E-girls発のスダンナユズユリーとは?同世代女子へ贈る、ヒップホップユニットの野望

スダンナユズユリー

ヒップホップに魅せられた須田アンナ(E-girls/Happiness)、YURINO(E-girls/Happiness)、武部柚那(E-girls)からなる、1ボーカル、2MCのガールズヒップホップユニット“スダンナユズユリー”がシングル「OH BOY」でデビュー! 今回は「独自のスタイルをみせていきたい」と語る、彼女たちの人柄に迫る。

INTERVIEW & TEXT BY 永堀アツオ


人の目を気にせず、自由に楽しく、自分を表現できる

──3人ともヒップホップとラップが好きということですが、どんなところに魅力を感じますか?

須田アンナ 私たちもそんなに詳しいわけではないので語れるほどではないんですけど、人の目を気にせず、自由に楽しく、自分を表現できる音楽だなって思うんですね。

自分の言葉で、自分の声で、自分のやり方で表現できる楽しさ……あと、言葉遊びをしながらも、誰にも崩されたくない自分の意思を伝えられる歌詞も面白い!

派手で目立ちたいっていうファッションも芯が通っていてカッコいいなって思いますし、憧れますね。

YURINO 私はダンスから入ったんですけど、ヒップホップには、ダンスもあれば音楽もあるし、ファッションやグラフィティといろんな表現方法がある。

いろんなカルチャーが詰まっているから、音楽だけにとどまらず、いろんなところから発信して、それを人とわかち合えるのが楽しいです。

武部柚那 私は元々歌手になりたいと思っていたんですけど、バラードはもちろん、歌いながらがっつり踊れるアーティストになりたいとも思って、小学生の時にヒップホップダンスを始めました。

そこからダンスも好きになったので、今でも自然と体が動き出しちゃうのはヒップホップがルーツになっているからかもしれません。

170308-ys-214001

3人の中でいちばん乙女

──昨年のHappiness初の単独ツアーで披露した「こんにちWhat’s Up!」が1stシングル「OH BOY」に収録されてますが、自己紹介の曲になっていますよね。

YURINO 元々は練習曲だったんですよね(笑)。最初はラップの作り方がわからなかったので、DOBERMAN INFINITYさんに勉強会を開いてもらいイチから教えていただきました。

DOBERMAN INFINITYさんと一緒に会議室に入って、それぞれが書いた「自己紹介の作文」から言葉を選んでラップにして完成したのが「こんにちWhat’s Up!」です。

──まず、スダンナさんのバースがあります。

YURINO 歌詞にあるようにまさに“弾丸”。ぴったりだなと思います。

武部 ラップとかだと低い声で、強気な感じなんですけど、普段はおしゃべりだし、明るくて、本当にずっと元気なんです。でも、実は女の子っぽいところもあって、3人の中でいちばん乙女かなって思います。

170308-ys-214101

いちばんのしっかり者で、つねに燃えてる

──続く柚那さんは“負けず嫌い”というフレーズから始まって。

須田 負けず嫌いだからここまで来たんだと思います。よく悔し泣きするんですけど、そこでへこたれずに、「できないけどやってみる!」みたいな根性がすごくて。だからどんどん成長していくんですよね。

レコーディングでディレクターさんに「これできる?」って言われたときも、絶対に「できません」とは言わない。「はい」って答えて、例えできなくても、できるまでやり続ける子ですね。

YURINO 柚那は年下なんですけど、このグループでいちばんのしっかり者で、つねに燃えてる。いつもすごいエネルギーに満ち溢れているイメージがありますね。

武部 いや〜、恥ずかしい(笑)。自分で「できない」って思いたくないですし、可能性をあきらめたくないんです。できないことがあるのは当たり前なんですけど、そこで終わるんじゃなくて、まずはやってみて何事も自分なりの答えを出したいんです。

──先輩ふたりに弱音を吐いたりはしない?

武部 すぐに泣いちゃうんですけど……。

須田 最終的に弱音を吐く自分に怒ったりするよね? そういう熱さがありますね。

170308-ys-214201

やればやれるほど自分らしさがどんどん出てくるんじゃないか

──YURINOさんは自己紹介というより……。

須田 “家族のヒカリ”ってお姉ちゃんの名前ですしね(笑)。

YURINO そうなんです! 家族のことをリリックにしました。「自己紹介の作文を書いてきて」って言われたときに、生まれた場所と私を産んでくれた親のことが真っ先に出てきたので、それを素直に書きました。

まだテクニックは未熟ですが、やっぱりラップは楽しい! 自分で書いたリリックだからこそ、こんなに楽しいんだと思うし、やればやれるほど自分らしさがどんどん出てくるんじゃないかなって思います。

──そんなYURINOさん自身はどんな女性ですか?

須田 子供ですね。21歳になる時に、「超嫌だ」って、ずっと言ってました。

YURINIO 嫌です。大人になりたくない(笑)。

須田 あはははは。自由奔放だから、大人を求められるのが苦手なんですよね。

YURINO そろそろやばいけどね。

須田 我が道を行くヒップホップスタイルが誰よりも好きで、それを貫いてますね。

武部 YURINOさんにしかできないスタイルがあって。YURINOさんが持ってるものとか、全部、かわいくてオシャレなんですよ。

普段は、あんまりおしゃべりなほうではないんですけど、急にスイッチが入るとすごく爆笑することがあります。しかも、ツボにはまって笑ったかと思えば、それが一瞬で冷める!

須田 そこが子供っぽいところなんですよね。「遊んで〜」って言ってはしゃいでたのに、次の瞬間には「疲れた~」って言って寝てるっていう(笑)。

170308-ys-214701

同世代の女の子に楽しんでもらえるようなムーブメントを起こしたい

──(笑)。グループとしてはどんなメッセージを伝えていこうと?

須田 自分たちの感性で捉えたものをガールズヒップホップというフィルターを通して発信したいですね。E-girlsやHappinessよりも等身大な……より素に近いと思うので、スダンナユズユリーを通して、同世代の女の子がヒップホップを好きになってくれたり、派手な格好に抵抗なく楽しんでもらえるようなムーブメントを起こしたいですね。

それに、きっと、私たちみたいにラップをやりたい女の子ってたくさんいると思うんですね。今、ラップはブームになっているし、同世代の女性ラッパーもたくさん出てきているので、このトレンドを引っ張っていけるように頑張りたいです。

スダンナユズユリーの「5秒で答えて」はこちら!

170308-ys-214301


プロフィール

須田アンナ(E-girls/Happiness)、YURINO(E-girls/Happiness)、武部柚那(E-girls)からなる、1ボーカル、2MCのガールズヒップホップユニット。2017年3月1日にシングル「OH BOY」でデビュー。

オフィシャルサイト


リリース情報

2017.03.01 ON SALE
SINGLE「OH BOY」
rhythm zone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人