Gacharic Spinの新境地から真骨頂までを凝縮したニュー・シングル

150601-YS-215501

Gacharic Spin

フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール改」エンディングテーマとして放映中の「Don’t Let Me Down」を含んだ、Gacharic Spinのニュー・シングル。数段飛ばしでパワーアップした彼女たちの勇姿が刻まれている。

INTERVIEW & TEXT BY 恒川めぐみ


スピードに乗りながらストレートに攻める!

──「Don’t Let Me Down」は、Gacharic Spinとしては、かなりポップな路線ですよね。

F チョッパー KOGA そうですね。Gacharic Spinは意外とマイナー調の激しい曲が多いので、このぐらいストレートに明るくハッピーな曲は珍しいかもしれないです。今回は日高 央さん(THE STARBEMS/ex. BEAT CRUSADERS)に楽曲を提供していただいたことで、Gacharic Spinのあらたな一面を見せられたなと思っています。曲も歌詞もアレンジも、一曲丸ごと人に委ねるのは初めてなんですよ。

はな 細かいドラムのフレーズどうこうよりは、曲のスピード感に合わせて自分たちらしいノリを乗せられたらいいな、と思ってレコーディングに臨みましたね。

KOGA ベースもそう。とにかく疾走感を出すことを重視して、スピードに乗りながらストレートに攻める!

TOMO-ZO 速いフレーズのガチャピンのギター・ソロとはちょっと違うので、最初は感情を乗せるのに戸惑いました(笑)。でもライブではコミカルな動きをソロ中に振り付けで入れていて。そこが見どころです!

KOGA ギタリストなのにソロで振り付けがあるという(笑)。

──オレオさんのボーカルのトーンもいつもとは違いますよね?

オレオレオナ 体の深いところから声を出そうと意識しているこれまでの曲に比べて、今回は明るいトーンで歌っているんですよ。いつものオレオ様とはちょっと違う、ハッピー・セクシーな声が聴けます♪

まだ慣れてないんです(笑)

──ガチャガチャダンサーズのパフォーマンスはどこが見どころですか?

まい 中国語の数字、“イー! アル! サン! スー!”というかけ声で、みんなで手数字ができる振り付けがポイントです!

はな あれ、たまに間違えたりしないの? “イー!”で指3本出しちゃう、とか(笑)。

ありさ あ! 私、つい最近のライブで、初っぱなにピースを出して間違えました。まだ慣れてないんです(笑)。

はな でも私たちは中国には何度もツアーで行かせてもらっていて、中国語には結構馴染みがあるんですよ。

KOGA すでに中国のファンの方も「ガチャピンが『ドラゴンボール改』のエンディング歌ってるんだ! おめでとう!」って喜んでくれているみたいで。早くこの曲を持ってライブをしに行きたいですね。

演奏中にスティックを飛ばしてました(笑)

──今回は、そんなポップなシングルで攻めてくるのかな……と思いきや、カップリング2曲の激しいこと!

はな 「TAMASHII」は歌詞をきちんと伝える曲にしたかったんです。ガチャピンがスタートしてからいろいろなことがあったけど、こうして今、前を向いて走っているよ、っていう強い気持ちを改めて歌にしたいなっていう想いがあって。

オレオ その熱が曲の勢いに繋がっているんですよね。平歌でジワジワと昇ってきて、サビでドカーン! と爆発する流れなので、すごく感情が入りやすいですね。どんどん前のめりになっていく感じ、わかる?

はな わかる、わかる(笑)。ただ、演奏はかなり難易度が高いので、ライブを想定するのが非常に怖い(笑)。

オレオ この間リハで、みんなで音を合わせたんですけど、どうも、はなちゃんのドラムの手数が多過ぎて……。

KOGA 演奏中にスティックを飛ばしてました(笑)。歌いながら叩く人のフレーズじゃないよ!

TOMO-ZO さらに、ギター・ソロの前のオレオの激しくドラマチックなピアノ・ソロもかなりの見せ場になっています。

はな そこも自分の首を絞めてるよね。でもアレンジ・アイデアは尽きなくて、これができたらカッコいいなぁっていうフレーズがどんどん出ては「きっとできる!」って思っちゃうんですよ。

TOMO-ZO そうだね、それはよくわかる。オレオが弾き切ってから畳みかけるギター・ソロにも、音の厚みやテクニカルな部分がたっぷり入っているし。たぶんガールズ・バンドでここまでやる人はいないんじゃないかな? と、自分でも思えるソロになりました。

KOGA 一曲通してドラマがあるような曲なので、それを伝えたい一心で弾く! もうそれだけですね。

ガチャピンのひとつの特徴

──「夢喰いザメ」は、先日の『赤裸ライアー』ツアー・ファイナル(2015年5月3日@東京・渋谷公会堂)でイチ早く披露していた曲ですね。

KOGA 初めてライブで演奏したにも関わらず、“オーオオーオオー!”をみんなで歌ってくれたり、“「夢喰いザメ」がすごくよかった”って言ってくれる人が多かったということは、強く印象に残った、ということですよね。手応えはかなり感じてます。

──こういう前衛的でデジタルかつダンサブルなサウンドはGacharic Spinの王道?

はな ノリに関しては、今までにちょっとなかったアプローチなんですけど、生で録ったドラムのキックにデジタルな音色を混ぜたり、ボーカルにオート・チューンをかけたりする手法はガチャピンのひとつの特徴ではありますね。「TAMASHII」は完全に生でアプローチしていますけど、こっちはもちろん生の音もありつつ、あとから音色をいろいろ足したりしています。作っていて楽しかった(笑)。

──そう考えると、まったく系統の違う3曲が今回のシングルに揃っているんですね。

KOGA この6人が集まると「これやりたい」「あれやりたい」って、アイデアが尽きないんです。そうなると、ガチャガチャ賑やかではありますが(笑)、際限なく曲に対するアプローチの可能性が広がるんですよ。この調子で、いい意味で皆さんの期待を裏切っていきたいなと思います。

★Gacharic Spinが一問一答に挑んだ動画企画「5秒で答えて」はこちら!


リリース情報

2015.06.03 ON SALE
SINGLE「Don’t Let Me Down」
ビクターエンタテインメント

150601-YS-215502[初回限定盤/CD+DVD]¥1,667+税
150601-YS-215503[通常盤/CD]¥1,296+税
詳細はこちら


ライブ情報

詳細はこちら


プロフィール

ガチャリックスピン/F チョッパー KOGA(b)、はな(vo、ds)、TOMO-ZO(g)、オレオレオナ(vo、key)、まい(performer 1号)、ありさ(performer 2号)。2009年に結成
された超攻撃的&ド派手な最強ガールズ・バンド。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人