ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、ジャパン・ツアー開幕

2015.04.07

150407-TR-140013

アルバムの全世界セールスが累計7,000万枚以上を誇る世界的ロックバンド、オアシスでほぼすべての主要楽曲のソングライティングを手がけるノエル・ギャラガーによるソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ。その最新アルバム『チェイシング・イエスタデイ』のリリースに伴い、ソロ1作目となる前作『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』リリース時のツアー及びヘッドライナーとして出演した“FUJI ROCK FESTIVAL 2012”以来となる3年ぶりのジャパン・ツアーが、4月6日大阪・フェスティバルホールよりスタートした。

隅々まで観客で埋めつくされたフェスティバルホールには、開演を待ち侘びる独特の高揚感が漂う。SEが止むのと時を同じくして、さまざまなホーンの音色と地鳴りのような効果音がクロスフェードし、暗転と共に満場のオーディエンスは総立ち! ギター、ベース、ドラム、鍵盤、そして3人のホーンセクションを従え、シンプルなネイビーのカットソーにジーンズ姿で、トレードマークのチェリーレッドのギブソン355を手にクールにプレイしていくノエル。ステージ後方に設置された巨大スクリーンには『チェイシング・イエスタデイ』のジャケットが映し出され、最新シングル「バラード・オブ・ザ・マイティ・アイ」「イン・ザ・ヒート・オブ・ザ・モーメント」など曲の進行に合わせ以降も代わる代わる表情を変えていくなど、視覚的にもドラマティック。セットリストも『チェイシング・イエスタデイ』のリリース・ツアーとは言え、前作から「イフ・アイ・ハッド・ア・ガン」「ドリーム・オン」「デス・オブ・ユー・アンド・ミー」等のヒット曲も惜しみなく投入されたメニューで、ソロとしての世界観が存分に堪能できるのもうれしい限りだ。

音響の良さには定評のあるフェスティバルホールというのもあるだろうが、ノエルのボーカルも絶好調で、とにかく歌が、ギターが鳴っている。また、『チェイシング・イエスタデイ』では、ホーンがフィーチャーされた『リヴァーマン』などで新たな一面を見せているが、ライブでもホーンはその楽曲を彩るのに随所で一役買っている。そして、時より客席から寄せられる「ノエルー!」「兄貴ー!」といった歓声には、「今、マイクを交換するからファッキン静かにしろ」などといつものノエル節をかましながら、ステージ上はいたってリラックスムード。このツアーに向け心身共にバンドがしっかりとチューンナップされているのがわかる。

そして、やはり気になるところはオアシスの楽曲、というところだが、アコースティック・ギターを手にイントロをかき鳴らせば、会場からは待ってましたの大歓声が…! というシーンは幾度となく用意されているのでご安心を。瞬く星空をバックに大合唱する、“ドント・ルック・バック・イン・アンガー”の何とも胸を揺さぶられる!ソロはもちろん、オアシスのレパートリーも鉄板。自身のキャリアをたどる新旧の名曲群で、たっぷりと魅せてくれたノエルだった。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのジャパンツアーは、大阪公演2日目となる4月7日 フェスティバルホール、9日 広島文化学園HBG ホール、11日 Zepp Fukuoka、13日 Zepp Nagoya、15、16日 日本武道館まで続く。

文●奥“ボウイ”昌史

photo●Mitch Ikeda

ノエル・ギャラガー  OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2015.02.25 ON SALE
ALBUM『Chasing Yesterday』
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル


ライブ情報

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ 2015来日公演
04/09(木)広島・広島文化学園HBG ホール
04/11(土)福岡・ZEPP FUKUOKA
04/13(月)愛知・ZEPP NAGOYA
04/15(水)東京・日本武道館
04/16(木)東京・日本武道館


 

150407-TR-140014 150407-TR-140015

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人