宮野真守、坂本真綾も登壇!映画「SING/シング」完成報告会見開催。宮野と内村光良の意外な繋がりとは!?

3月17日より全国公開される米アニメ映画「SING/シング」の日本語吹替版がついに完成。主人公のバスター・ムーン(コアラ)役の内村光良のもと、長澤まさみ、斎藤司(トレンディエンジェル)、大地真央、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守といった、超豪華なキャストが初めて一堂に会した完成報告会見が行われた。

愛する劇場を立て直そうと奮闘する主人公のコアラのバスターを演じた内村は「本当に初めてのことばかりで修行のようでした(笑)。やっぱり声のプロは違うなと日々勉強でした。キャストも豪華ですし、家族みんなで観ていただきたい作品です」、ロックへの強いこだわりを持つパンクロック少女のヤマアラシのアッシュを演じた長澤は「吹替えする中でも、今回は歌わなければならないということでプレッシャーを感じていましたが、思いっきりパンクにロックにキメてみたので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」と語った。

歌って踊れるハイテンションなムードメーカーのブタのグンターを演じた斎藤は「動物のキャラクターということで、今回お話しをいただいたとき、“カッパ”じゃなくて “ブタ”なんだと意外なキャストティングでしたね。音楽プロデューサーの方に、上手い上手いと褒めちぎられて、8時間の収録を2時間で終わらせるという天才ぶりを発揮しました」、ビッグマウスで自己チューな世界最小ジャズシンガーのネズミのマイクを演じる山寺は「イルミネーション作品はずっと予告編の声を担当させていただいたり、小さな役でも出演し続けているのですが、今回予告編を観たときに、メインの役をやりたい! と切に思っていたんです。最高の作品に仕上がっています!」とコメント。

25匹の子ブタたちの育児にてんてこまいな、主婦のブタのロジータを演じた坂本は「今回のように、作品の中で歌をたくさん歌うことはあまりないのですが、斎藤さんとのデュエットも楽しめました(笑)」、ドラ息子だが情が厚く、主人公バスターの良き理解者であるヒツジのエディを演じた宮野は「今回うれしかったのが、内村さんの親友役を演じられるということです! テレビの中で観ていた憧れの方だったので、ご一緒できて本当にうれしいです」と語り、エディのおばあさんで、バスターの憧れの歌手であるヒツジのナナを演じた大地は「吹替えは久しぶりでしたが、本当に楽しかったです。60曲以上流れる楽曲を楽しめますし、素敵な皆さんが吹き替えしているので、ぜひ吹き替え版で観ていただきたいと思います!」と、それぞれ思い思いに挨拶した。

その後、ついに完成した吹き替え版の映像をその場で初公開。歌唱シーンは本作の見どころのひとつで、1本目は、内村演じるバスターと長澤演じるアッシュが、カーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」のを歌うシーン。映像が流れ終わると、その完成度の高さから、会場からは拍手が沸き起こった。

アフレコの感想を尋ねられると内村は「恥ずかしいですね、今観ていても手に汗握ってしまいます(笑)。僕が歌っているとき若干、ジェプセンの曲の音量上がっていますよね!? 僕は今回歌手の役ではないので、素人の僕と歌の上手いまさみちゃんとで、良い対比になっているかなと思います」と振り返った。

また、いろんな想いを抱えるキャラクターたちにいつも前向きなメッセージを贈る、自身が演じたバスターを演じてみて印象に残った台詞を問われると、「みんなに嘘をついて途中ドン底に落ちてしまうのですが、“ドン底に落ちたらあとは上がるだけだ!”という台詞が好きですね」と明かした。

一方の長澤は、アフレコ時について「発音の先生もついていらしたんですけど、結構厳しくてなかなかOKが出なかったんです……。あまり思い出したくないですね(苦笑)」とアフレコ時の苦労を明かし、自身で演じたアッシュの魅力について問われると「彼氏に浮気されて落ち込むような、女の子らしいところもあるので、女子は共感して観てもらえると思います。興奮する身体からトゲが飛ぶところとかも可愛くて、スパイスの効いた女の子でしたね」と語った。

