ヘンテコ・サブカル・ビジュアル系バンド“えんそく”に注目!

2015.05.07

M-20150507-MK-1953

今知っておきたい、注目の新人ビジュアル系バンド

『えんそくの大予言』というミニ・アルバムをリリースしたばかりの4人組ビジュアル系ロック・バンド、えんそく。
ひらがなで“えんそく”という名前でもちょっとどうかと思うのに、それがビジュアル系バンドの名前だなんて、それだけでも先入観を持ってしまう人もいるのではないでしょうか。

歌詞は大槻ケンヂや舞城王太郎の小説を連想させるサブカル具合、サウンドはメタル、打ち込み、パンクなど幅広く、名前やジャケット写真の通り一筋縄ではいかないヘンテコ・バンドなのですが(青春パンク風の曲に「ブルーハーツ」というタイトルを付けるひねくれ具合である)。

こういう風貌でもライブ・バンドとして定評があり、昨年のライブ数は100本を超えたそうで、初見でも楽しめるライブ・パフォーマンスが評判を呼び中心にじわじわとビジュアル系ファンの間で人気も広まり始めているのです。

そんな“えんそく”ですが、4月から来年の3月まで12ヵ月の間毎月東京と大阪でワンマン・ライブを敢行しています。
東京のライブは毎月ニコニコ生放送で生中継も行っています。
気になる人は「えんそく」で検索してチェックしてみては?

TEXT BY 藤谷千明

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人