クリス・ハート、交響楽団との共演ライブで、サム・スミスの名曲披露

2015.04.09

150409-TR-110006

4月15日に新曲「続く道 with ゴスペラーズ」をリリースするクリス・ハートが、3月2日からスタートしたフル・オーケストラとのコンサート・ツアー“クリスタル・シンフォニックコンサート2015”の最終公演を東京・サントリーホールで開催した。

日本フィルハーモニー交響楽団による「ヨハン・シュトラウスII世:ワルツ「春の声」(管弦楽版)」でコンサートが幕開けし、1曲目が終了するとクリス・ハートがステージに登場。深い御辞儀をした後、1曲目のいきものがかり「ありがとう」で集まったファンの皆へ感謝の気持ちを歌で伝えた。

クラシックの名曲シューベルト「アヴェ・マリア」や自身が昨年発売をした「Song For You」の中からオリジナル曲を数曲、日本の名曲をオーケストラ・アレンジで次々披露していくなか、今年グラミー賞主要3部門を含む最多4部門を受賞した話題のサム・スミスの楽曲「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」を歌唱。世界が魅了された楽曲と、クリス・ハートの奇跡の歌声とのコラボに、歌唱が終わると会場全体から大きな拍手が起こった。

コンサート終盤にはクリス・ハートから会場に向けて今年秋にオリジナル・アルバム、そして6月3日には3枚目のカバー・アルバム『Heart Song III』をリリースすることが発表された。

「続く道withゴスペラーズ」スペシャル・サイト

クリス・ハート OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2015.06.03 ON SALE
ALBUM『Heart Song III』
ユニバーサル シグマ

2015.04.15 ON SALE
SINGLE「続く道withゴスペラーズ」
ユニバーサル シグマ


 

150331-CI-2056

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人