次に、歌ウマ芸人としても有名な斎藤が、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」、山寺がビング・クロスビーの名曲「ペニーズ・フロム・ヘブン」を披露するシーンを公開。

本作に参加したことでハリウッドへの第1歩を踏み出せた、とコメントを残していた斎藤は、改めて自身の歌声聴いての感想を問われると「山寺さんの素晴らしい歌声を聴いたあと、でっかい声で言えないですが……将来はスーパースターになりたいという夢があるので、その一歩に近づけた感じがします」と回答。

斎藤にとって大先輩にあたる内村だが、斎藤のシーンを観ての感想を問われると「自分のギャグも盛り込んでいるようですね」と指摘。それに対し斎藤は「スタッフの方に “ぺ”を入れてくれと言われて、盛り込んでみました。アメリカに確認出ししたときに、外人は意味がわからなかったようで“What is <ぺ>?”と言われましたよ」と明かすと、会場は笑いに包まれた。

一方、このほかにも数々の曲を映画で披露しているだけでなく、1発録りだった曲もあるという山寺は、アフレコ時を振り返り「最後にシナトラの<My Way>を歌うんですけど、後半部分は1発でOKが出たんです。オリジナル版で歌っているセス・マクファーレンは<テッド>の監督で、歌手としてグラミー賞にノミネートされる実力を持っている方なので、かなりプレッシャーでした。ほかに加山雄三さん、布施明さんなども参考にして(笑)、動画をあさりまくって研究しました」と明かした。

次に、声優としてはもちろんのこと、アーティストとしても活躍する坂本が、ケイティ・ペリーの「ファイヤーワーク」と宮野と内村の共演シーンを公開。

坂本はアフレコ時を振り返り、「英語の発音が難しくて、なかなかOKが出ず苦労しました。ロジータはお母さんなんですけど、女の子らしいところがあるのでキュートな部分を出せればと思い演じました」とコメント、一方、宮野は「エディは親のスネかじりだけど、いいやつです。自堕落な生活を送っているんですけど、内村さん演じるバスターと一緒に困難を乗り越えていくことで、エディは人生にやる気を見出していくというところが、ステキなところだと思います」と自身が演じた役の魅力を語った。

そして、実は内村と繋がりがあるという宮野だが、その繋がりとは同じトレーニングジムに通っていることだそうで「そのジムの社長にトレーニングを受けているんですけど、その方を通して内村さんがどこを鍛えてるとか、よく聞いています(笑)」と明かすと、内村も同じだったようで「僕もその社長を通して、宮野さんの情報は来ていますよ。どこを鍛えているのかとか(笑)」と明かし、不思議な縁を感じますね」としみじみ語った。

最後に、大地演じるナナの初登場シーンを公開。久々のアフレコだったという大地は「90歳を超えるおばあさんの役なんですけど、元スター歌手でパワフルなオーラを感じる役なので、しゃべるテンポやトーンは、90歳という年齢を感じさせないように演じました」と役づくりについて明かした。

今回登壇したゲスト以外にも、歌唱力抜群にして超絶シャイな女の子、ゾウのミーナ役にMISIA、そして歌手の夢を諦められない父親思いのゴリラ・ジョニー役にスキマスイッチの大橋卓弥ら、豪華なキャストが揃う本作。すでにふたりの声も聴いたという内村は、「本職が歌手の方なので、歌がお上手なのは当たり前なのかもしれませんけど、“え、何? お芝居もできんの?”と驚いてしまうほど、お芝居もうまくて、本当にすごいなと思いました」と語った。

また、個性豊かな動物たちが、それぞれの想いを持って人生を変える歌のオーディションに参加する姿を描く本作にちなみ「皆さんの人生が変わったなと思う瞬間はどんなときですか」という質問が出ると、キャスト陣はそれぞれに自身のエピソードを披露。

大地「宝塚に入ったときと、トップスターになったときですね。ひとりの人生をドラマの中で生きるというのを体験して、メンバーを引っぱっていく役目になって、仕事に対してのプロ意識が芽生えました」

