ken(L’Arc~en~Ciel)/放談我報OUTLET 第94談

150529-UK-121001

大のオトナが無邪気にフリー・トーク。
雑誌「WHAT’s IN?」好評連載のアウトレット!

第94談

94

150601-UK-195301
K 息子のオナラ・ブームを優しく見守るパパの弊誌編集担当①。これまでダジャレはスルーしてきたが、この日を境に考えを改めるつもり。

S レコード会社のラルク アン シエル担当。今回は久々に放談フル参戦のため、みんなに新婚生活のあれやこれやを根掘り葉掘り聞かれます。

ken 子供の頃、羞恥心を知らなかった当連載マスター。そして、人が笑わせてくれようとする心意気には全力で笑い、敬意を示すそう。

Y 娘が報告してくれるダジャレに対し、厳しく意見する二児の母のライター女史。しかし、たまに感動するほどの秀作に出会えることも。

H kenのマネージャー。幼少期にギャグ・アニメは観せてもらえなかったが、歯医者さんの待合室での愛読書は「おぼっちゃまくん」だった。

F 羞恥心とともに生きている弊誌編集担当②。苦手分野の文系、理系はムリでも、得意分野のエロなら羞恥心を忘れ、自信満々に語れる。

M 妹と仲良し姉妹の弊誌編集者。学校の友達には恥ずかしくて見せられない先生のモノマネも、妹の前でならオーバーに表現してみせます。

 

雑誌の「WHAT’s IN?」から引き続き、話題は”羞恥心”。
年齢を重ねるうちに羞恥心がなくなってきたメンバーや、徐々に羞恥心が増してきたメンバー。
それぞれの恥ずかしかった思い出を語っているうちに、羞恥心ゼロの話題に辿り着いちゃったーーなアウトレット!

 

ken Fは羞恥心まだある?

F 基本羞恥心です。

ken どういうふうにしたら羞恥心取れる?

F いや、でもかなり根深いので。

K でもさ、地元の仲良しの友達とかといるときは、あまり羞恥心なさそうじゃん?

F いや、まぁ羞恥心かどうかはわからないですけど、やっぱりその、プライド的なのがありますね。

Y あー、なるほどね。

K Fの場合、プライドと羞恥心がニアーだよね。

Y ちょっとね。わかるわかる。

F ”私は東京にいる”。

ken そこね(笑)。

Y でもたしかに羞恥心を捨てることをプライドが邪魔する場合もありますからね。”こんなところで泣くなんて、笑うなんて”とか。そう思ってる男性も多くないですか?

ken 例えば、羞恥心やプライドがあって、泣くのを我慢したことってある?

K それはないなぁ。というか、あんまり泣かない。

ken 最近映画を観て泣いたりとかは?

K なんかあったかなぁ……。

Y 小さな頃、親の前でドラマや映画を観て泣くのを我慢していたこと、ありませんでしたか?

ken テレビとか観ていると、母親が先に泣いちゃうんだよね。しかも、そんなに泣くポイントがないのに泣いているから不思議になって、泣く暇がない(笑)。

Y あはは。どうして泣いているんだろうって?

ken そうそう。悲しいシーンで泣くのはわかるでしょ? でも、幸せそうなところを見て、「幸せそうやな〜」って泣いちゃうんだよ。

H その気持ち、だんだんわかるようになってきたかも。

K うん、年齢的な問題の気はするね。

ken Kの羞恥心のピークはいつ?

K いつかなぁ。でも、小学生の頃はまったくなかったような気がする。

Y なんで小学生男子って、あんなにさらけ出しているんですかね?

ken 小学校のときは、さらけ出せば出すほど楽しかったよね。

H さらけ出している人ほど、人気だった気がする!

Y それがいつからかカッコつけるようになるんですよね?

S 中学校ではもうカッコつけてたかも。

ken カッコつけるために何してたの?

S え〜、なんだろう……。

ken 自転車かっこよく降りる、みたいな。

Y あるある! そういう男子いますよね。

ken ちょっとサドルをわざと上げる、みたいな。

H 足つかない、みたいな(笑)。

S 僕は、高校が男子校だったので近くの女子高生とカラオケとかに行って遊んでたんですけど、そのときすっごく恥ずかしかった覚えがある。

Y 女子の前でカラオケを歌うのが恥ずかしいんだ。

S そうそうそう。

ken 何が恥ずかしいの? 自分の歌の、うまい下手を評価されるのが恥ずかしいのか。

S そうですね。

Y わかるなぁ。女子と行くならやっぱりカッコイイ選曲も必要だし。

H うんうん。うまく歌えないとかっこわるいしね。

ken え、歌がうまいほうがモテるの?

H モテますよ!

Y モテますよ!

K え〜、そうだったんだ!

Y だって、すごい下手な女子がいたらどうですか?

ken う〜ん、それはそれで……。

Y かわいいとか?

ken そうね(笑)。”お、どうした?”みたいな(笑)。

S 大人になると、そのかわいらしさがわかりますよね。

ken 高校くらいだと、上手なほうがいいのか。

Y まぁ、その頃ってあまり”下手だな!”ってツッコむのも悪い気がしますしね。

H まだへこむ年頃ですよね。大人になると笑ってすませられるけど(笑)。

S そうそう。下手くそが面白いという雰囲気にもならないんですよ。

H 結構真剣にカラオケ歌ってましたよね。
ken:カラオケを!?

