ケント・モリ、初のダンスDVDより最新映像公開

2015.04.16

150416-TR-130001

世界最高峰の舞台で活躍を続ける日本人ダンス・アーティスト、ケント・モリ(KENTO MORI)。マドンナの“Sticky & Sweet”ワールド・ツアーに専属ダンサーとして契約中に、マイケル・ジャクソン“THIS IS IT”のオーディションに日本人ダンサーとして唯一合格。そのためマドンナとマイケルの間で、彼の専属契約を巡る争奪戦になったというのは、世界的にも有名なエピソードだ。

2009年7月には、マイケル急逝後に行われたマドンナのロンドンO2アリーナ公演で、マドンナの指名でマイケル役を演じて追悼パフォーマンスを披露し、そのエピソードと共に世界中の注目を浴びた。そんなケント・モリが4月22日にリリースする1st DVD「1」から、最新撮り下ろし映像作品「You Will」の映像が先行公開された。

「<You Will>は、自分のルーツである<和>の心も大切に意識して作った作品です。他の収録作品では外国人ダンサーを起用し、海外で撮影していますが、あえてこの曲は僕の母国日本で多くの日本人ダンサーに参加してもらい、日本のイメージやエッセンスを取り入れた演出をミックスしてみました」とケントは語る。

「You Will」は、今年の2月に、大阪市にある築港(ちっこう)赤レンガ倉庫街にて撮影。この映像作品には、NE-YOやアッシャー、ピットブル、TLCなどなど様々なアーティストのダンサーやコリオグラファー(振付師)を務め、自身もアーティストとしてデビューを控える、現在アメリカで最注目の女性ダンサーAhsia(アージャ)のほか、元宝塚の月央和沙(つきお・かずさ)、24時間テレビのダンス甲子園で優勝経験のある兄妹ダンサーのRESPECT(リスペクト)、2011年に開催されたマイケル・ジャクソン・トリビュート・ライブ・オーディションでケント自身が発掘し共演したキッズ・ダンサー3人を含むミントクルーの7人、アニメーション・ダンサーのNANOIらが参加。マイケル・ジャクソンの名作ミュージック・ビデオ「スムーズ・クリミナル」を彷彿とさせる舞台設定の中、ストーリー・ラインの浮かび上がるオリジナルな振付けで様々なジャンルのダンスが披露され、無国籍の摩訶不思議な世界を表現した作品になっている。

音楽は、ジャネット・ジャクソンやTLC、ボーイズIIメンの音楽監督をつとめたRex Salas(レックス)とケントが共同でプロデュースしたもの。なお、この映像作品は、全世界21ヵ国のiTunesでの配信も予定されている。

ケント・モリは「僕の初めてのDVD作品のタイトル<1>には、“世界はひとつ”という意味が込められています。ダンスは国境、宗教、世代、言葉などすべてを超えて、踊る者と観る者をひとつにする魔法を持っています。世界平和のメッセージが込められたマイケルの遺志を継ぎ、ダンスで世界をひとつにすることができたら。そのことを世界共通のボディ・ランゲージで表現したい、というのが僕の最大のモチベーションなんです」と語っている。


リリース情報

2015.04.22 ON SALE
DVD「1」


ケント・モリ OFFICIAL WEBSITE


 

150416-TR-130002 150416-TR-130003 150416-TR-130004 150416-TR-130005 150416-TR-130006

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人