信頼のイケメン揃い!防弾少年団をはじめとした2017注目のK-POPボーイズ

英チャートにもランクインした今最もホットなK-POPグループ:防弾少年団

2016年、最もホットだったK-POPのグループといえば、ダンスヒップホップグループの防弾少年団(BTS/通称バンタン)。昨年秋に韓国でリリースした2ndアルバム『WINDS』の年間売上が韓国内で1位になり、全米アルバムチャートの「ビルボード200」では韓国アーティスト歴代最高位(26位)を記録。イギリスのオフィシャルアルバムチャートにも韓国アーティスト初のランクイン、日本でも2度目のアリーナツアーで14万4千人を動員と、今や国内外で突出した人気に。

曲の良さやライブの実力、アイドル性はもちろん、防弾少年団の特徴は、デビュー時の学校シリーズから、青春シリーズ、現在は飛翔(=WINDS)シリーズと、思春期や若さゆえの葛藤を音楽に乗せた成長ストーリーとして見せていることだ。

特に最新曲「Blood Sweat & Tears」では初めてセクシーさを導入。ポイントはK-POPでは過激に走りがちなセクシーさが上品であること! エモーショナルなメロディに寄り添うように、切ない歌い方と表情で儚さを表現。それをイケメン7人が力強いダンスで魅せるのだからもうゾクゾクもの。

2月には韓国で『WINDS』続編のアルバム発売が予定され、大手CDショップの予約サーバーがダウンするなどすでに話題の的に。次の作品も、きっとゾクゾクさせてくれるに違いない。

ルックスも音楽性も多種多彩な総勢13人のグループ:SEVENTEEN

防弾少年団が日本デビューした2014年6月以降、WINNER、GOT7、EXO、iCONなど、本国での人気チームが続々と日本デビューし活躍しているが、ここではあえて、今年日本でブレイクしそうな新人をピックアップしよう。

まずは韓国でもトップクラスの人気を誇る新人SEVENTEEN(セブンティーン/通称セブチ)。2015年5月に韓国デビューした13人グループで、ボーカル、パフォーマンス、ヒップホップと各ユニットがあり、メンバーが曲作りや振り付けからヘアメイクも手がけ、セルフプロデュースを行う多種多才なグループ。

なんといっても、大人数で見せるミュージカルのようなパフォーマンスや、キャッチーでウキウキする音楽は、アイドル然としたキラキラ感が溢れている。また一瞬女子かと見まがうような美形のジョンハン、高身長が当たり前の韓国で164cmというちびっ子ウジのかわいさなど、ビジュアル面も多彩。日本デビューも年内と目されており、いろんな可能性を秘めたSEVENTEENを要チェック!

今春、日本でもメジャーデビューが決定したマッチョ系グループ:MONSTA X

SEVENTEENと同期で2015年5月に韓国デビューしたMONSTA X(モンスタ エックス/通称モンエク、モネク)は、先日1月20日の日本初ショーケースで、この春日本メジャーデビューすることを発表。

ヒップホップをベースとした7人組のダンスチームで、イメージ的には“体育会系の特進クラス”。リーダーのショヌやウォノを筆頭に、マッチョな体格でストイックに踊る様はこれぞK-POP。

またサバイバル番組「NO MERCY」から選ばれたせいか、全員がリーダー級のトークスキルの持ち主で、ステージではファンやスタッフにもアドリブで絡むセンスを見せる場面も。強烈なパフォーマンスからナチュラルトークまで、エンタメ感度の高い彼らのライブは必見。

ファンへの神対応が話題! 3月にいよいよ日本デビュー:UP10TION

こちらも2015年デビュー組で、人気を伸ばしている10人組チームのUP10TION(アップテンション/通称オプテ)。2015年9月に韓国デビュー、そこから1年も経たない昨年6月の日本初ショーケース開催をきっかけに、何度も来日イベントを重ねて着実にファンを増やし、今年3月にいよいよ日本デビュー。

なによりファンサービスが神対応というのが人気を支える魅力のひとつだが、メンバーが本心から行っているのを裏付ける話として、関係者によるとバックステージでも相当礼儀正しいチームなんだそう。エレクトロな音楽に乗せたシンクロ率の高いダンスは清々しく、メンバー全員の初々しさがたまらない。

SMエンタテインメントが手がける、2016年デビュー組の人気筆頭グループ:NCT127

2016年デビュー組のなで中気筆頭株といえば、NCT127(エヌシーティー・イルイーチル/通称イリチル)。東方神起をはじめとするSMエンタテインメントの末っ子グループで、EXOの弟分。同事務所の練習生SM Rookiesから誕生したNCTは、ハイセンスな楽曲のNCT Uや、10代限定のNCT DREAMが存在し、NCTという大所帯から様々なユニット活動を行う、AKBやEXILEに近いフレキシブルなシステムとなっている。

中でもソウルの経度127度から名づけられたNCT127は、ソウルを拠点に世界で活躍する意味をもち、自由度の高いダンスポップサウンドで、洗練されたルックスやパフォーマンスを見せ、すべてにおいてワンランク上。またSMエンタ初の日本人メンバーYUTAが、同グループで活躍しているのも注目ポイント。

TEXT BY 筧 真帆


utapass防弾少年団の楽曲が「うたパス」で聴き放題!
防弾少年団チャンネル】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人