超特急が “大切な人”と愛に溢れたクリスマスイブを過ごす!【ライブレポート】

超特急
BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land
2016年12月24日@国立代々木競技場第一体育館

クリスマスイブの夜、国立代々木競技場第一体育館で行われた『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』。昨年に続き、自身2度目となる、代々木でのクリスマス公演。10月にリリースされたばかりの最新アルバム『Dramatic Seven』を掲げた、本ライブのテーマはズバリ、愛!

TEXT BY フジジュン
PHOTOGRAPHY BY 米山三郎(SignaL)


161230-ys-151402

超満員の歓声に包まれてセンターステージに7人が登場すると、アルバム『Dramatic Seven』の1曲目でもある「Seventh Heaven」で、超特急と8号車(ファン)の聖なる夜が幕を開ける。

“愛愛愛愛 愛が動き出す”と、ハートを届ける振りつけを合わせて、1曲目から会場中の8号車への愛を惜しみなく届ける7人。

161230-ys-151408

161229-ys-022925

161229-ys-022926

さらに「盛り上がる準備はできてるの?」とユースケ(6号車、main dancer、元気担当)が煽り、「Kiss Me Baby」「Burn!」と人気曲を披露。序盤にも関わらず、クライマックスのような盛り上がりだ。

この日は魔法で動物にされてしまった設定で、動物をモチーフとした衣装を着用。カラフルな衣装が氷の国をイメージしたセットに映え、華やかである。

161230-ys-151403

161229-ys-022923

「超特急のこと愛してますか? 二次元のこと愛してますか?」とリョウガ(3号車、main dancer、ガリガリ担当)の問いかけで始まった曲は「超えてアバンチュール」。

161229-ys-022913

リョウガ(3号車、main dancer、ガリガリ担当)

アルバムの新曲はメンバーをイメージした曲が収録されており、リョウガをイメージしたこの曲では、リョウガがセンターを務め、6人を頼もしく引っ張っていく。

カイ(2号車、main dancer、神秘担当)をイメージした歌謡曲調の「LIBIDO」では、「早くリア充になりた~い」とカイが台詞パートで魅せ、コーイチ(1号車、back vocal、お父さん担当)をイメージした「ライオンライフ」では、コーイチがキュートな面をアピール。ラインダンスもかわいい!

161229-ys-022912

カイ(2号車、main dancer、神秘担当)

コーイチ(1号車、back vocal、お父さん担当)

コーイチ(1号車、back vocal、お父さん担当)

こういった新曲たちが加わることで、7人の個性や魅力が際立った今回のワンマン。ユーキ(5号車、main dancer、ドジっ子担当)をイメージしたダンス曲「Beasty Spider」ではユーキの高いダンススキルが光り、魅惑的なコーイチの歌声、クールなタカシ(7号車、back vocal、末っ子担当)のラップと超特急の新境地を見せる。

ユーキ(5号車、main dancer、ドジっ子担当)

ユーキ(5号車、main dancer、ドジっ子担当)

タカシ(7号車、back vocal、末っ子担当)

タカシ(7号車、back vocal、末っ子担当)

ライブ中盤では「White Out」「Snow break」とクリスマスならではの冬曲を披露し、少し大人な表情を覗かせる。かと思えば、魔王の手下であるバンパイアとのアクションが始まったり、様々な演出で8号車を楽しませる。

161230-ys-1514010

161229-ys-022902

さらに、8号車へのクリスマスプレゼント代わりに、「Yell」では“1曲限り撮影OK”という初の試みも実施。SNSなどへのアップもOKと説明すると、「この動画をジャスティン・ビーバーに送ればいいんだよ」とタクヤ(4号車、main dancer、筋肉担当)が笑う。

タクヤ(4号車、main dancer、筋肉担当)

タクヤ(4号車、main dancer、筋肉担当)

昨年の代々木公演のテーマソング「Fantasy Love Train~君の元まで繋がるRail~」では、昨年と現在の映像が並んでスクリーンジに映り、1年前と比べて明らかにたくましさを増している7人の成長に胸が熱くなったと同時に、この大きなステージにビビらないどころか、のびのびと楽しんでいる彼らにさらなる伸びしろを感じた。

161229-ys-022921

MCでは「8号車にクリスマスプレゼントをあげたかった」と、7人で約2万枚のクリスマスカードに手書きのメッセージを書いたことを語るユースケ。

さらに「心が折れた時、支えてくれたのがメンバーだった。僕もメンバーから受け取った愛を8号車のみんなに届けたい。8号車のみんな、愛してるよ」と涙目で語ると、ユースケをイメージした「Peace of Love」を愛を込めたパフォーマンスする。

6号車、main dancer、元気担当

ユースケ(6号車、main dancer、元気担当)

161230-ys-151409

それぞれが8号車への愛と感謝の気持ちを語り、「超特急のすべての想いと気持ちを届けます」と本編ラストの「Always you」へ。“ありがとう そばにいてくれたキミ”と、一人ひとりに話しかけるように歌うコーイチとタカシ、曲に込めた想いを全身で表現する5人。感謝の気持ちや未来の希望を歌うこの曲は、この日のワンマンをしっかり締めくくり、明るい未来を指し示していた。

161229-ys-022903

アンコールではトロッコに乗って客席を横断し、8号車と触れ合った7人。ステージに戻っての「バッタマン」はハイテンションの超特急と8号車が一緒に遊んでいるようで、本当の意味での一体感を味わった。その一体感をより確固たるものにしたのが、タクヤのリードで会場中が手拍子を合わせた「Clap Our Hands」。世界中に愛が溢れた聖なる夜、代々木第一体育館も超特急と8号車の愛で満ちていた。

161230-ys-151407

SETLIST

SE.Overtune
01.Seventh Heaven
02.Kiss Me Baby
03.Burn!
04.超えてアバンチュール
05.LIBIDO
06.One/O Signal
07.ライオンライフ
08.Beaty Spider
09.We Can Do It!
10.White out
11.Snow break
12.バッタマン
13.Yell
14.Fantasy Love Train~君の元まで繋がるRail~
15.Peace of LOVE
16.Always you
[ENCORE]
01.走れ!!!!超特急
02.Fanfare
03.バッタマン
04.Clap Our Hands


ライブ情報

Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」
04/29(土)北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
05/03(水・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/04(木・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/06(土)山口・周南市文化会館
05/07(日)広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
05/12(金)神奈川・よこすか芸術劇場
05/20(土)石川・本多の森ホール
05/21(日)富山・高周波文化ホール
05/27(土)静岡・静岡市民文化会館 大ホール
05/28(日)岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
06/03(土)和歌山・和歌山市民会館 大ホール
06/17(土)鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第二ホール
06/18(日)福岡・福岡サンパレス
06/24(土)千葉・松戸 森のホール21 大ホール
07/01(土)山形・酒田市民会館 希望ホール
07/02(日)宮城・東京エレクトロンホール宮城
07/15(土)香川・サンポートホール高松・大ホール
07/17(月・祝)愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
07/23(日)兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
08/08(火)東京・国際フォーラム ホールA
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人