ken(L’Arc~en~Ciel)/放談我報OUTLET 第96談

150529-UK-121001

大のオトナが無邪気にフリー・トーク。
雑誌「WHAT’s IN?」好評連載のアウトレット!

第96談

96

150601-UK-195301
K 凝り性であり、雑学王である弊誌編集担当①。いつも話題に上る調理器具、PC機器、時事問題など、なんでも知識ふんだんに説明してくれます。

S 落ち着いていそうで、実はせっかちな性格が露呈したレコード会社のラルク アン シエル担当。またガタイの良さが料理に活かせてないことも発覚。

ken 自宅からお鍋持参でやって来た、おみや当番の当連載マスター。リッチな具材と前日からの仕込み作業という愛で、メンバーを全力でおもてなし。

Y 放談メンバーの知りうる限り、身近でいちばんせっかちなライター女史。雑誌の「WHAT’s IN?」では、そのせいで招かれた危険な体験談を披露。

H すり下ろしりんごブーム時に、カレーの中に2個ものりんごをすり下ろして入れたという豪快な一面をもつ、kenのマネージャー。

F 唯一持っている香辛料はブラックペッパー。それを即席の蕎麦に大量に入れると、富山ブラックに近い味になることを発見した弊誌編集担当②。

M ローリエを入れたカレーを作っていたのはもう遠い昔。編集部に入ってから料理を作る時間がなくなり、最近の夜ご飯はお弁当の弊誌編集者。

 

雑誌の「WHAT’s IN?」では、おみや当番のkenが手作りカレーを振る舞い、それを堪能したメンバーたち。

そこからメンバーそれぞれの香辛料や調理器具などのこだわりの話へ。しかし、その中にとことん、こだわりをもってないメンバーもいた————————なアウトレット!

 

ken Fがキッチン用品で新しく欲しいものは何?

Y そうそう。トングとか。

F んー、お玉とかも100均で買ってるし……。

ken お皿は?

F お皿は、紙皿を使ってます。

一同 えー!?

H 自分の家だよね?

F はい。最初にひとり暮らしを始めた頃は、ちゃんとした食器を使っていて、食器ブームもあったんですけど……。

H ブーム(笑)。

ken じゃぁ、どこ行っちゃったの、その食器は?

F 食器棚に。

一同 (笑)。

ken それは洗いたくないってこと?

H めんどくさいの?

F うーん、洗いたくない。

Y どんな料理でも紙皿に乗せるの?

F う〜ん。でも、クリスピーがメインだから……。

一同 クリスピー?

ken ……誰?

一同 (笑)。

F あの、チョコのです。

S あぁ! あの(ココくんの)チョコクリスピーね!

H それを家で食べるんですね。

F 作るものと言えばそれくらいですかね。

ken 作ってないじゃん! それ作ってないじゃん!

一同 (笑)。

Y それって紙皿は浅いやつなの? 深いやつなの?

F いろいろ取り揃えてます。

一同 (笑)。

K 偉そうだし!(笑)

ken ほかの料理は作らないの?

F ご飯を炊きます。

ken そのご飯のおかずは何?

F 鮭フレークです。

H 会社ではお菓子を食べて、家に帰ったらご飯に鮭フレークをかけて晩ご飯にしてるんだね。

Y 休日はどうしてるの?

F 休日は寝てて。

ken いやいや、食べ物!(笑)

K 食生活だよ、食生活!

F 寝ていて外に行けないから……。

K 寝ていて外に行けない!?

Y わからん(笑)。

H 外に出なくてどうするの?

ken 異次元の話になってきた……。

K そうそう、だんだんね。

S 食べずに終わるの?

F 限界が来たらご飯を炊きます。

Y もしさ、Fちゃんに子供が産まれて、1日3食作らなきゃいけないってなったら、ちゃんと作れるの?

F 産まれたら作る……んじゃないかな……?

ken ハンバーグとか作れる?

F (……ハンバーグ)

Y ねぇ! 今、息しか出てなかったよ!(笑)

M でも、私も編集部に入ってからは忙しくて自炊できなくなったので、帰りに牛丼を買って帰ってます。

H そうなるよねぇ。

M 学生の頃は、カレーもハンバーグもロールキャベツも作ってました。

ken じゃあお料理道具は今もあるの?

M ありますけど、引き出しの奥に……。

H 調味料も賞味期限が切れてきちゃうんだよね。

M あ、でも調味料だけ集めたくなって、牛丼にいろいろかけてアレンジしたりしてます。

ken じゃあ“これヒットだ!”っていう調味料は何?

