【今週のオリコン】AKB48、通算34作目&34作連続シングル首位!アルバム1位は、YUKI

2017.03.21

【シングル】
AKB48の最新シングル「シュートサイン」(キングレコード/3月15日発売)が、発売初週に102.5万枚を売り上げ、今週発表の最新3/27付オリコン週間シングルランキング(集計期間:3/13〜3/19)で初登場1位を獲得した。
AKB48のシングル1位獲得数は「RIVER」(2009年10月発売)から34作連続となる通算34作目。あわせて、同グループが、ともに⼥性グループ歴代最高を誇る「シングル通算1位獲得作品数」と「シングル1位獲得連続年数」(2009〜2017年の9年連続)、また⼥性アーティスト歴代最高の「シングル連続1位獲得作品数」をいずれも更新した。
またAKB48は、同グループが全アーティスト歴代最高を誇る「シングルミリオン達成作品数」を通算29作目、同じく「同・連続達成作品数」も「桜の木になろう」(2011年2月発売)から28作連続にそれぞれ塗り替えた。
メジャー47作目(※配信限定作含む)のシングルとなる今作表題曲のセンターポジションを務めるのは、今年4月にグループ卒業を控えている小嶋陽菜。今作はAKB48グループをスタートから支えてきた“こじはる”にとって、同メンバーとしてのラストシングルで、TYPE-A、B、C(いずれも通常盤・初回限定盤の2種)と劇場盤には、小嶋の卒業ソング「気づかれないように…」も収録されている。

【シングル、その他のトピック】
◆V6の最新シングル「Can’t Get Enough/ハナヒラケ」(エイベックス・トラックス/3月15日発売)が2位に初登場。初週売上は12.9万枚で、前作「Beautiful World」(2016年6月発売:最高1位)の累積12.7万枚を初週で上回った。
また同グループは、「シングルTOP10⼊り連続年数」【※】も1995年(1995/11/13付「MUSIC FOR THE PEOPLE」で3位を獲得)を⽪切りに23年連続に更新し、これまで同じく22年連続でならんでいた安室奈美恵を抜き、同記録におけるアーティスト歴代単独1位となった。
【※】達成年のカウントはオリコン年間ランキングの各年度集計期間に準拠。
◆人気シリーズ「アイドルマスター」(以下:アイマス)の関連作で、「シンデレラマスターシリーズ」最新作となる「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 046-048 乙倉悠貴・松永涼・依田芳乃(追い風Running/One Life/祈りの花)」(日本コロムビア/3月15日発売)が初週売上2.8万枚で3位に初登場した。
◆flumpoolの最新シングル「ラストコール」(A-Sketch/3月15日発売)が4位に初登場した。初週売上は1.5万(15,302)枚で、前作「FREE YOUR MIND」(2016年11月発売:最高6位)の初週売上(14,747枚)を上回るスタート。今作表題曲は、今月25日に前篇が公開される映画「サクラダリセット」の主題歌に起用され、カップリングには5月公開の同映画後篇エンディングテーマの「ナミダリセット」も収録される。
◆男性5人組ムード歌謡グループ・純烈の最新シングル「愛でしばりたい」(日本クラウン/3月14日発売)が初週売上1.1万枚で5位に初登場した。今作は、前作「幸福あそび/愛をありがとう」(2016年5月発売:累積2.2万枚)の初週0.9万枚と最高14位をともに上回る自己最高スタートとなり、同グループは初のTOP10⼊りにとどまらず一気にTOP5⼊り。演歌・歌謡部門では1位を獲得した。

【アルバム】
YUKIの最新アルバム『まばたき』(エピックレコードジャパン/3月15日発売)が、発売初週に3.0万枚を売り上げ、今週発表の最新3/27付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:3/13〜3/19)で初登場1位を獲得した。
YUKIのアルバム発売は前作『FLY』(2014年9月発売:最高2位)から2年半ぶり。また、アルバム1位獲得は通算6作目(ベスト盤含む)で、『megaphonic』(2011年8月発売)が2011/9/5付で獲得して以来5年7ヵ月ぶりのこととなる。
今作はソロデビュー15周年を迎えたYUKIにとって8作目となるオリジナルアルバム。TVアニメ「3月のライオン」第2クール(NHK総合)のオープニングテーマに起用されたシングル「さよならバイスタンダー」などを含む全13曲が収録されている。

【アルバム、その他のトピック】
◆KEYTALKの4thオリジナルアルバム『PARADISE』(ビクターエンタテインメント/3月15日発売)が初週売上1.5万枚で2位に初登場。3rdオリジナルアルバム『HOT!』(2015年5月発売)が記録した4位と初週売上1.4万枚をともに上回り、アルバム自己最高の好スタートとなった。なお同バンドは、9月10日に横浜アリーナにて初の単独公演を開催することが決定している。
■第89回アカデミー賞最多6部門を受賞し、現在日本でも公開中の映画「ラ・ラ・ランド」のサントラ盤『ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)』(ユニバーサルミュージック/2月17日発売)が、週間売上1.3万枚で3/13付の4位、3/20付の3位に続いて、3週連続のTOP5⼊りとなる3位にランクイン。実写洋画サントラによる3週以上の連続TOP5⼊りは、『8マイル〜ミュージック・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピクチャー』(2002年10月発売、2003/6/2〜30付の5週連続)以来、13年9ヵ月ぶりとなった。
■ダンス&ボーカルユニット、w-inds.の12thオリジナルアルバム『INVISIBLE』(ポニーキャニオン/3月15日発売)が初週売上1.2万枚で4位に初登場。アルバム通算8作目(ベスト盤含む)のTOP5⼊りを果たした。今作には、シングル「Boom Word Up」「Backstage」「We Don’t Need To Talk Anymore」の3作のほか、メンバーそれぞれが全作詞を手掛けたソロ楽曲を含む全13曲が収録されている。
■文化放送にて放送中のラジオ「神谷浩史・小野大輔のDear Girl 〜Stories〜」の番組として2枚目となる「神谷浩史+小野大輔」名義のアルバム『Coin toss Drive』(U&R records/3月15日発売)が、初週売上1.0万枚で5位に初登場。前作『Stories』(2011年4月発売)が記録した最高12位を上回り、初のTOP5⼊りを記録した。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


170320-CI-2120001

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人