メジャー・シーンに突入したLACCO TOWERが鳴らす『非幸福論』

150620-YS-013501

LACCO TOWER

質の高い楽曲を世に発表すると同時に精力的にライブ活動を行ってきたLACCO TOWERが、復活を遂げたロック・レーベル“TRIAD”よりアルバム『非幸福論』でメジャー・デビューを果たした。彼らの今現在の想いを探る。

INTERVIEW & TEXT BY ジャガー


変わらないLACCO TOWERを見せる

──メジャー・デビュー第1弾が“非幸福論”というタイトルですが……。

松川ケイスケ もっとハッピーなタイトルにすればよかったんですけどね(笑)。

──言葉そのものはネガティブかもしれませんが、『非幸福論』では誰よりも幸福になるための道を模索する姿が描かれていて。とてもポジティブなメッセージに聞こえました。そういった負の感情を最終的に原動力に変えていくのはLACCO TOWERらしいなと。

真一ジェット 今回は変わらないLACCO TOWERを見せることが第一にあったんで、曲作りに関してもそこを考えながらやっていきました。なので、表に出るリード曲には周りから抱かれているであろうバンドのカラーを出した「非幸福論」や「葡萄」を持ってきたり。

松川 自分たちがやりたいことをすごく理解してくれる仲間のもとへ行く感覚でメジャーに来たので、バンドのカラーを変える必要はなかったんですよ。

誰を思い浮かべてんねん(笑)

──なるほど。テーマは他にもありました?

真一 楽曲制作時に思っていたのは、各分野のメイン級を出す……ですかね。例えば、合唱系のポップ・バンドは「星空」。バラードが得意なバンドだったら「朝顔」をメインに持ってくるんじゃないか? っていうのを想像して、楽曲がいちばん輝く形に振り切れることを大事にしました。天気が好きなバンドだったら「霙」とか……。

松川 最後、誰を思い浮かべてんねん(笑)。

俺たちはバンドがやりたいんですよ

──(笑)。楽器陣は本作にどう取り組んでいきました?

細川大介 僕はキッズでもコピーできる、わかりやすいギターを弾こうと思いましたね。それでいてメロディアス。あまり難しいことはやっていないので練習すれば弾けるんですけど、実はバンドで合わせるとなるとかなり難しい作りで。ギターが弾けても、他の楽器とバランスを取らないと響かないんですよね。あと、最近はギター・ソロをフィーチャーしているバンドが少ないので、意識的に取り組んでいきました。やっぱり世代的にギター・ヒーローを観て育ってるんで。

重田雅俊 ドラムは重ねると音が埋もれちゃうんで、なるべくシンプルに。でも、変拍子が多いのでフックになるところはしっかり際立たせました。昔だったらドラマーとして、自分のこだわりを押し付けたりもしたんですけど……今は曲に最適なドラムを叩くことができるようになりましたね。俺だけのことを考えないっていう。

──それはこれまでの経験から出たものですか? それとも曲を聴いてそういうプレイをしたいと?

重田 両方ですね。大介もさっき「他の楽器とバランスを取らないと響かない」って話をしたけど、俺たちはバンドがやりたいんですよ。プレイヤーとしてのこだわりはもちろん必要ですが、LACCO TOWERで発揮されなければ意味はなくて。

どれだけ自分の技量で変化がつけられるのか

──塩崎さんはいかがですか?

塩崎啓示 まさに“塩崎ベスト・アルバム”。ベースはドラム寄りにも、ギター寄りにも弾ける楽器なので、メリハリを出すことに気をつけました。今までもそうですけど、聴きやすさを求めるなら極力シンプルにするほうがいちばんなんですよ。でも、自分のカラーも出したいっていう葛藤もあって。その折り合いをうまく見つけられたのが『非幸福論』なので、そういう意味で“塩崎ベスト・アルバム”ですね。それに今作では全曲一本のベースで録ったんですよ。個体差による違いに頼らずに、どれだけ自分の技量で変化がつけられるのかをこだわって弾きました。

──バンド全体のバランスを考えるうえで、その中心はボーカルになると思いますが「朝顔」や「霙」などはすごく自然体で歌われているように感じました。

松川 時代時代に合う声ってあるじゃないですか。僕の声は今の時代に合う声ではないと思うんですけど……だからこそ、もっと自分に素直になって歌ってもいいんじゃないかと。歌についてはより素っ裸になれましたね。ずいぶんと時間はかかっちゃいましたけど、ようやく自分の歌に覚悟ができたというか。

真一 僕は全体を見ているのでいち個人としての意見ではないのですが、しいて言うなら……“真一ベスト・アルバム”ですね。

一同 (笑)。

松川 真面目に答えた俺恥ずかしいやん! 先、言えよ。

エンジニアの人も「はぁ?」って

──続きをお願いします(笑)。

真一 だいたい僕は曲を作ることが多いので、自分のパートはミックスと並行して入れるんですよ。「非幸福論」はピアノのリフから生まれた曲だし、「朝顔」もあのイントロからスタートしていて。いちばん苦労したのはエレピ(エレクトリック・ピアノ)を使った「茜」ですかね。最初、エレピで録ったものをミックスに流しまして。ただ、途中で生ピアノのほうがしっくりくるだろうと思い、アレンジも生ピアノ用に考えて弾き直して再提出したんですよ。結果、エレピでいこうと。

塩崎 結局、エレピのままで良かったという。エンジニアの人も「はぁ?」って。

松川 すごい穏やかで優しい人なんですけど、そのときだけは厳しい表情でしたね(笑)。

聴く人を選ばない作品

──やってみないと納得できないときもありますし(笑)。最初に“変わらないLACCO TOWERを見せる”という強い意志をうかがいましたが、変わらずとも裾野を広げる作品が出来上がりましたね。

松川 そうですね。僕らは自分たちのブランディングを守ったので、あとは自由に楽しんでいただければ。普通に音楽が好きな人にも楽しめるだろうし、楽器をやってる人にも刺さる、聴く人を選ばない作品になったと思います。

★LACCO TOWERが一問一答に挑戦する、動画企画「5秒で答えて」はこちら!


リリース情報

2015.06.17 ON SALE
ALBUM『非幸福論』
TRIAD

150620-YS-013502[初回限定盤/CD+DVD]¥3,300+税
150620-YS-013503[通常盤/CD]¥2,800+税
詳細はこちら


ライブ情報

非幸福論リリースツアー“感幸旅行”
詳細はこちら

非幸福論リリースツアー “感幸旅行”ファイナル
[第一夜]10/24(土)群馬・高崎clubFLEEZ
[第二夜]10/25(土)群馬・高崎clubFLEEZ
詳細はこちら


プロフィール

ラッコタワー/松川ケイスケ(vo)、塩崎啓示(ba)、細川大介(g)、真一ジェット(key)、重田雅俊(ds)。2001年前身バンドを結成。翌2002年7月の初ライブを機にLACCO TOWERを結成。本作アルバム『非幸福論』をもって、メジャー進出を果たす。

オフィシャルサイト
非幸福論特設サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。