCK!」OFFICIAL WEBSITE

クリープハイプ OFFICIAL WEBSITE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人