Goodbye holiday、寺岡呼人プロデュース曲でメジャー・デビュー

2015.04.10

150410-TR-090000

Goodbye holidayが4月9日、自身のツイキャスにて、7月8日にメジャー・デビュー・シングル「革命アカツキ」をリリースすることを発表した。

2011年に広島から上京してから約4年、都内ライブハウスを中心にライブ活動を重ね、インディーズにてミニ・アルバム3枚をリリース。ボーカル児玉の甘いルックスから発せられる歌声とストレートに共感できる歌詞とメロディアスでポップなロック・サウンドで着実にファンを増やしてきたGoodbye holiday。

今回メジャー・デビュー発表にあたり、「革命アカツキ」のプロデューサーである寺岡呼人よりコメントも到着。Goodbye holidayが“歌モノ”バンド・シーンに「革命アカツキ」であらたな革命を起こす。

寺岡呼人からのコメント
若いバンドにいちばん必要なのは「勢い」だと思う。

決してソロシンガーには出せない、スタジオミュージシャンには出せない「勢い」。

それが彼らのデビュー曲には備わっている。

そして、若いバンドに次に必要なのは「ルックス」だと、Goodbye holidayを見ていて改めて思った。

デビュー時点で彼らにはその「雰囲気」が既に備わっている。

Goodbye holiday OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2015.07.09 ON SALE
SINGLE「革命アカツキ」
avex trax


150410-TR-090001 150410-TR-090002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人