SPYAIR、ツアー初日に1万人野外ライブの開催発表

2015.04.15

150415-TR-140000-

SPYAIRの全国ツアー「SPYAIR LIVE 2015 “ROCKIN’ OUT”」が、4月14日、彼らの地元・名古屋からスタートした。

昨春、ボーカルIKEの喉のトラブルにより中断となった全国ツアーと同本数同会場で開催。チケットは発売と同時に各地即完売、超プレミアチケットとなっている今回のツアー。初日を迎えた今夜、彼らの復活を待ちわびていたファンで場内は歓喜に満ち溢れていた。

そして、アンコールのMCでボーカルIKEより大発表が。「今日、ツアーの初日、名古屋で重大な発表があります。SPYAIRは今年2015年1万人の野外ライブをやります!! ……俺たちもこの名古屋の野外から育ったんだよ。どうしても、ここで一番に伝えたかった。8月8日、富士急でやるから、みんな遊びに来てくれますか! 夏だから難しいこと考えず、祭りごとやりたいなっていうのが発端なんだけど、やっぱみんなが来てくれなくちゃ、俺らも楽しめないから、絶対来いよ!!」と、8月8日に富士急ハイランド・コニファーフォレストにて野外単独ライブ“Just Like This 2015”を開催することが発表されると、場内は割れんばかりの大声援と拍手に包まれた。

2005年に名古屋で結成してからメジャー・デビューまでの5年間「ライブハウスでファンを“待つ”のではなく、自分たちからバンドを知らない人のところへ“行く”」という想いから、名古屋「栄公園」を中心にストリート・ライブを続けていたSPYAIR。2010年6月には、インディーズ最後にして100本目のストリート・ライブ“野外ライブFINAL”を栄公園で開催。それまでの5年間を振り返り、ずっと支えてくれたファンや家族、そして自分たちの原点であるストリート・ライブへの思いを込めた楽曲「Just Like This」を披露した。この日以降“Just Like This”とは、彼らの真骨頂ともいえる野外ライブだけに冠されるタイトルとなった。

そして昨年のバンド存続の大危機を乗り越え、今年奇しくも結成10周年を迎える彼ら。改めて自分たちの原点を振り返り、“今年こそ、野外のでっかい会場でライブをやりたい!”という熱い想いから、“JUST LIKE THIS 2015”が開催される運びとなった。2011年の日比谷野外大音楽堂以来4年ぶり、SPYAIR単独野外ライブ史上初の1万人を集めての大舞台となる。

SPYAIRオフィシャル・モバイルサイトでは、チケット最速先行予約受付中。その他詳細はイベント・サイトをチェックしよう。

SPYAIRからのコメント
SPYAIRを結成して10年、メジャーデビューから5年たった、2015年。

ここまで支えてくれたみんなへの感謝と、俺らが信じる夢の景色。

SPYAIRは富士急ハイランドで大規模な野外ライブを開催します!!

SPYAIRが名古屋の栄で野外ライブを始めた時、見てくれる人は誰もいなかったけど、野外ライブをやめようとは思わなかった。
それは今でも変わってなくて、夢のライブステージを思い描くときはメンバー全員が野外ライブを想像してる。

人に認められない悔しさも、人に支えられる喜びも、ひとりではできないことがSPYAIRでなら叶えられることも、野外ライブが俺らに全てを教えてくれた。

JUST LIKE THIS 2015俺たちの原点、野外ライブ。突き抜ける音が世界でいちばん気持ちいい場所で、俺たちの音楽の可能性をみんなに届けます。

SPYAIR


リリース情報

2015.03.25 ON SALE
SINGLE「ROCKIN’ OUT」
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ


ライブ情報

SPYAIR LIVE 2015 “ROCKIN’ OUT”
04/19(日)東京・Zepp DiverCity
05/02(土)大阪・Zepp Namba
05/04(月)福岡・Zepp Fukuoka
05/07(木)広島・広島 CLUB QUATTRO
05/12(火)宮城・ 仙台 Rensa
05/16(土)北海道・Zepp Sapporo
05/20(水)東京・ Zepp Tokyo

JUST LIKE THIS 2015
08/08(土)山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレスト


“JUST LIKE THIS 2015”スペシャル・サイト

SPYAIR OFFICIAL WEBSITE


150415-TR-140001- 150415-TR-140002- 150415-TR-140003- 150415-TR-140004- 150415-TR-140005- 150415-TR-140006-

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人