宮野「僕は7歳から子役をやっていて、18歳で初めて声優をやったときに世界が広がったんですね。今では、アーティストとしても活躍することができています」

坂本「私も子役をやっていたんですが、15歳のときに歌手デビューしたんです。そのオーディションの日に、学校の用事で時間に遅れてしまって、結局いちばん最後に受けさせてもらったんですけど、それが印象的だったのか、受かりまして(笑)、本当はよくないことですけど、結果的にはよかったですね」

山寺「僕は仙台の大学に通っていたんですが、女の子とイチャイチャするキャンパスライフを夢みていたのに、紆余曲折して結局、落研に入ってしまったんです(笑)。でも、そこで、みんなを喜ばすことに喜びを感じて、今の仕事に就いています」

斎藤「M-1と言いたいところですが、、、23歳のときに “頭皮”がひらけたことですかね。。。大人より大人だとか、親父より先に死にやがってとかなんか言われましたね、はい」

長澤「映画の中のキャラクターたちのようにオーディションを受けて、東宝シンデレラに受かったときだと思います」

内村「<お笑いスター誕生!>という番組で、ギリギリ入賞したときだと思います。あそこで受からなかったら今はないと思いますね」

それぞれの個性豊かなエピソードに会場からは笑いも起こる場面などもみられた。

続いて質疑応答タイムに移ると、記者からは以下のような質問があがった。

【全員への質問】
Q:皆さんが演じられたのは、コアラ、ヤマアラシ、ブタ、ひつじ、ネズミなどなど、動物だけど、まるで人間のような、それぞれかなり個性のある役でした。いちばん吹き替えたキャラクターと似ている! と思う人は誰ですか?
また理由もお聞かせください。

以下の通り、それぞれに当てはまる人を指さすキャスト陣。

・内村、長澤、斎藤、坂本、宮野 → 斎藤(ブタのグンター)
・山寺、大地 → 内村(コアラのバスター)

斎藤を選んだ理由について内村が「斎藤のために作られたようなキャラクターですよ」というと他キャスト陣もその意見に賛同。それに対し、斎藤は「特に役作りをする必要もありませんでしたね」ととぼけ、会場を沸かせた。

内村を選んだ理由について山寺は「鼻を黒くしたらまんまですね!」と容姿が似ているとし、大地は「もうそのまんまじゃないですか! 前向きで明るいキャラクターが、私が内村さんに抱いているイメージとピッタリです」と明かした。

【内村への質問】
Q:今年、理想の上司1位に選ばれました、今回の吹き替えの役バスターも皆をまとめる中心人物。ご自身としては、こういう風にみられていることをどう思われますか? またご自身が思う理想のリーダーの条件は何ですか?
内村「恐縮です。各番組のスタッフが優秀なので、そのおかげでそう見えているんじゃないでしょうか。今日も助けられていますし。僕は、高倉健さんが好きで尊敬しているので、 “自分の背中で教える”という感じが好きです。なんつって(笑)」

【長澤への質問】
Q:アッシュはパンクロックな少女ですが、長澤さんご自身はどういうジャンルの音楽がお好きですか? 歌ってみていちばん大変だったのは?
長澤「まんべんなく好きです。この映画の中ではシナトラが好きで、山寺さんの声にとても感動しました。大きい声でシャウトしたり、声を伸ばす部分が大変でしたけど、今舞台をやっていて、ちょうどボイストレーニングも受けていたのでタイミングが良かったです(笑)」

最後に、内村より「吹替え版もオリジナル版も豪華なキャストが演じていて、どちらも素晴らしいものに仕上がっているので2本共、2度観てもきっと楽しめると思います。個人的には大地さんの歌が聴けないのが残念ですが……みんなの歌は本当に圧巻です! 僕は弱者が一致団結して困難を乗り越えていく話が好きなのですが、この作品もそうで、心揺さぶられました。本当に素晴らしい作品に仕上がっていますので、ぜひ劇場でご覧ください」とコメントし、イベントは終了した。


映画情報

「SING/シング」
2017年3月17日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他
【吹替え版】
演出:三間雅文
日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央、MISIA
配給:東宝東和
(C)Universal Studios.


映画「SING / シング」公式サイト
http://sing-movie.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人