欅坂46、デビューからの道のりを振り返りステージ上で号泣

2016年12月24・25日の2日間、欅坂46が初の単独公演を有明コロシアムにて開催した。数々のイベントに出演し、存在感を放ってきた彼女たちだが、ワンマンライブを行うのは今回が初めて。ファン待望のライブチケットは即時完売し、計3公演で27,000人のファンが集まった。

欅坂46は、2016年4月にシングル「サイレントマジョリティー」でメジャーデビュー。女性アーティストのデビュー作としては、オリコンウィークリーポイント歴代1位の記録を塗り替え、YouTubeでの再生回数は3,600万を突破している。8月にリリースした2ndシングル「世界には愛しかない」、11月リリースの3rdシングル「二人セゾン」と3作連続でオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。

そんな彼女たちの初ワンマンは、「大人は信じてくれない」の切れ味鋭い歌とダンスで幕を開けた。「サイレントマジョリティー」のミュージックビデオをイメージさせるステージや、ビジョンに映し出される映像など、アイドルの固定概念を覆すほどにクールで挑戦的、アーティスティックな演出の数々で観客を圧倒。

センター平手友梨奈が放った「有明コロシアム、かかってこい」のひと言で、会場の空気を一変させた。

それからも、突如スタンド席に登場し客席で歌う平手のソロ「渋谷からPARCOが消えた日」や、ゆいちゃんず(今泉佑唯・小林由依)が奏でるギター&ハーモニー、そして、けやき坂46(ひらがなけやき)も交えクリスマス衣装でクリスマスダンスパートを披露し、そのままの衣装でステージ全体を使用し魅せた「手を繋いで帰ろうか」など、息つく間もないスリリングなショーを展開。たった3枚のシングルリリースであることを思わせない充実のライブを見せた。

クライマックスでは「二人セゾン」「世界には愛しかない」とシングル表題曲を立て続けに披露。今泉・鈴本・平手が「私たちは負けない、私たちは支配されない、私たちは坂を上り続ける」と力強く宣言すると、デビュー曲「サイレントマジョリティー」でライブ本編を締めくくった。

最後に、デビューからの道のりを振り返り、これまでの不安や孤独を吐露し号泣するメンバーたち。「いつも笑顔をくださる皆さんに、恩返しができるように頑張ります」と決意を語り、このライブのためだけに用意した新曲「W-KEYAKIZAKAの詩」を、アンコールで初披露した。

欅坂46とけやき坂46の2組、計32人のフルメンバーで初めて歌うというこの楽曲では、即興でファンに振付を指導し、9,000人の会場が一体となって記念すべき夜を感動的に締めくくった。

なお、この模様はインターネットテレビ局AbemaTV内「AbemaSPECIAL2 チャンネル」にて生中継。162万人を超える視聴者数、コメントは12万超えで、AbemaTVの単独ライブ配信では過去最多記録を更新し全国に配信された。

アイドルの可能性をあらたなレベルに押し上げるこの歴史的ライブは、2017年2月にAbemaTVで再放送されることが決定している。


リリース情報

2016.11.30 ON SALE
SINGLE「二人セゾン」


欅坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.keyakizaka46.com/


161225-CI-215001

161225-CI-215002

161225-CI-215003

161225-CI-215004

161225-CI-215005

161225-CI-215006

161225-CI-215007

161225-CI-215008

161225-CI-215009

161225-CI-2150010

161225-CI-215012

161225-CI-215013

161225-CI-215014

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人