「れじっちゃう!?」Blu-BiLLioN〜『GENESIS』インタビュー【前編】〜

baner

150708-BA-141701
Blu-BiLLioN

Resistar Records(レジスターレコーズ)のことをもっと知っちゃう!? Resistar Recordsに所属する人気3バンド、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNによる連載「れじっちゃう!?」。今回から2週に渡って、7月22 日にリリースされるアルバム『GENESIS』をリリースするBlu-BiLLioN特集! 今作に込められた想いを存分に語ってもらいます。

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈
PHOTOGRAPHY BY 青木早霞
HAIR & MAKE BY 井出美幸



もっと様々なジャンルが好きな人たちにも聴いてもらえる作品

──アルバム『GENESIS』が、ついに完成しましたね。どんな作品になったと思いますか?

ミケ 今年の1月にワンマンライブをしたときに、メンバーの士気が今までにないくらい高まっていることを感じたんです。だからこそ、その気持ちをこのアルバムに詰め込みたいと思ったんですよね。そのタイミングの選曲会で選んだ曲が、今までとは違うタイプの曲でもあり、このアルバムのリード曲でもある「Miss Mermaid」だったんです。でも、最初に“この曲がリードにふさわしいと思う人”というアンケートを取ったときに、この曲を作った宗弥だけ手を挙げなかったんですよ。

150708-BA-141207ミケ(vo)

──宗弥さんは、どうして手を挙げなかったんですか?

宗弥 もちろん、自分が作ったのでお気に入りではあったんですが、あまりに実験的な楽曲だったので、選ばれた瞬間、“本当にいいの!?”という気持ちだったんですよ。

150708-BA-141102mag(g)

──たしかに、変則的なピアノロックという部分では、今までとは違うタイプですよね。でも、その違う感じを皆さんがいいと感じたんですよね。

 はい。初めてこの曲を聴いたときに、すごく新鮮な気持ちになれたんです。既発のシングル曲では、これまでのBlu-BiLLioNをしっかり表現しているので、アルバムでは驚かせたいという気持ちが強かったんです。みんなそんな気持ちがあったからこそ、これに手を挙げたんだと思いますよ。

150708-BA-140304宗弥(g)

──それに、この曲がリード曲になったおかげで、すごく“変化”を感じる一枚になったと思うんです。

宗弥 そうですね。この曲をリード曲に選んだおかげで、バンドの意思がヴィジュアルシーンだけでなく、もっと表に向けられている気がしたんですよ。もちろん、僕らが普段活動しているのはヴィジュアルシーンだけど、もっと様々なジャンルが好きな人たちにも聴いてもらえる作品になったと思うんです。

150708-BA-141203珀(b)

──それは、すごく意味のあることですよね。特にダンスロックというジャンルに踏み込んだことによって、すごく幅が広がると思うんですよ。

teru そうだとうれしいですね。さらに、「東京シンデレラ」や「キミコレクション」などもすごくモダンだし、これまでにない挑戦作になっているんです。

 

すごく挑戦的でもあり実験的でもありながら、開放感をすごく感じるんです

──「キミコレクション」はものすごく革新的でした。

宗弥 この曲はいい意味で浮いていて。というのも、Blu-BiLLioNという枠を取っ払って作り上げたので、たぶんギョッとすると思います(笑)。

 今回のアルバムって、1stのような自己紹介を、再度しているんですよ。でも、初めましてという気持ちで作り上げる新鮮さはすごく大事なこと。それを狙いながら、様々なジャンルの曲を詰め込むことができたかなと思うんです。それに、通常盤でしか聴くことができない「Ready?」では、ライブがすぐに想像できるような楽曲に仕上がっているんです。

宗弥 この曲は、フェスを想像して作ったんです。青空の下で、メンバーがバラバラと入ってきて、準備をしつつ、いきなりのカウントからこの曲を始めるという!

150708-BA-141105teru(key)

──あはは。もうセットリストが完全に出来ているんですね。

宗弥 もうフェスに出たくてたまらないんですよ。フェスで僕らの音楽を一度聴いてもらえれば、ヴィジュアル云々というのを通り越して多くの音楽ファンに楽しんでもらえると思っているので。

 何事もジャンルで区切っちゃうのはもったいないですからね。

mag それに、全体を通して“夏”らしさを感じますよね。すごく挑戦的でもあり実験的でもありながら、開放感をすごく感じるんです。“Interesting”でもあり、“Funny”でもあるという。

ミケ なんで急に英語なんだよ(笑)。

mag (笑)。ホント、単純に楽しめるんですよ。全体を聴いていて多くの人に楽しんでもらえる作品になったと思います。

Seika この秋から全国ツアーが始まるんですけど、このアルバムはライブに向けての作品になっているんです。CDの良さはもちろん、ライブでしか感じられない楽しさを感じられると思うので、ぜひ遊びに来てもらいたいですね。

150708-BA-141406Seika(ds)

──さて、夏というキーワードが出たところで、好きな夏ソングを教えてもらってもいいですか?

Seika 井上陽水さんの「少年時代」ですね。

ミケ あの歌詞だと、夏過ぎちゃってるじゃん(笑)

Seika ホントだ(笑)。でも、あの曲は本当に名曲。昔、戦争映画の主題歌になっていたのを聴いたのがすごく印象的だったんです。ちなみに僕が最初に買ったCDもこの曲なんです。語り継がれる名曲なので、ちゃんと聴いたことがないという人は、改めて一曲通して聴いてもらいたいですね。

次回の更新は、7月22日(水です。お楽しみに♪


リリース情報

2015.06.17 ON SALE
DVD『Resistar Records PRESENTS「治外法権-新春だょ全員集合!!2015-」』
Resistar Records

150615-BA-1215[DVD]¥3,700+税
 詳細はこちら

2015.07.22 ON SALE
ALBUM『GENESIS』
Resistar Records

150702-BA-1329[初回盤A/CD+DVD]¥3,800+税
[初回盤B/CD+DVD]¥3,800+税
[通常盤/CD]¥3,000+税

詳細はこちら


ライブ情報

“Blu-BiLLioN ONEMAN TOUR「Beyond the GENESIS」”
10/02(金)神奈川・新横浜NEW SIDE BEACH!!
10/09(金)新潟・新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
10/10(土)長野・長野LIVEHOUSE J
10/12(月・祝)石川・金沢AZ
10/25(日)栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
10/31(土)福岡・福岡DRUM Be-1
11/01(日)熊本・熊本DRUM Be-9 V2
11/03(火・祝)岡山・岡山IMAGE
11/06(金)宮城・仙台darwin
11/08(日)北海道・札幌DUCE
11/27(金)愛知・名古屋Electric Lady Land
11/28(土)大阪・OSAKA MUSE
12/04(金)東京・東京メルパルクホール
詳細はこちら


Blu-BiLLioNオフィシャルサイト
治外法権VOL.5特設サイト
オフィシャルYouTubeチャンネル“れじちゃん”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人