Y うん。勝負だったね、あの頃は(笑)。

ken 女子も?

Y そうですね。女子だけだとさらに上手に歌えることがステイタスでしたよ。今考えるとなかなか怖いですね(笑)。

ken 今カラオケに行ったら、Sくん歌ってくれる?

S いや〜、歌わないっすね。

ken なんか歌う気配ゼロだよね(笑)。その頃よりも今のほうが羞恥心が深くなったってことだよね?

S でも、なんだろう……、歌いますよ。

一同 (笑)。

S そういう空気になれば。

ken そういう空気(笑)。

S でも、基本的に、歌いたいか歌いたくないかと言われたら歌いたくはないんです。

Y もう自分の実力はわかっていますからね(笑)。

S そうそう。それに、歌いたい人が歌えばいいと思うタイプですから。

ken でも、当時はモテるためには歌わなくちゃいけない!

Y ノリが悪いって思われますからね。

S カラオケをしていると、どうしても自分の順番が回ってくるんですよ。そこで飛ばすとダサいってなるし……。

M 私はその下の世代なんですけど、よく採点とかもしてましたよ。

Y あ〜、今はテレビでもよくやってるもんね。

S そう考えると、僕は小学生の頃がいちばん羞恥心がなかったですね。

ken 男性と女性で逆の曲線を描いているね。

H ほんとだー!

Y だって、女性はみんなおばちゃんになるわけじゃないですか。

ken 今、なるべく言わないようにしていたのに(笑)。

Y 電車の座席に少しの隙間でも見つけようものなら「ちょっとそこいいですか?」って言えるようになったのも30過ぎてですからね。

H あはは。なるほどね。

Y 私、この前、若い子にタメ語で話しかけたときに、”あぁ、おばちゃんになったなぁ”って思いました。ちょっとぶつかったときに、「あ〜、ごめんね〜! 大丈夫!?」みたいな。

ken 知らない人?

Y まったく知らないんです(笑)。それに、ファミレスでもうちの子供が騒いでると、隣の女子高生とかに「うるさくてごめんね〜」とか自然と話しかけちゃうし。なんか羞恥心ゼロになりましたわ。

H ゼロまで!

ken いやいや、あるでしょう、少しは! 人前でオナラしないでしょ?

Y ……します。

S (笑)まぁ、子供ができるとまた感覚は変わりますかね。

Y うん。家でおならをすると、英雄的な扱いになりますから。

一同 (笑)。

ken それあるわ〜! 甥っ子に「おなら出ないの?」って聞かれたりするもん。

H おなら待ち(笑)。

Y そうなんですよ。息子はまだ話せないのに、おならをするだけで、「うわっはっはっは!」っておじさん顔負けの馬鹿笑いするんですよ。そこでもう一回やってっていうジェスチャーをすごいするんです。

ken なんでオナラって面白いの?(笑)。

Y 音じゃないですか?

K そりゃそうですよ。息子は自分でする派なんだけど、「出る出る出るー」って言って僕の前まで来て、ブッ! ってやって、「ギャハハハー!」って。

H 予期せぬ感じがいいんじゃないですか? どんな音が出るとか予想できないじゃないですか。

ken クシャミの音は想像つくけどオナラはわからないね。チューニングできないの?

H 自分が”こうしたい”と思ってもできないじゃないですか?

ken 俺、低音方向にはチューニングできるけど高音方向にはできない(笑)。

一同 (笑)。

K なんか高音のほうが簡単そうじゃないですか?

H しぼめればね。

K そうしぼめれば。

一同 (爆笑)。

ken え? たぶん俺最初っからしぼまってるから、それ以上のしぼまりができないのよ。

K あー、なるほどね。限界まで閉じてるんだね。

ken 限界まで閉じてる。

K 限界まで閉じてるんだ(笑)。

H じゃあ、kenさんの普通は、高い音ってことですか?

ken ……それほどでもない(笑)。

一同 (笑)。

H (笑)。あーおかしい、オナラ話でこんなに盛り上がっちゃった。

 

文●吉田可奈
撮影●三吉ツカサ
ヘア&メイク●荒木尚子(Octber.)
スタイリング●高見佳明

 

今月の”おみや当番”【S】

老舗だからこそ出せる優しい味のしょうが焼

麻布十番にある創業30年のお弁当とお食事の名店「じゅうばん」。揚げ物が有名な店であるが、あえてのしょうが焼弁当をセレクト。
omiya94

 

インフォメーション

ケン/1994年にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビューしたL’Arc~en~Cielのギタリスト。5月29日に国立競技場にて開催される「SAYONARA国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT」に出演する。シングル「EVERLASTING」を8月13日にリリース。秋には、LIVE Blu-ray / DVD「L’Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」をリリース、12月には「DOCUMENTARY FILMS ~WORLD TOUR 2012~」を映画化することも決定している。Twitter、Amebaブログも大好評!

 

バックナンバーはこちら >>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人