M 牛丼には入れないですけど、最近ハマったのが香味ペーストですね。チャーハンに入れてもいいし、スープに入れたら一発で中華スープになります。

Y 調味料ちゃんと使ってる人って、すごくオシャレなイメージがありますよね。ローリエとか!

ken 俺は昔、カレーにローリエを入れてたんだけど、どこの味になってるのか、わかんないんだよね。

S 煮込み系に入ってるイメージありますよね。

Y 葉っぱが入ってるっていうだけでもうシャレてんなって思う(笑)。

H 今ネットで調べたところ、ローリエは「肉・魚介類の臭み消しの効果が強い」ですって。

K なるほど!

ken Fは香辛料とかスパイス系で持ってるものって何?

F ブラックペッパー!

H 何に使うの!?

F 蕎麦です。

一同 えー!

S 蕎麦にブラックペッパーをかけるの!?

ken それって自分で編み出したの?

F この前、編み出しました。富山ブラックみたいな味で、すごくおいしかったです。

Y 富山ブラックって何?

K ラーメン。

F そもそもラーメンだと思って買ったのが、蕎麦だったんですよ。

H なんで? なんでそこ間違えるの!?

F 買って帰って家で開けてみたら、蕎麦だった。

S 蕎麦って言っても、中華蕎麦ね。

F そう、そういうことなんですよね。

ken どういうこと?(笑)

K 今、随分根底覆った感じがするけど、またどういうこと?

ken 中華蕎麦だと思って買ったら、普通の和蕎麦だったってこと?

F あ、そうですそうです。ちょっと東京来てから蕎麦が何かがわからなくなって。

K 大丈夫か、お前。

F 岡山ではほとんど蕎麦を食べてなかったので。

ken あ、だから“この色の麺は和蕎麦で、こっちが中華蕎麦だ”っていうのがわかんなかったってこと?

F 開けて和蕎麦の色だったけど、茹でたら……。

H ラーメンになると思ったんだ!(笑)

Y (笑)。

ken 開けてまだ気づかず、茹でても黄色くならないな、って?(笑)

F そこで“本物の蕎麦だ!”と思って。

H で、ラーメンの気分だったから、蕎麦じゃ物足りなくてブラックペッパー入れたんだ。

F 5個買ったんですけど、まず1個目はそのまま食べて。でも味が薄いから“水の量を間違えたんだな”と思って、2個目は水を少なくしたのにまだ味が薄いから“これは水が問題じゃない”となり、“やっぱしょっぱいもんだよな”と思って、大量にブラックペッパーを入れました。

K そしたらおいしくなったの?

F すごくおいしくなりました。ただ蕎麦自体、普段食べないから、残りの3個はまだ食べてないんですけど。

ken たまにそういう人に会うんだけど、あんなにおいしいのに、どうして?

F きっと、まだいい蕎麦を食べたことがないからだと思います。蕎麦屋さんに入っても、うどんがあったらうどんに行っちゃうし、カツ丼があったらカツ丼にいっちゃうんですよね。

K うどん派なんだね。

ken どこが好きなの?

F ぬるぬるしているところ。

一同 (失笑)。

K うどんに対する表現の中で、人生で初めて聞いた……。

Y 岡山出身なら、讃岐うどんをよく食べるんでしょ? それでもぬるぬるっていう表現になるんだ。

K あの食感がいいんだね、じゃあ。

F 表面ですかね。

H (笑)。表面ね。

S 表面がぬるぬる(笑)。

ken じゃぁ、最初から蕎麦じゃなくてうどん買えばいいじゃん。

F それは信州のお土産で。

K あ、もらったんならしょうがないね。

F いや、自分で自分に買ったんです。

ken じゃぁどう考えても蕎麦じゃん。

H 信州といえば、信州蕎麦ですからね。

S 信州に行って、ラーメンをおみやげに買って帰ろうと思ったら、蕎麦だったんだね。

Y それをブラックペッパーで食べたのね……。

H きっと、普通に食べたらおいしいお蕎麦だったと思うんだけどな……(笑)。

Y そうですね〜、たぶんお上品なね。

 

文●吉田可奈
撮影●三吉ツカサ
ヘア&メイク●荒木尚子(Octber.)
スタイリング●高見佳明

 

今月の”おみや当番”【K】

kenが腕によりをかけた手作り熟成カレー

具材とルーを別の鍋で仕込み、具材も三段階調理。そのまま食べてもおいしい具材たちがふんだんに投入された贅沢な一品に!

omiya96

 

インフォメーション

ケン/1994年にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビューしたL’Arc~en~Cielのギタリスト。5月29日に国立競技場にて開催される「SAYONARA国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT」に出演する。シングル「EVERLASTING」を8月13日にリリース。秋には、LIVE Blu-ray / DVD「L’Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」をリリース、12月には「DOCUMENTARY FILMS ~WORLD TOUR 2012~」を映画化することも決定している。Twitter、Amebaブログも大好評!

 

バックナンバーはこちら >>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人